*

小型SUVルノー・キャプチャーはどんなクルマ?価格は?乗り心地は?メンテ費用は?

公開日: : クルマ、趣味など

最近、小型SUV市場が人気となっていますが、
例にもれず私も次の1台に考えていて、
先日から、競合車であるマツダ・CX-3とプジョー2008に試乗しています。


そして昨日、ルノー・キャプチャーに試乗しました。

キャプチャー2
試乗車はイメージカラーのオレンジ×黒のツートン


訪れたルノー正規代理店のリニューアルオープンということもあり、
これまでにない力の入れようで、日産からも多くのスタッフが応援に来ていました。

これまでのルノーは、スタッフ1~2名体制でいつも活気がなく、
無人のショールームで客が1人展示車を眺めて帰るといった状況もしばしばでした。

昨日はそれとは真逆の状況だったので、スタッフの1人に尋ねてみると、
今後はルノー車の販売を積極的に行うため、
日産のショールームでもルノー車の展示をしていく計画があるとのことでした。


ところで、キャプチャーの乗り心地はというと、
1.2ℓの小排気量+ターボという最近の主流となっているエンジンは、
上り坂でも特に不満はありませんでした。

デュアルクラッチのオートマチックも、
プジョー2008のようなシフトショックもなくとてもスムーズで、
予想よりやや硬めに感じたサスペンションも違和感はなく、
むしろ心地よいものでした。

しかも後部座席は約16cmも後方にスライドすることができ、
スライド機能のないマツダ・CX-3と違い、
運転席の後ろの座席も特に圧迫感はなく、普通に乗車できました。


その他、キャプチャーの特徴としては、
いかにもフランス車らしいオシャレな内外装デザインが一際人目を惹きます。

特に、白と黒のツートンカラーの外装が一番人気のようです。
キャプチャー


それに、スタッフいわく、
最近のルノー車には日産の技術や部品などが導入されるようになり、
格段に故障や不具合がなくなったらしく、
ユーザーとしては安心感があります。

もともと、ルノー車のメンテナンス費用は、
他の輸入車と比べても安く、
国産車に若干上乗せされた程度です。



しかし、マイナス点を挙げるとすると、
ガソリンはハイオク仕様で、
燃費も同等クラスの国産車よりも悪い、
などがあります。

それになんといっても、
約270万円の車両本体価格に、
純正ナビや諸経費などを加えると合計金額は約320万円になり、
コンパクトSUVとしてはやはり高めの設定です。

トヨタ・ハリアーのガソリン車と比較しても、
かなり近い価格(車両価格で10万円程度の差)になることを考えると、
躊躇してしまう人がいるのではないでしょうか・・・。
ハリアー


現在、ルノーでは、
『特別低金利0.1%(上限250万円まで)』or『オプション10万円プレゼント』
というお得なキャンペーン中なので、検討の余地ありかもしれませんが・・・。


しかし、最近はどこも値引きは少なく、
キャプチャーも5万円程度のようですので、
あとは下取り車で頑張ってもらうしかなさそうです。


次回は、ホンダ・ヴェゼルに試乗予定です。


前回試乗済みのマツダ・CX-3とプジョー2008の評価についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1024.html

スポンサーリンク

関連記事

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光

記事を読む

レクサスRCは欧州車を超える国産スポーツクーペとなるか?

レクサスが、新型スポーツクーペ「RC」を発売しました! レクサスRCについて詳しくはこちら↓↓

記事を読む

平均寿命や健康寿命は延伸!高齢者の身体機能・認知機能も向上!でもクルマの運転能力には足りない!

最近、頻発している高齢ドライバーによる悲惨な交通事故。 人間の命の大切さには年齢は関係ありませ

記事を読む

no image

スウェーデンの名門サーブが破産!今後の提携先は?

スウェーデンの名門自動車メーカーであるサーブ(SAAB)が破産したというショッキングなニュース。

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残

記事を読む

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑