*

乳がん患者の生活の質(QOL)を向上させる『サバイバーシップ』とは?日本での普及に期待!

公開日: : 最終更新日:2015/10/12 美容、健康、その他

『サバイバーシップ』
というものを耳にしたことがありますか?

米国ではよく使われる用語ですが、
日本ではまだ定訳がなく、馴染みのない用語だと思います。


米国臨床腫瘍学会が取り組む「サバイバーシップ」とは、
「がんを経験し、治癒したと考えられる人(生存者)が、
その後、生活していく際に直面する課題を乗り越えていくこと」
というのがおおよその意味です。

これには、身体的な晩期障害(治療終了後に出てくる副作用や合併症など)だけでなく、
心理的な側面や社会復帰などの経済的事象も含まれます。


がん診療については、
従来、治癒を目指した治療に重点がおかれ、
サバイバーシップに対する取り組みはなされていませんでした。

つまり、治療によって発生した障害や、精神的な問題を抱えていても、
それらに対する解決手段や相談窓口などがなく、
個人の問題として抱え込んでしまうほかないというのが現状でした。


しかし、医療の発展に伴ってがんの治癒率が向上し、
がん治療を終了して生存している人(がんサバイバー)が増えた今、
その人たちの生活の質(QOL)をどのように向上させるか
が近年の大きなテーマとなっています。


例えば、乳がんサバイバーに対するサバイバーシップでは、
・再発への不安やうつなどの精神心理的問題
・妊娠のしやすさや晩期副作用、再発、二次がん等の身体的問題
・就労や学業、経済的問題を含む社会的問題
・スピリチュアルな問題など
かなり多面的なケアが必要になります。


このように、複雑な問題を抱えるがんサバイバーの現状を踏まえ、
米国臨床腫瘍学会は、米国がん経験者連合と共同で
「サバイバー・ケア・プラン」
の開発を進めています。

これは、いわゆる「がん治療の履歴書」で、
これまでの治療履歴を1つにまとめたものです。

長期にわたるがん治療では、病院を転々とすることも多く、
そうなるとこれまでに受けた治療全体の経緯を主治医が把握しづらくなります。

しかし、「サバイバー・ケア・プラン」があれば、
そのような問題を解消することができます。


これに相当するものとして、
日本では、地域連携クリティカルパスで使用される
乳がん患者の「医療連携手帳」
というものがあります。


また、米国臨床腫瘍学会が進めているもう1つが、
「サバイバーシップ治療計画」です。

これは、いわゆる「がんサバイバーの生活設計図」で、
使用している薬の種類や量・副作用、
連携している医療機関などの治療関連情報です。


この「サバイバー・ケア・プラン」と「サバイバーシップ治療計画」を組み合わせることで、
医療者と患者とのコミュニケーションが深まり、
患者の精神的安定につながることが期待できます。


今後、日本においても、これらのツールをさらに発展させ、
がんサバイバーのQOL向上に重点をおいた医療
が普及することを期待したいと思います。


乳がんの予防効果のある『地中海食』についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1225.html

ピンクリボンフェスティバルについてはコチラ↓↓↓
http://www.pinkribbonfestival.jp/festival/

スポンサーリンク

関連記事

no image

気になる加齢臭を撃退するには食事・運動・清潔が重要!

以前、老化度のチェックをしましたが、老化が原因とされるものに『加齢臭』があります。 加齢臭は、

記事を読む

やる気やモチベーションを引き出すコツは?しゃべる、手を使う、歩く、簡単な行為で脳のウォーミングアップ

新たな年度がはじまる4月。 学生や社会人の皆さんは、 慣れない環境に適応しようと頑張っている

記事を読む

肥満の仕組みや中性脂肪の役割を理解して動脈硬化性疾患を予防!食事療法や運動療法のポイントは?最新の肥満治療薬やさまざまなダイエット方法、動脈硬化を防ぐ意外な食べ物とは?

最近、肥満についての見解の1つに、 「肥満でも健康なら良い」 という考えが広まる傾向にありました

記事を読む

あなたの『かかりつけ医』は信頼できますか?2つの判断基準とは?

あなたは『かかりつけ医』をお持ちですか? 高齢社会の日本においては、「持っている」と答える人は

記事を読む

no image

視覚障害者の点字受験がないのは、政令指定都市では熊本市だけ!

熊本市が身体障害者を対象にした職員採用試験について、視覚障害者による点字受験を認めていないことが明る

記事を読む

今、世界が注目すべき人物はこの人!車いすのエクアドル大統領レニン・モレノ氏!

最近の不穏な世界情勢において、 各国の大統領や首相らの名前が連日メディアで取りざたされています

記事を読む

脳トレだけじゃない!認知症や軽度認知機能障害の予防にはアートな余暇活動が効果的!年をとってからのパソコンにもチャレンジしよう!

高齢社会の日本において、 「認知症」が大きな社会問題 であることは国民の誰もが知るところです。

記事を読む

ウイルスの脅威と恩恵 バクテリオファージやタバコモザイク

2014年が終わろうとしていますが、今年もまたさまざまなウイルス感染のニュースがありました。

記事を読む

シワ取りやワキガ、脳卒中の後遺症にも行われるボツリヌス菌治療の最新治療法は?心房細動に効果!

みなさんは 『ボツリヌス菌』 というものをご存知ですか? 「地球最強の毒素」を産生

記事を読む

ノルディックウォーキングと普通のウォーキングとの違いは?有酸素運動、筋力アップ、ダイエット効果が気軽にできる!

少しずつ暖かさを感じる季節になり、屋外での活動が心地よくなってきました。 これまでの寒い時期に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑