*

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、
あらゆる面において高齢者への対応
は必須となっています。

それは、単に高齢者のできない部分のサポートであったり、
ビジネス目的のサービスであったりとさまざまですが、
いずれにしても高齢者対策は必要不可欠となっています。


例えば、コンビニエンスストアが高齢者向けの宅配を始めたり、
コンビニ宅配

自動車メーカーが自動ブレーキやパーキングアシストなど
運転技術をサポートする機能の装備にとどまらず、
最終的には自動運転のクルマを開発し、
数年後には実用化という段階にきています。
自動運転車



そんな中、未だに古い体質の会社や企業があるのも事実。

先日、「柑○楼」という育毛剤を販売している会社に
電話で注文したときのこと。

自分の分に加え、高齢の親の分もついでに注文しようとすると、
お試し価格(通常より安価)の場合、
自分の分しか注文できない(代理注文はダメ)というのです。


高齢になると、
耳が聞こえづらくなったり、もの忘れや認知症があったり、
さまざまな病気や機能低下による不具合・障害が出てきます。

自分のことを自分でできないことも増えてくるのが高齢者。

にもかかわらず、
通り一遍の対応しかできない柔軟性のない会社というのは、
今後のビジネス市場では苦戦を強いられるのではないでしょうか。



近年は、自治体も独自の取り組みを始めています。

それは、年をとると大変なゴミ問題
つまり、環境問題です。

高齢者世帯の『ゴミ屋敷』は全く珍しくありません。

ごみ屋敷

むしろ、私たちが思っているよりずっとずっと多いんです。

高齢者の一人暮らしや老老介護の二人暮らしでは、
『ゴミ屋敷』は容易に想像できますが、
実はそれ以外に、
高齢者と障害をもつ子どもや閉じこもりの子どもの世帯、
高齢者と独身の息子の世帯
などにもかなりの割合でみられます。


「高齢者にとって、ごみは一大事」
といわれるのは、
分別方法がよくわからないし、
集積所まで運ぶのがきついからです。


ちなみに、国立環境研究所の調査では次のようなことがわかっています。

・高齢者では、1回のごみ出し(可燃物)で、重さ平均約4kgを100m程度運び、
1.7分かかっていた。

・75歳を境に2袋以上出す人は減少していた。

・後期高齢者の女性のうち半数は、足腰が悪くてごみ出しに苦労していた。

・3割の高齢者は、ごみ出しに将来的な不安を抱いていた。

・高齢者の大半は、ごみ出しが大変になったら支援制度を利用したいと答えたが、
プライバシーや遠慮の気持ちから制度利用をためらう人も少なくない。


市区町村では、このような高齢社会の現状と
来るべき超高齢社会を見据えて、
ごみの収集方法を工夫しています。

2002年に東京都町田市が始めた「ふれあい収集」は、
ごみ出しが困難な高齢者や障害者を対象に、
玄関先までごみを受け取りにいくというもの(2009年に正式に事業化)。

そして、この事業の画期的な点は、
ごみが出ていない場合には利用者に声をかけ、
応答がなければ安否を確認するシステム
であるということです。


例えば、ゴミの分別ができていなかったり、
ごみ出しの日が分からなくなったりしている
ことに収集員が気づくと、市からケアマネジャーに連絡。

認知症が疑われたり進行している場合などには、
「ふれあい収集」に移行したり、施設入所を勧めたりする。


このように、高齢者のごみ出しを支援する制度
を導入する自治体が増えています。


「ゴミ屋敷」については、全国各地で問題になっています。

「ゴミ屋敷」には2種類があり、
1つは「収集癖のある人」が外から持ち込む場合で、
家の外にまでごみが散乱し、
隣近所にも迷惑をかけていることが多いため、
周囲も気づきやすいという特徴があります。


ところが、もう1つの「心身が不自由な高齢者」が
ごみを持ち出せずにため込む場合で、
家の中にゴミが充満している状態で
外からはわかりにくいという特徴があります。

このような状況は衛生面での問題を引き起こし、
身体機能の低下している高齢者にとっては、
命取りになりかねません。

また、高齢者世帯においては、
「ゴミ屋敷」か否かに関係なく、
おむつや在宅医療廃棄物などのごみもたくさん出ます。

原則として、注射針などは医療機関、
その他は自治体が処理するということになっていますが、
実態は不透明な部分が多く今後の課題といえます。


私たちは平等に年をとり、
私たちが考えている以上に老後は長く、
予想だにしていないさまざまな問題に直面する日が必ず来ます。

今後の社会福祉の側面においても、
ビジネスの側面においても、
いずれにしても高齢者への配慮・対応
というのは避けて通ることはできません。

スポンサーリンク

関連記事

認知症をよく理解するための9大法則1原則とは?パーソンセンタードケア?認知症介護の現実は?

認知症の患者数は、日本全国で2012年の約462万人から、 2025年には700万人超(65歳以上

記事を読む

男性更年期障害LOH症候群の原因は加齢やディレーラー・ストレス?症状や治療法は?

男性の更年期障害『LOH症候群』(加齢男性性腺機能低下症候群) というものをご存じでしょうか?

記事を読む

ウサギのお菓子ニコラシャールに行列!出身地の仏リヨンは「美食の都」「水の都」

「うさぎシュークリーム」や「うさぎリエジョア」パフェなど、 可愛いウサギのキャラクターで大人気の店

記事を読む

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障害』があることは知られています

記事を読む

糖尿病の方に朗報!『食べる順番ダイエット』の驚くべき効果!最初に何を食べるかで食後高血糖が改善する?

「『食べる順番ダイエット』が2型糖尿病患者の食後の高血糖を改善する!」 2010年にこれを発表

記事を読む

日本初!厚労省が認めたまつ毛がフサフサになる薬 グラッシュビスタ!

まつ毛の本数が少ない、短いと悩んでいる人たちに朗報! 今年3月、日本初のまつ毛貧毛症治療薬が厚

記事を読む

うつ病代替療法ホメオパシーやヨーガの課題は長期効果、再発予防効果、単独効果など

現代のストレス社会では、世界の5人に1人が心の不調を抱えていて、 その代表的な心の病である『うつ病

記事を読む

年齢別の推奨睡眠時間は?日本人は良質な睡眠と十分な時間の確保の努力が課題

日本人の平均睡眠時間は約7時間30分で、 特に40~50代の場合が最も短く、6時間台といわれていま

記事を読む

若年層の肥満で余命が8年、健康寿命が19年短縮!生涯リスクを捉え直そう

『肥満』になると、 心臓病や糖尿病になるリスクが大きくなるというのは、今や一般的に認識されています

記事を読む

やる気やモチベーションを引き出すコツは?しゃべる、手を使う、歩く、簡単な行為で脳のウォーミングアップ

新たな年度がはじまる4月。 学生や社会人の皆さんは、 慣れない環境に適応しようと頑張っている

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑