*

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

公開日: : 最終更新日:2015/05/20 クルマ、趣味など

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。

個人的にも、燃費がよく、小回りが利いて扱いやすく、
価格も手頃で、次の1台として考えています。


先日、BS朝日の番組「カーグラフィック」でも、
コンパクトSUVの乗り比べテストのコーナーがありました。

試乗車は、
マツダ・CX-3
CX-3



ホンダ・ヴェゼル
ヴェゼル



ルノー・キャプチャー
キャプチャー

の3台でした。


結果は、僅差とは言っていましたが、
1位:ルノー・キャプチャー
2位:マツダ・CX-3
3位:ホンダ・ヴェゼル

でした。


特に、ルノー・キャプチャーは、
フランス車らしく足回りがしなやかで、乗り心地がよいという評判でした。


私としては、この3台に加えてほしい1台があります。

「プジョー・2008」です。
プジョー2008

理由は、コンパクトSUVという同じジャンルであることはさることながら、
カタログをめくった1ページ目に書いてある、
『さぁ、フリースタイルの人生を。』
というフレーズとその景色がとても気に入り、
気がかりな1台になったからです。


ところで、実際のところ、各車の乗り心地はどうなんだろう?
と気になり、自動車評論家のコメントを参考にしつつ、
とりあえず自分自身で確かめてみることにしました。


まず最初に試乗したのは、マツダ・CX-3

ディーゼルエンジンのみの設定ですが、ディーゼルっぽいガラガラ音は皆無です。

日本車では群を抜いたカッコイイ外装デザインに加え、
試乗車はトップグレードの「Lパッケージ」ということもあり、
本革シートなど室内の質感は高く、デザインも洗練された印象でした。

サスペンションはやや硬めの乗り心地ですが、決して嫌な硬さではありませんでした。

しかし、後部座席の足元は狭くて、
特に運転席の後ろの座席は長時間はキツイと思います。

また、後部座席の後方へのスライド機能もないので、
走りの良いドライバーズカーといった感じでした。

ボディカラーは、
一番人気の「セラミックメタリック」という白に近いシルバーでしたが、
陶器をイメージした色というだけあって、のっぺりした深みのない色合いは期待はずれでした。



次に試乗したのが、プジョー・2008

車体のエンブレムをよく見ると、
「2008」ではなく、実は「2∞8」となっていて、
やはりこれには「無限の可能性を秘めたクルマ」
という意味が込められているとのことでした。

それに、やはりフランス車。

内装・外装ともにデザインがいちいちオシャレなんです。

日本車にはない独特の雰囲気を持っています。
後部座席は、マツダ・CX-3と比べると広くて、運転席の後ろの席もあまり窮屈さは感じませんでした。

乗り心地は、マツダ・CX-3のような硬さはなく、
フランス車らしい「しなやかさ」がありました。

エンジンは1.2ℓの小排気量ですが、特にパワー不足も感じませんでした。

しかし、「オートマチックモード付5速ETG」というトランスミッションは、
シフトショックが大きくあまり好感が持てませんでした。


とりあえず、今回は候補の4台中2台に試乗しましたが、
それぞれの特徴を感じることができた一方で、
そのボディサイズから2台とも扱いやすいという共通点も感じました。


次回、残りの2台(ルノー・キャプチャー、ホンダ・ヴェゼル)の試乗が楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

小型SUVルノー・キャプチャーはどんなクルマ?価格は?乗り心地は?メンテ費用は?

最近、小型SUV市場が人気となっていますが、 例にもれず私も次の1台に考えていて、 先日から、競

記事を読む

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e

記事を読む

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、 次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。 こ

記事を読む

海外ドラマ『刑事ジョー』に出てくるクルマも楽しみ!

9月17日(水)23:00~、海外ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』の第2話があります。 今

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑