*

無動力の歩行支援機『アクシブ』!ロボットスーツと比べて実用性あり?その価格は?

公開日: : 美容、健康、その他

噂の『アクシブ』を体験してきました!

アクシブとは、
名古屋工業大学の佐野明人教授と今仙技術研究所が共同で開発した
『無動力の歩行支援機』です。

アクシブ2

最近、注目の歩行支援機器といえば、
「ロボットスーツ」が有名ですが、
これだと高性能で動力を必要とする分サポート力も強力ですが、
装着に30分程度かかります。

ロボットスーツ

もちろんかなり高額で、個人ではもちろんのこと、
小規模のクリニックや施設などで購入するのも厳しいでしょう。

つまり、現実的に日常使いできるものではありません。


それに対して、アクシブは、
モーターやバッテリーを一切使わず、
「受動歩行」という理論に基づき、
バネと脚の振り子の動きが作用して、
脚の振り出しをアシストするというスグレモノ。

以前、「夢の扉」というテレビ番組で紹介されました。


アクシブの特徴をまとめると、

・シンプルな構造で、本体重量も約550gと軽量。

・モーターがないので、歩行中も静か。

・バッテリーがないので充電不要。

・腰と脚にベルトを2本締めるだけの簡単装着。

・フリーサイズで、3種類のカーボンチューブから選択し脚の長さに合わせるだけ。
腰ベルトは胴囲110cmまで対応可能。

・脚の振り出しのアシスト力は、3段階に調整可能。

・ただし、膝や足首を支える機能はなく、立ち上がりや体重を支える力もないので、
起立や歩行ができない人ができるようになるものではない。
などがあります。


実際にアクシブを装着した感想は、
確かに軽量なのでほとんど機器の重さは感じませんでした。

それに、あまりかさばらないので椅子に腰掛けて装着することができます。

ただし、私は健常者なので、
明確なアシスト力を感じるには、3段階のうち最強レベルの3が必要でした。

もちろん、実際に脚の機能(筋力や持久力)が低下している方は、
感じ方が異なると思います。


そして一般的には、
一方のベルトは膝下に装着するようですが、
これだと前方への脚の振り出しやすさはありますが、
脚全体を持ち上げるような感じはありません。

そこで、ベルトを膝上(太ももの末端部)に装着してみると、
前方への脚の振り出しやすさに加え、脚全体を持ち上げるような機能があり、
より歩きやすくなりました。


装着したときの見た目が気になる方もいるようですが、
アクシブ本体は黒色なので、黒っぽいズボンを履くと目立ちません。


気になる価格は、18万円(税別)で、
頑張れば個人でも購入できる価格です。


現在、右脚用と左脚用がありますが、近いうちに両脚用が出るようです。

両脚用が出たら、また体験したいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

1日1個のアボカドで悪玉コレステロールを減らし動脈硬化や心筋梗塞を予防

最近、『アボカド』が注目されていますね。 日本人は、サラダやサンドイッチ、ハンバーガー、巻寿司

記事を読む

座っている時間が長いと体に悪い?がん、糖尿病、心臓病のリスクが高い?デスクワークが多い人の対策は?

やはり、「座っている時間が長いと体に良くない?」というのは、 どうやら本当のようですね。 以

記事を読む

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障害』があることは知られています

記事を読む

ノルディックウォーキングと普通のウォーキングとの違いは?有酸素運動、筋力アップ、ダイエット効果が気軽にできる!

少しずつ暖かさを感じる季節になり、屋外での活動が心地よくなってきました。 これまでの寒い時期に

記事を読む

薄毛、抜け毛対策は?食事は?運動は?睡眠は?「髪と頭皮」の関係は「植物と土」の関係?

年々増加している薄毛や抜け毛などの髪の悩みは、 中高年の男性に限らず、今や若い世代や女性にまで広が

記事を読む

『健康社会宣言2015関西』の 内容は? 少子高齢化の日本における医療や介護の課題や対策は?

世界に類を見ない速さで少子高齢化が進む日本は、 ・医療の地域格差 ・少子化対策 ・介護問題

記事を読む

no image

潜在意識を書き換えて幸せな人生を自分で築く!その取り組みは?

私は現在「あること」にチャレンジしています。 それは、 『潜在意識を書き換える』 ことです

記事を読む

ウイルスの脅威と恩恵 バクテリオファージやタバコモザイク

2014年が終わろうとしていますが、今年もまたさまざまなウイルス感染のニュースがありました。

記事を読む

no image

女性が注目!今年のパンは『ブラン』ブーム!?

最近、『ブラン』を素材に使ったパンが、ダイエットをしたいと考えている女性たちから注目されているようで

記事を読む

ブルーライトによる思春期慢性連日性頭痛など入院も 治療は? 

近年、成人だけでなく小児領域においても、 ・片頭痛・緊張型頭痛 ・起立性調節障害 ・睡眠障害

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑