*

無動力の歩行支援機『アクシブ』!ロボットスーツと比べて実用性あり?その価格は?

公開日: : 美容、健康、その他

噂の『アクシブ』を体験してきました!

アクシブとは、
名古屋工業大学の佐野明人教授と今仙技術研究所が共同で開発した
『無動力の歩行支援機』です。

アクシブ2

最近、注目の歩行支援機器といえば、
「ロボットスーツ」が有名ですが、
これだと高性能で動力を必要とする分サポート力も強力ですが、
装着に30分程度かかります。

ロボットスーツ

もちろんかなり高額で、個人ではもちろんのこと、
小規模のクリニックや施設などで購入するのも厳しいでしょう。

つまり、現実的に日常使いできるものではありません。


それに対して、アクシブは、
モーターやバッテリーを一切使わず、
「受動歩行」という理論に基づき、
バネと脚の振り子の動きが作用して、
脚の振り出しをアシストするというスグレモノ。

以前、「夢の扉」というテレビ番組で紹介されました。


アクシブの特徴をまとめると、

・シンプルな構造で、本体重量も約550gと軽量。

・モーターがないので、歩行中も静か。

・バッテリーがないので充電不要。

・腰と脚にベルトを2本締めるだけの簡単装着。

・フリーサイズで、3種類のカーボンチューブから選択し脚の長さに合わせるだけ。
腰ベルトは胴囲110cmまで対応可能。

・脚の振り出しのアシスト力は、3段階に調整可能。

・ただし、膝や足首を支える機能はなく、立ち上がりや体重を支える力もないので、
起立や歩行ができない人ができるようになるものではない。
などがあります。


実際にアクシブを装着した感想は、
確かに軽量なのでほとんど機器の重さは感じませんでした。

それに、あまりかさばらないので椅子に腰掛けて装着することができます。

ただし、私は健常者なので、
明確なアシスト力を感じるには、3段階のうち最強レベルの3が必要でした。

もちろん、実際に脚の機能(筋力や持久力)が低下している方は、
感じ方が異なると思います。


そして一般的には、
一方のベルトは膝下に装着するようですが、
これだと前方への脚の振り出しやすさはありますが、
脚全体を持ち上げるような感じはありません。

そこで、ベルトを膝上(太ももの末端部)に装着してみると、
前方への脚の振り出しやすさに加え、脚全体を持ち上げるような機能があり、
より歩きやすくなりました。


装着したときの見た目が気になる方もいるようですが、
アクシブ本体は黒色なので、黒っぽいズボンを履くと目立ちません。


気になる価格は、18万円(税別)で、
頑張れば個人でも購入できる価格です。


現在、右脚用と左脚用がありますが、近いうちに両脚用が出るようです。

両脚用が出たら、また体験したいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

日本のがん生存率は胃がんや肺がんで高く白血病で低い

日本のがん生存率の高さが明らかになりました! これは、1995年~2009年の世界67カ国のが

記事を読む

OECDも『心の病』うつ病による経済損失に注目!発症予防が遅れる理由は?

世の中にはさまざまな病気や疾患がありますが、現在もっとも重要視されているのが、 『心の病』

記事を読む

男性更年期障害LOH症候群の原因は加齢やディレーラー・ストレス?症状や治療法は?

男性の更年期障害『LOH症候群』(加齢男性性腺機能低下症候群) というものをご存じでしょうか?

記事を読む

肥満の仕組みや中性脂肪の役割を理解して動脈硬化性疾患を予防!食事療法や運動療法のポイントは?最新の肥満治療薬やさまざまなダイエット方法、動脈硬化を防ぐ意外な食べ物とは?

最近、肥満についての見解の1つに、 「肥満でも健康なら良い」 という考えが広まる傾向にありました

記事を読む

高齢者の腰痛では早期にレントゲンやCT、MRIなどの画像検査を行っても役に立たない?

前回、日本と米国の医療費の違いから、医療の在り方や捉え方などについて少し書きました。 一般

記事を読む

地中海食でテロメアを長くして健康増進や長寿も

近年、『地中海食』が注目されていますね。 理由は、地中海沿岸諸国では、イギリスやドイツ、北欧な

記事を読む

減塩と食物繊維を意識した健康な食事マーク付きの日本食がブームに

世界的に肥満や体重過多の人の数が増加していますが、ヘルシーな日本食を食べている私たち日本人であっても

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームはどんな人がなりやすいか?

『ナイスガイシンドローム』という言葉をご存知でしょうか? 心理療法医のロバート・A・グラバー氏

記事を読む

no image

潜在意識を書き換えて幸せな人生を自分で築く!その取り組みは?

私は現在「あること」にチャレンジしています。 それは、 『潜在意識を書き換える』 ことです

記事を読む

2015年春 花粉飛散予測 東日本は大量飛散?対策は?最新治療も

春は『花粉症』の人にはキツイ季節ですよね。 花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因で起こるア

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑