*

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

公開日: : クルマ、趣味など

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか?

キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そして、子どもたちを産み育てやすいデザインを顕彰する制度で、2007年にスタートしました。

今回の第8回キッズデザイン賞では、応募総数408点の中から272点が「内閣総理大臣賞」や「経済産業大臣賞」などを受賞しました。

そして、「内閣総理大臣賞」を見事に受賞したのが、自動車メーカーの『マツダ』です。

受賞した品目は、

①子どもを発見しやすいAピラーとドアミラー配置

②子どもの巻き込み事故リスクを減らすサイドモニター

③子どもを車酔いさせにくいスムーズな運転の習得をサポートするi-DM

④子どものエンジン誤始動を防ぐアドバンストキーレスエントリーシステム

の4点です。

これらを満たすクルマの例を挙げるとすると、おそらく『マツダCX-5』でしょう。

CX-5

マツダCX-5がデビュー当初から話題となり、SUV部門の販売台数でトップに躍り出たのは、パワフルかつ低燃費というクリーンディーゼルエンジンが高い評価を受けたからです。

しかし、このクルマには、マツダお得意の走りを楽しむための高性能だけではなく、世界初の機能を含め、先に挙げた安全性を追求したテクノロジーも満載されています。

つまり、とてもバランスの高いクルマに仕上がっているというわけです。

外観についても、躍動感のある「魂動(こどう)」デザインでマツダらしさを醸し出していますよね。

やはり、SUVのクルマ選びにおいて、マツダCX-5はどうしても第一候補に挙がる1台でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。 1月12日に開

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

海外ドラマ『刑事ジョー』に出てくるクルマも楽しみ!

9月17日(水)23:00~、海外ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』の第2話があります。 今

記事を読む

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、 次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。 こ

記事を読む

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残

記事を読む

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑