*

子どもや孫は将来どんな仕事をしているか?真剣に考えたことがありますか?機械化や自動化は本当に良いことだろうか?

公開日: : イベント、ビジネスなど

自分の子どもが将来どんな職業に就いているか、
あるいは自分の孫がどんな仕事をしているだろうか
と真剣に考えたことがありますか?


以前、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した
『雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか』
という論文が注目を集めました。

この論文の内容は、
「今後10~20年程度で、702職種のうち約47%の仕事が自動化されるリスクが高い」
という驚くべきものでした。

つまり、これまで人間にしかできないと思われていた仕事も、
コンピューター技術の革新により、ロボットや機械にとって代わられる
ということを意味しています。

仕事ロボット


そのような時代に、果たして子や孫たちの仕事は
どれだけ残っているのだろうかと心配にもなってきます。


近年の出生率の低下で人口減少が予測される日本においても、
労働力不足の懸念から機械化や海外労働力の受け入れが話題になっています。

そこで、将来の仕事に関する調査を日本で行ったところ、
以下のような結果となりました。

【機械化などが進むと思う仕事ランキング】
1位 レジ係
2位 電話交換手
3位 プログラマー
4位 有料道路の料金収受員
5位 コールセンターのオペレーター
6位 駅の出札係
7位 コンビニエンスストアの店員
8位 通訳
9位 ガソリンスタンドの店員
10位 電車の運転士

やはり上位を占めるのは、
すでに自動化やセルフ化、省力化が進んでいる分野の仕事でした。


ところで、これは良いことなのでしょうか? それとも悪いことなのでしょうか?

ここで、自動化技術の進歩について、
肯定的な面と否定的な面について考えてみます。


【肯定的な面】
・人は、浮いた時間をより創造的(クリエイティブ)な活動にあてることができる
・相手に対して気を遣う必要がない
・介護分野では、深刻な人手不足の解消や、介護者の負担軽減が期待できる・・・などなど

【否定的な面】
・人の仕事が奪われる
・相手の心の機微や細やかな状況の変化を読み取ることが要求される仕事には不向き
・ロボットや自動化技術に頼りすぎてしまうことで、人の能力や技術が退化してしまう可能性がある
・機械の故障や寿命に加え、動力源の電気が絶たれた場合、全く機能しない可能性がある
・介護される側の格差により、富裕層は人の手で、そうでない人はロボットに介護されるなど二極化の可能性がある・・・


いずれにしても、このようなシビアな問題は避けて通ることができず、
また、先送りすることでより大きな問題となりうるので、
子どもたちが、近未来の自分たちの問題として考えられるような教育も必要でしょう。


前出のオズボーン準教授は、
「機械にできる仕事は機械に任せて、私たち人間は、より高次元でクリエイティブなこと(交渉力、説得力、芸術的な能力など)に集中できるようになる」
と述べていますが、これは間違った考えです!

すべての人が高次元でクリエイティブなスキルを持っているわけではありません。

それに社会には、心身にハンディキャップがあり、
単純作業やルーチンな作業が適しているケースもあります。

そのような場合、ロボットや機械にとって代わられるような仕事であっても、
人が行う仕事として確保するべきだと思います。

単に、仕事の効率や利潤追求だけを考えて進めていくべきではありません。


ロボットや機械にやってもらうべき本当の仕事は、
人が行うにはリスクが高く、健康被害や生命にかかわるようなもの
に限定してもよいのではないでしょうか。


コンピュータやロボットで消える職業・仕事についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/467.html

スポンサーリンク

関連記事

no image

ド素人のミツバチ奮闘記5 横型巣箱の使い方

ひょんなことから養蜂に取り組むことになり、ド素人の私が少しずつ勉強しているところです。 少し前

記事を読む

no image

ド素人のハチミツ奮闘記4 秋のスズメバチ駆除

ひょんなことから養蜂に取り組むことになったものの、何から手をつけていいのか全然わかりません。

記事を読む

オリンピックとパラリンピック、健常者と障がい者、スポーツ義足など競技ツールの国際基準やルールなど考えるべきことは?

エンブレムや国立競技場問題で何かと話題に上る東京オリンピック。 本来、話題の中心となる

記事を読む

no image

大幅性能アップに驚愕!iPhone6と6プラスの注目ポイントは?

今、世間を騒がせているアップル製スマートフォンiPhoneの最新モデル「6」と「6プラス」。

記事を読む

あなたのキャリア・アンカーはどのタイプ?セルフチェックで満足できる働き方をゲットしよう!

近年、若者のさまざまな「働き方」が話題になりますね。 私たちの人生において、仕事が占める割合を

記事を読む

世界大学ランキングTOP100!第4世代の研究とは?スーパーグローバル大学創成支援とは?

日本のコーヒー業界には『サードウェーブ(第3の波)』が押し寄せていますが、 今、日本の大学には

記事を読む

no image

『長崎がんばらんば国体』の正式競技と公開競技の競技会場

スポーツの秋、10月12日(日)~22日(水)に、第69回国民体育大会『長崎がんばらんば国体』が開催

記事を読む

芸能人が子ども連れで訪れるエッグスンシングスはカフェを超えた全国展開なるか

Eggs’n Things(エッグスンシングス)は、 1974年にハワイに誕生した人気のカジュアル

記事を読む

和紙が無形文化遺産に認定!他にも重要無形文化財や伝統工芸品もあります

「日本の手すき和紙技術」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に認定されましたね。

記事を読む

no image

芸人も本気参戦!鳥人間コンテスト2014 最高記録を塗り替えるか!

9月3日に、感動と興奮のドラマ『鳥人間コンテスト2014』が放送されます! これは、琵琶湖を舞

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑