*

シワ取りやワキガ、脳卒中の後遺症にも行われるボツリヌス菌治療の最新治療法は?心房細動に効果!

公開日: : 最終更新日:2015/07/01 美容、健康、その他

みなさんは
『ボツリヌス菌』
というものをご存知ですか?

ボツリヌス菌

「地球最強の毒素」を産生するといわれるボツリヌス菌は、
食中毒の原因として知られていますが、一方では、
その強い神経毒性作用を逆手にとって有効活用することも増えてきました。


近年では、
美容整形分野の「しわ取り」やワキガ、多汗症など、
その他、脳卒中の後遺症などで手足の筋肉が痙攣(けいれん)するような症状
に対する「治療薬」として普及しつつあります。


米国の世界的アーティストのマドンナが、
顔面のしわをとるためにボツリヌス毒素(ボトックス)
を使っていることは有名な話ですね。

顔面の表情を作る筋肉の動きを弱めることで、
シワが浅くなり溝が目立たなくなります。

ボトックス比較
(上がボトックス注射前、下が注射後)



そして現在、もっとスゴイことが研究されています。


米・ロチェスター大学が発表した内容は、あまりに大胆で驚くべきものでした。

このボツリヌス毒素を心臓に注射して、
心臓手術後の一般的な合併症として知られる
「心房細動」
の予防に応用しようというのです。


心房細動とは、
加齢とともに増加し、高齢者に多く見られる不整脈です。

心臓の心房内(主に左心房)で不規則な電気信号が発生し、
心房全体が小刻みに震え、
心房の正しい収縮と拡張ができなくなり、
心室に十分血液が満たされないため心臓の機能が低下し、
心臓から出る血液量も約20%減少します。

そのため息切れやめまい、胸苦しさなどの症状を起こしやすくなり、
これが続くと心不全になる可能性もあります。

当然、これらの症状は早期発見し、早期治療することが大切です。


その最新の治療法というのが
「ボトックス」
ということになりそうです。


その有効性としては、
・手術後30日以内の心房細動の発症が減少
・手術後30日~1年の心房細動の再発率が減少
・1年間の心電図記録時間に占める心房細動の発生時間の割合が減少
ということが確認されました。



そもそもボツリヌス菌は、
土壌や海、川などの泥砂中に分布している菌ですが、
ある特徴があります。


それは、一定の発育条件
・酸素がなく、
・水分、栄養分や温度が菌の発育に適した状態、
・温度3.3℃、pH4.6 以上
がそろうと、
猛毒の 『ボツリヌス毒素(神経毒)』
を産生するというものです。


日本では以前、からし蓮根の真空パックで
ボツリヌス菌による食中毒事件(死者数名)がありました。

これは、からし蓮根自体が原因ではなく、
真空パック内にボツリヌス毒素が産生される環境が整ったことが原因でした。


その事件以来、私たちの中では、
「ボツリヌス菌=致死性の猛毒」
という印象がありましたが、
視点を変えることで、
今やさまざまな症状に対する治療として活用されています。


このように、ものごとを一方向からだけ見るのではなく、
他方向から違う角度で見ると、
さまざまな分野でマイナスに捉えられていたものが
プラスに転じることも多いような気がします。


ウイルスの脅威と恩恵についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/539.html

歯科診療で行う口周りのシワ取りについてはコチラ↓↓↓
http://tt-challengemind.blog.so-net.ne.jp/2014-08-18

スポンサーリンク

関連記事

no image

ナイスガイシンドロームを克服するには自分と向き合うことから

前回、日本ではあまり聞き慣れない『ナイスガイシンドローム』についてご紹介しました。 これが長く

記事を読む

ノルディックウォーキングと普通のウォーキングとの違いは?有酸素運動、筋力アップ、ダイエット効果が気軽にできる!

少しずつ暖かさを感じる季節になり、屋外での活動が心地よくなってきました。 これまでの寒い時期に

記事を読む

no image

女性が注目!今年のパンは『ブラン』ブーム!?

最近、『ブラン』を素材に使ったパンが、ダイエットをしたいと考えている女性たちから注目されているようで

記事を読む

古代インド発祥のヨガで心臓病リスクを改善!有酸素運動と同じ効果の可能性

古代インド発祥の修行法である『ヨガ』は、 健康意識の高い人を中心に世界中に広がっていますが、 そ

記事を読む

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォルシュ 出演 サリー・ホ

記事を読む

世界で大注目の『SDGs』!達成するために必要なことは?世界を動かすためには?

今、世界中で大注目されている『SDGs』をご存知でしょうか? SDGsとは、Sustainab

記事を読む

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

コーヒーをよく飲む人は、 ある病気にかかりにくい というのが最近話題になっています。 ある

記事を読む

『脳トレ』ゲームで脳を積極的に使おう!音読や計算が認知症や軽度認知障害の予防に!

近年、『脳トレ』という言葉を耳にする機会が増えましたが、 何のことかご存知でしょうか? 脳ト

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

今、世界が注目すべき人物はこの人!車いすのエクアドル大統領レニン・モレノ氏!

最近の不穏な世界情勢において、 各国の大統領や首相らの名前が連日メディアで取りざたされています

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑