*

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

公開日: : クルマ、趣味など

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、
次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。


これまで試乗したクルマは、
マツダ・CX-3、
プジョー2008、
ルノー・キャプチャー
の3台です。


そして今日、ホンダ・ヴェゼルに試乗しました。

ヴェゼル外観

ヴェゼル後方

試乗車はヴェゼル・ハイブリッドの最上級グレード。

ハイブリッド車内
ハイブリッド車内


ガソリン車内
ガソリン車内


1.5ℓのエンジンは、燃費の良い「エコモード」だとプリウスと同様に、
アクセルを踏み込んでもレスポンスが若干遅れる感じがありました。

これを「ノーマルモード」に切り替えると、
明らかにレスポンスが良くなり軽快な走りに変わります。

今回は使いませんでしたが、「スポーツモード」もあるので
更なる軽快な走りが味わえるのではないでしょうか。


ボディの大きさは3ナンバーサイズというだけあって、
後部座席はこれまで試乗した3台と比べると最も広いように感じました。

ただし、クーペのような流麗なボディ形状から、
乗降の際に頭をぶつけそうな感じがありました。


荷室については、十分な広さが確保されていて不満はありません。


乗り心地は、予想よりも硬めのサスペンションで、
路面の細かな凹凸を拾う感じがあり、決して心地よいものではありませんでした。

そのことを同乗したスタッフの方に言ってみると、
今年になってすでにマイナーチェンジをしたので、
これから購入するヴェゼルの乗り心地は改善されているということでした。

つまり、試乗車はマイナーチェンジ前のモデルだったわけです。


マイナーチェンジによるその他の変更部分は、
ガラスのUVカット率の向上、ボディカラーの追加などがありますが、
外見はほとんど変更なし。


ボディカラーについては、全9色中7色が35,000円高のパールカラーというのは・・・・・。


今回は、ハイブリッドではなく
ガソリンエンジンの最上級グレードSで見積もりをしてもらいましたが、
車両本体価格に純正ナビや諸経費などを加えると
合計金額は約280万円(ハイブリッド最上級モデルは約310万円)で、
マツダ・CX-3とほぼ同額になりました。


ただし、CX-3は「ディーゼル補助金」が10万円程度あり、
燃費もわずかながらCX-3の方が良く(ヴェゼルのガソリン車より)、
ディーゼル車の燃料である軽油も安いことなどを考慮すると、
ヴェゼルの値引きや下取り価格の上乗せでどこまで頑張ってくれるかに期待したいものです。


今回、国産車2台、輸入車2台の計4台のコンパクトSUVの試乗を終えました。

価格(諸経費込み)では、
国産車2台は約280万円、
輸入車2台は約320万円でした。


カタログ上の燃費は、
国産車2台は約20~23km/ℓ、
輸入車2台は約16~18km/ℓですが、
国産車は約7掛け、輸入車はカタログ値に近いことを考えると、
あまり差はないように思います。


乗り心地では、ヴェゼルがマイナーチェンジで改善していると仮定すると、
1)ルノー・チャプター
2)マツダ・CX-3
3)ホンダ・ヴェゼル
4)プジョー2008
の順になります。

やはり、プジョー2008のギヤチェンジのシフトショックの大きさが印象に残ります。


後部座席の空間については、
マツダ・CX-3だけはやや窮屈さがありました。


外観デザインについては、個人の好みによるところが大きいですが、
オシャレなフランス車2台に対して、国産車2台も決して引けを取っておらず、
デザイン性の高さを感じました。



最終的にどの1台を選ぶかということになると・・・・・、

やはり燃料代や車検・整備費用などランニングコストを考え、
『マツダ・CX-3』
を選択することになると思います。

cx-3-soul-red

みなさんはいかがでしょうか?


コンパクトSUV CX-3、ヴェゼル、キャプチャーのCGでの評価についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1024.html

ルノー・キャプチャーはどんなクルマ?価格、乗り心地、メンテ費用についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1048.html

スポンサーリンク

関連記事

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

使い勝手のよい小型SUV対決マツダCX-3vsホンダヴェゼル

今もっとも注目しているクルマがあります。 『マツダCX-3』 です。 クリ

記事を読む

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残

記事を読む

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。 1月12日に開

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑