*

脳トレだけじゃない!認知症や軽度認知機能障害の予防にはアートな余暇活動が効果的!年をとってからのパソコンにもチャレンジしよう!

公開日: : 美容、健康、その他

高齢社会の日本において、
「認知症」が大きな社会問題
であることは国民の誰もが知るところです。


なぜなら、厚生労働省の調査で、
現在、65歳以上の4人に1人が、
「認知症」と認知症の前段階である「軽度認知障害(MCI)」であり、
これが2025年には、65歳以上の3人に1人
の割合になるといわれているからです。


つまり、「認知症」や「軽度認知障害」は
他人事ではないとみんなが認識しているわけです。

ですから、みんな認知症になることを恐れています。


認知症(以前は「痴呆(ちほう)症」といわれていました)は、
さまざまな原因で脳細胞が死んで、
理解力や記憶力の低下などの障害が起こり、
生活に支障が出ます。

認知症のタイプによっては人格が崩壊し、
本人だけでなく介護をする家族も
悲惨な末路を辿るということもわかっています。


だから、「認知症にならないようにするためにはどうしたらいいか?」
ということを真剣に考え、予防に努めようとその対策を模索しています。


医療分野では認知症の研究が進み、
薬物や健康食品の開発に加え、
「音読」や「計算」など、いわゆる『脳トレ』
にその予防効果があるとして注目されています。



そして今回、かの有名な米・メイヨークリニックの研究で、
超高齢者(85歳超)における軽度認知機能障害のリスクの低減に
有効な可能性のある「余暇活動」が明らかになりました。


仕事の定年を迎え、年金生活となり、時間的な余裕が出てきたときに
とても大切なのが「余暇活動」です。


この余暇活動次第で軽度認知機能障害のリスクが減るとなると、
取り組む価値は十分にあります。


また研究では、
中年期の高血圧や慢性疾患、心血管疾患の合併、うつ症状が、
超高齢者における軽度認知機能障害の危険因子であることもわかりました。


ということは、
老後の軽度認知機能障害を避けるためには、
中年期からの健康管理が重要ということになります。


研究内容については以下のとおり。

・85~89歳で認知機能が正常な高齢者256例を対象に、記憶力や言語能力などの評価を含む神経学的検査を実施。

・約4年間の追跡期間中に121例が「軽度認知機能障害」を発症。

・中年期と高齢期の両時点で「絵を描く」「彫刻」といった「アートを趣味としていた人」では、そうでない人に比べて軽度認知機能障害リスクが73%低下

絵を描く


・陶芸や裁縫などの「工芸の経験者」では45%低下、観劇や映画鑑賞、友人との社交、旅行などを含む「ソーシャルアクティビティの経験者」では55%低下

陶芸1


・インターネット検索やオンラインゲーム、ネットショッピングなどの「コンピュータ使用」に関しては、高齢期のみの使用者において53%低下したが、中年期と高齢期の両時点で使用していた人では有意なリスクの低下は認められなかった。

パソコン


・超高齢者における軽度認知機能障害の最も強い危険因子は、中年期での高血圧発症であった。


これらの結果をまとめると、

・将来の軽度認知機能障害の予防には、中年期から高血圧の予防対策が必要である。

・軽度認知機能障害の予防に役立つ余暇活動としては、アートを趣味にするのがベストである。

・次いで陶芸などの工芸やソーシャルアクティビティ(旅行、映画鑑賞)も有効。

・年を取ってからのパソコンの活用もかなりの効果あり。

ということになります。


結局のところ、
軽度認知機能障害の予防には、
今までにない(あるいは触れることの少ない)刺激
を入れることが重要ということでしょうか。


「脳トレ」ゲームによる認知症や軽度認知障害の予防についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1011.html

認知症に効果のある物質「プラズマローゲン」についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/850.html

あなたの「老化度」をチェックするにはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/153.html

健康増進や長寿に効果のある「地中海食」についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/553.html

スポンサーリンク

関連記事

日本は発酵食品大国!うまみや健康効果に世界が注目!歴史、気候風土、食文化もわかる!

2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録され、 一汁三菜が基本の「和食」に欠かせないのが

記事を読む

肥満は伝染する? 同調圧力とは? これからの仲間づくりと関連が?チームアプローチとは?

『肥満は伝染する!』 ということを聞いたことがありますか? 実は、米国の研究者の調査で、

記事を読む

『Choosing Wisely(賢い選択)』とは?日本版『絶対に受けたくない無駄な医療』 患者側も賢くなろう!

米国で医療の見直しを呼びかけるキャンペーンが広がっています。 『Choosing Wisely

記事を読む

座っている時間が長いと体に悪い?がん、糖尿病、心臓病のリスクが高い?デスクワークが多い人の対策は?

やはり、「座っている時間が長いと体に良くない?」というのは、 どうやら本当のようですね。 以

記事を読む

高齢者の腰痛では早期にレントゲンやCT、MRIなどの画像検査を行っても役に立たない?

前回、日本と米国の医療費の違いから、医療の在り方や捉え方などについて少し書きました。 一般

記事を読む

最近の日本茶のトレンドは若者の心をつかむ芳醇な香り!

埼玉県日高市で、8年の歳月をかけて、甘いバニラの香りがする緑茶が誕生しました! お茶の名前は、

記事を読む

怪しいのはキュレーションサイトだけじゃない!メディアの情報を鵜呑みにしない!正しい認識をもって捉えよう!

DeNAが運営する「キュレーションサイト(情報まとめサイト)」が、 他のサイト記事のパクリ記事であ

記事を読む

砂糖への課税は国民の健康対策として有効か?加糖飲料を減らせば糖尿病リスクが大幅に減る!

『国民の健康対策として、たばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求める』 厚生労働省の有識者

記事を読む

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

コーヒーをよく飲む人は、 ある病気にかかりにくい というのが最近話題になっています。 ある

記事を読む

大ピンチ?!介護保険制度の行き詰まり?国民は負担増大に耐えられるか?優遇政策で財政難を解消できるか?

日本で2000年に介護保険制度がスタートし、将来の恒久的な制度を目指して これまで試行錯誤を繰

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑