*

『脳トレ』ゲームで脳を積極的に使おう!音読や計算が認知症や軽度認知障害の予防に!

公開日: : 美容、健康、その他

近年、『脳トレ』という言葉を耳にする機会が増えましたが、
何のことかご存知でしょうか?

脳トレとは、脳のトレーニングのことですが、
その必要性が高まったことを意味しています。


高齢社会で世界の先頭を走る日本では、
「認知症」が大きな社会問題となっており、
これにどのように対応することができるかが国としての重要な課題です。


厚生労働省の調査で、
65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は、
2012年で約462万人、
認知症の前段階である「軽度認知障害(MCI)」の高齢者も約400万人いると推計され、
65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍となる計算です。

さらに、2025年の認知症患者の推計では、現状の約1.5倍となる700万人を超え、
これにMCI患者数を加えると約1,300万人となり、
65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍とされています。


認知症とは、
「正常に発達した知能が脳の後天的な障害によって正常なレベル以下に低下した状態」
というのが定義です。

以前は「痴呆症」といわれていた病気で、簡単にいうと、
いろいろな原因で脳細胞が死んで働きが悪くなり、
理解力や記憶力の低下などさまざまな障害が起こり、
生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。


人間は、生物学的には20歳を過ぎると老化の一途といわれますが、
脳の機能も、青年期(およそ13~19歳)を過ぎると加齢とともに低下するのが一般的です。

これはごく普通の生活をしていても体力や筋力が年々低下するのと同じです。

そして、体力や筋力は、
毎日の運動習慣で低下を防いだり、向上させることができますが、

脳についても、
これと同じように鍛えることが可能であるということがわかってきました。


つまり、毎日積極的に脳を使うことを習慣づけ、脳の機能低下を防ぐことで、
理解力や記憶力の低下などの症状が改善される可能性があるわけです。


では、どんなトレーニング方法があるのかというと、
声を出して文章を読む「音読」や、
ごく簡単な「計算」が脳に効果的であることが、
MRIなどの機器を用いた脳科学の研究で明らかになりました。

その効果については、
簡単な計算と音読の前後を比較したところ、
記憶力が20~30%もアップする可能性があることがわかりました。


しかし、いくら脳のトレーニング効果があるとはいえ、
音読や簡単な計算を行うことに抵抗感を持つ人がいるのも確かです。

「いい大人がそんなことを・・・」という思いがあるのも理解できます。


そこで最近は、
スマートフォンやタブレット、パソコンで気軽にできる
「脳トレ」ゲームの人気が高まっています。


この脳トレゲームについては、
脳・神経科学の研究成果に基づくものから、
単にゲーム性の高いものまでさまざまなアプリが提供されています。


最大の特徴は、
簡単な計算や暗記などのゲームを1日5~10分程度で手軽に使えるという点と、
楽しみながら脳トレできるという点です。

いずれにしても、
普段あまり使わない脳の領域を使って、脳全体を活性化
すればよいのです。


以下に、脳トレ系アプリをいくつか紹介します。

【米・Lumosity「ルモシティ」】
・神経科学者たちの研究成果に基づいて開発された脳トレプログラム。
・スマホ、タブレット用(無料版、有料版月額1200~1500円)
・パソコン用(無料版、有料版月額1500円)
・無料版は、1日3種類のゲームをプレーできる。
・有料版は、1日5種類のゲームをプレーでき、パフォーマンス分析、トレーニング履歴、脳領域モニターもできる。


【独・BBG Entertainment「アインシュタインの脳トレ」】
・30個のゲーム理論、記憶、計算、視覚を鍛えるアプリ。
・ランダムにゲームが選択される「毎日のテスト」(1回10分程度)を行うだけで、脳のトレーニングが可能。
・価格(無料版、有料版500~540円)


【トランスリミット「対戦型脳トレBrain Wars」】
・世界中のユーザーとの対戦ゲーム。
・スコアを競い合う、よりゲーム性を重視したアプリ。
・無料


【QQ TSUBASA「みんなの脳トレ」】
・観察力、記憶力、判断力、直感力、計算力、反応力のテストを行うアプリ。
・総合テストでは、最後に成績と脳年齢(目安)が表示される。
・無料


脳トレはいつから始めればいいのか、いつやればいいのかについては、
物忘れが多くなった、人の名前が出にくくなったなど、
脳機能が衰えはじめているといわれるこれらの信号が目安になります。

また、トレーニングを行う時間は、
1日のうちで脳が最も活発に働く午前中が最適です。


そして、なにより脳トレは継続することが大切です。

簡単な計算や音読を基本とした脳に最適なトレーニングを、
ゲームを通して毎日楽しく続けられると、
自分でも気づかないうちに脳が鍛えられて、
快適な生活を送れるのではないでしょうか。


認知症に効果のある物質「プラズマローゲン」についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/850.html

規則正しい生活と脳機能の関係についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/324.html

あなたの「老化度」チェックについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/153.html

「抗糖化」アンチエイジングについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/209.html

スポンサーリンク

関連記事

肥満は伝染する? 同調圧力とは? これからの仲間づくりと関連が?チームアプローチとは?

『肥満は伝染する!』 ということを聞いたことがありますか? 実は、米国の研究者の調査で、

記事を読む

日本肥満症予防協会が2015年1月に設立!40~60歳の日本人男性では30%が肥満!

世界中で増え続けている肥満や体重過多 が大きな社会問題となっていますが、 食生活が欧米化している

記事を読む

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障害』があることは知られています

記事を読む

運動効果、認知機能改善、食事、肥満など高齢社会の間違った知識を変え、新たな情報を取り入れ、常識を更新しつづけよう!

寿命が延び、高齢化という社会現象を向かえた今、 いかにして『健康寿命』を延ばすか というのが誰も

記事を読む

脳トレだけじゃない!認知症や軽度認知機能障害の予防にはアートな余暇活動が効果的!年をとってからのパソコンにもチャレンジしよう!

高齢社会の日本において、 「認知症」が大きな社会問題 であることは国民の誰もが知るところです。

記事を読む

近年注目のコーヒーの健康への影響は?有名大学の研究結果は信頼できる?

近年、コーヒーの健康への影響について、 さまざまな記事を目にすることが多くなりましたが、 実際の

記事を読む

世界で大注目の『SDGs』!達成するために必要なことは?世界を動かすためには?

今、世界中で大注目されている『SDGs』をご存知でしょうか? SDGsとは、Sustainab

記事を読む

若年層の肥満で余命が8年、健康寿命が19年短縮!生涯リスクを捉え直そう

『肥満』になると、 心臓病や糖尿病になるリスクが大きくなるというのは、今や一般的に認識されています

記事を読む

スポーツで職場で学校でメンタルの強い人になる!習慣を変えるだけで人生が楽しく輝きはじめる!

近年、スポーツ分野だけでなく職場や学校などにおいても、 『メンタル』の強さ について耳にする機会

記事を読む

肥満の仕組みや中性脂肪の役割を理解して動脈硬化性疾患を予防!食事療法や運動療法のポイントは?最新の肥満治療薬やさまざまなダイエット方法、動脈硬化を防ぐ意外な食べ物とは?

最近、肥満についての見解の1つに、 「肥満でも健康なら良い」 という考えが広まる傾向にありました

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑