*

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

公開日: : 美容、健康、その他

コーヒーをよく飲む人は、
ある病気にかかりにくい
というのが最近話題になっています。

ある病気というのは、
糖尿病肝臓がん
です。

また、死亡リスクも低い
ということも判明しました。


これらは、国内外の最新の研究に基づく結果なので、
かなり信憑性は高いといえます。


もう少し具体的にいうと、

コーヒーを1日に3~4杯飲む人は、
ほとんど飲まない人に比べ、
死亡リスクが24%低下する

・糖尿病の発症リスクが低い理由は、
コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールが血糖値を下げ、
カフェインがエネルギーを熱で放出させて脂肪の蓄積を減らすため。

・クロロゲン酸やカフェインは、
コーヒー豆を煎る時間が長くなるほど減るので、
浅煎りの方が効率よく摂取できる。

などがわかっています。


データ不足等でまだはっきりとわかっていないものも含めると、以下のようになります。

【発症しにくいことがほぼ確実】糖尿病、肝臓がん

【発症しにくい可能性がある】大腸がん、子宮体がん

【研究はあるがデータ不足】膵臓がん、認知症、パーキンソン病

※【発症しやすくなる可能性がある】緑内障、膀胱がん

※【あまり飲み過ぎない方がよい】重い心臓病、腎不全、妊婦、緑内障


これらの疾患の中で気になるのが
「膵臓がん」
です。

膵臓がんは非常に発見しにくく、
発見されたときには時すでに遅し、
といわれる厄介ながんです。

若くして亡くなった歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんも膵臓がんでした。

坂東三津五郎


この見つかりにくい膵臓がんが、
コーヒーを飲むことで予防できるのであればかなりの朗報です。



糖尿病といえば、
その予備軍を含めると国民の5人に1人いるとされ、
病気の進行とともにさまざまな合併症を引き起こす疾患です。

一般的には、甘いものを控えればいい、
なんて軽く捉えている人も多いようですが、
体の倦怠感や手足のシビレならまだしも、
進行すると循環障害によって細胞が壊死(えし)して(足指が腐れることが多い)、
足や足指を切断することになり、
最終的には死に至る恐ろしい病気です。


がんについては言うまでもありません。


これらの疾患が予防できるとあれば、
コーヒー好きの人はともかく、あまり飲まないという人も
頑張って飲む価値はあるかもしれませんね。


では、コーヒーをたくさん飲めば飲むほどいいのか?
というと、そうでもありません。

やはり飲み過ぎもよくないので、3~4杯までがベター


妊婦さんについては、
カフェインの摂取量と流産の関係を調べたところ、
1日に500mg以上のカフェインを摂取した妊婦は、
流産リスクが2.2倍も高くなる
ことがわかっていますので要注意。

さらに、カフェインの多量摂取で
胎児の発育が悪くなる可能性も指摘されています。

妊婦さんの場合、
1日に200~300mgまでのカフェイン摂取が目安ですので、
コーヒー1杯(150ml)にカフェイン約100mg含まれるとすると、
2~3杯までにしておいたほうがよさそうです。



ところで、コーヒーの種類たるや相当なものですが、
中でも注目を集めているのが
『コピ・ルアク』!

ジャコウネコの糞

インドネシアのジャコウネコの糞から採れる未消化のコーヒー豆
のことです。

ジャコウネコ

独特の香りを持つ大変希少なこのコーヒー豆で入れたコーヒーは、
日本では1杯が数千円~1万円とかなり高価。


コーヒー好きなら1度は飲んでみたいと思うのかもしれませんが、
わざわざ動物の糞から採れたモノでなくても・・・・・と思わなくもありません。


砂糖への課税は国民の健康対策?加糖飲料を減らせば糖尿病リスクを大幅カット!
http://challenge-tt.xsrv.jp/1063.html

座っている時間の長さと糖尿病・がん・心臓病リスクとの関係についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/821.html

スポンサーリンク

関連記事

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォルシュ 出演 サリー・ホ

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームはどんな人がなりやすいか?

『ナイスガイシンドローム』という言葉をご存知でしょうか? 心理療法医のロバート・A・グラバー氏

記事を読む

受験シーズンあなたのテンパリ度をチェック!要因は生活習慣と遺伝

若い人たちがよく使う現代用語に、『テンパる』というのがありますね。 『テンパる』とは、もともと

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームを克服するには自分と向き合うことから

前回、日本ではあまり聞き慣れない『ナイスガイシンドローム』についてご紹介しました。 これが長く

記事を読む

他人事ではない介護保険料の大幅アップ!国民が大賛成する財源確保の方法とは?

先日、2018年4月からの『介護保険料』の見込み額が出ていましたが、 その額に驚きました・・・

記事を読む

『Choosing Wisely(賢い選択)』とは?日本版『絶対に受けたくない無駄な医療』 患者側も賢くなろう!

米国で医療の見直しを呼びかけるキャンペーンが広がっています。 『Choosing Wisely

記事を読む

脳トレだけじゃない!認知症や軽度認知機能障害の予防にはアートな余暇活動が効果的!年をとってからのパソコンにもチャレンジしよう!

高齢社会の日本において、 「認知症」が大きな社会問題 であることは国民の誰もが知るところです。

記事を読む

no image

世界中の生物の絶滅危惧種がわかるレッドリスト

近年、日本を含め、世界各国で大規模な自然災害が頻発するようになっています。 これは、私たち人間

記事を読む

no image

精神的・心理的要因が脳卒中の原因になりうる?

現在、脳卒中は日本人の死亡原因の第3位となっています。 その総患者数は137万人で、死亡原因の

記事を読む

統合失調症の簡易診断に頭皮の毛根細胞を活用して早期発見・早期治療が可能に!FABP4とは?

『統合失調症』という病気をご存じですか? 2002年までは、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑