*

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

公開日: : クルマ、趣味など

最近の自動車市場は、
日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、
とてもよく売れています。


SUVとは、
『Sport Utility Vehicle』
の略で、「スポーツ用多目的車」と訳すことができます。

つまり、「スマートでカッコよく、使い勝手がよいクルマ」だといえます。


ちなみに、メリット・デメリットを挙げてみると、

【メリット】
・車高が高いために乗車したときの目線が高くなり、気持ちよく運転できる

・シートの座面がほどよい高さで乗り降りがしやすい

・荷物がたくさん積める

・悪路にも強く、段差や車輪止めなどに車体を擦る危険が少ない


【デメリット】
・車高が高く、旧型の立体駐車場に入らない

・車高が高くなった分、死角が増える

・価格や維持費がやや高め(タイヤも大きいので価格が高い)

などがありますが、これらを相殺しても、
やはりSUVのメリットが大きいと捉える人が多いということでしょう。


では、どんなSUVを選ぶか?ということになりますが、

日本の道路事情や燃費などの環境性能を考えると、
大きなクルマにゆったりと乗りたいと思う反面、
小回りが利いて、取り回しのよい大きすぎないSUVが適当だと思います。

そして、一度は手の届く範囲で高級車にも乗ってみたいと思ったりもします。


そこで候補に挙がったクルマが、
ほどよい大きさの高級SUV『レクサスNX』

NX

これなら値段が高くても満足度もかなり高いはずなので、
大事に長く乗れそうな気がします。


ところが、なんとも悩ましいクルマが矢継ぎ早に出てきました。

マツダ『ロードスター』
『CX-3』の2台。


『CX-3』は、
好調マツダを牽引するクリーンディーゼルを搭載した、
走りも楽しめるオシャレな小型SUV。
cx-3-soul-red


『ロードスター』は、
「人馬一体」の走りを体現できる、
言わずと知れたスポーツタイプのオープンカーで、
クルマ好きなら一度は乗ってみたいと思うもの。
ロードスター4代目


ではなぜ、悩ましいかというと、
レクサス1台の価格が、マツダ2台の価格に匹敵するからなんです。


車両本体価格をみると、
『レクサスNX』は、
200t(2000cc)のトップグレード「バージョンL」と、
ハイブリッドの300h(2500cc)のベースグレードが
どちらも約500万円


マツダ『ロードスター』は、
マニュアル設定のベースグレード「1.5S」が
約250万円


マツダ『CX-3』は、
ベースグレード「1.5XD」が
約240万円


車両本体価格で比較すると、
『レクサスNX』1台と、マツダ『ロードスター』+マツダ『CX-3』の2台が
ほぼ同額の500万円になります。


その他、自動車税、任意保険、車検・整備費用などのランニングコストを考慮すると、
当然2台持ちのほうが高くはなりますが、
国産高級路線をひた走るレクサスの車検・整備費用などはマツダよりも割高ですし、
値引きゼロのレクサスに対して、
2台同時購入のマツダなら通常よりも値引きを頑張ってくれるはず。


となると、そこまで大きな差とはいえなくなります。


あとは駐車スペースさえ確保できるのであれば、
これはクルマ好きのみなさんにとっては、
『究極の選択』になるのかもしれません・・・・・。

スポンサーリンク

関連記事

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

アルファロメオ渾身の1台4C!手が届くと思えないが最高のクルマ

アルファロメオ渾身の1台とされるミドシップ2シータースポーツカーの 『アルファロメオ 4C』。

記事を読む

レクサスRCは欧州車を超える国産スポーツクーペとなるか?

レクサスが、新型スポーツクーペ「RC」を発売しました! レクサスRCについて詳しくはこちら↓↓

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

海外ドラマ『刑事ジョー』に出てくるクルマも楽しみ!

9月17日(水)23:00~、海外ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』の第2話があります。 今

記事を読む

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

本場イタリアのミッレミリアの日本版『ラ・フェスタ・ミッレミリア 2015 』芸能人も参戦!ショパールから2015年モデルも登場!

『ミッレミリア』 クルマ好きなら一度は出場してみたいと思う、 世界一美しいと称されるクラシッ

記事を読む

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑