*

高層マンションでは3階以下に住む若い女性が助かり易い?ブルジュ・ハリファではどうなるのか?

公開日: : 美容、健康、その他

世界一高い超高層ビルといえば、
2010年に開業したアラブ首長国連邦ドバイにある
『ブルジュ・ハリファ』

ブルジュ・ハリファ2

全高(尖塔高)828.0 m、206階建て


これはケタ違いだとしても、高層マンションや高層ビルが多いのは、
国土の狭い日本やシンガポールなどの特徴ではなくなり、
今や高層階の建物が世界中のあらゆる都市の象徴である
ことを競い合うかのように乱立しています。


そしてこれらを見て心配になるのは、
「大地震が起きたらどうなるのか?」
「消防車が届かない高層階で火災が発生したらどうやって消火するのか?」
などなど。


このような状況はカナダでも同様で、
都市部を中心に高層マンションの居住者が大きく増加しています。

カナダ・トロント

そして近年、この高層マンションに入居する高齢者が増加し、
しかも不思議なことに「高層階」への入居率が上昇しているというのです。

高層階に住む人の40%以上が65歳以上の高齢者との調査報告もあります。


そうなると当然のことながら、
問題の発生率が上昇するのもなんとなく予想できます。

「高層マンションへの救急隊の出動要請」が増えているというのです。


そこで、カナダの聖ミカエル病院が、
『マンションの居住階別の心停止後生存率』
について研究結果を報告しています。

ご存知のとおり、高齢者は心停止を含む重篤な疾患のリスクが高く、
心停止からの時間経過が長いほど蘇生率が低下します。

このため、高層階での心停止患者の場合、
これまでの救急出動要請から救急隊の現場到着時刻で考えるのではなく、
実際に心停止患者に接触するまでに経過した時間
を考慮しなければならないということになります。


今回の研究では、2007年~2012年の
トロント市内の高層マンションで起きた心肺停止7842件について、
高層階と低層階による心停止後の生存退院率の違いなどを検討しています。


その結果、
5998件(76.5%)が低層階(3階より下)で、
1844件が高層階(3階以上)で発生しており、
生存退院率は高層階居住者に比べ、低層階居住者で有意に良好でした。

そして、生存退院率が低下する関連因子として、
「年齢」「男性」「3階以上での患者との接触」を挙げています。


つまり、高層マンションで心肺停止となった場合、
「3階より下の低層階に住んでいて、年齢が若く、男性より女性のほうが助かり易い」
ということです。

さらに、居住階別の検討では、
「16階以上の居住者の場合、生存退院率が0.9%にまで低下し、
25階以上の居住者の場合、生存者はゼロ」

との結果が示されました
(ただし、今回の検討では高層階全体での心停止件数が少なかったため一概には言えませんが・・・)。


この研究の結論としては、
『高層マンションの高層階に住む人ほど、心停止後の生存率が低下していた』
ということになりました。


生存率を向上させる対策としては、
救急出動要請から心肺停止の患者に接触するまでの時間
をいかにして短縮するかということになりますが、
具体策はあるのでしょうか?

救急隊専用の超高速エレベーターの設置を義務づけるとか?

世界各国での対策に注目したいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症の免疫療法の欠点を克服した理想の治療『花粉症治療米』とは?アレルギー性結膜炎にも効果?

春は花粉症の季節。 心地よい天候の一方で、花粉症に苦しむ人が年々増加しています。 そこで

記事を読む

日本人が発見!世界的に注目を集める『オレキシン』!ノーベル賞に一番近い『オプトジェネティクス』研究とは?解明が進む睡眠研究の最前線!

人生の3分の1を占めるといわれる『睡眠』。 このとても重要な睡眠に特化した研究施設

記事を読む

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障害』があることは知られています

記事を読む

高度肥満・超肥満の植え込み型装置の驚きべき効果!25%以上の体重減少も

「直近の33年間に肥満人口の比率を下げることに成功した国はない」 といわれるほど、世界中で肥満や体

記事を読む

大ピンチ?!介護保険制度の行き詰まり?国民は負担増大に耐えられるか?優遇政策で財政難を解消できるか?

日本で2000年に介護保険制度がスタートし、将来の恒久的な制度を目指して これまで試行錯誤を繰

記事を読む

スマホ、ゲーム機、パソコン、テレビは睡眠や概日リズムに悪影響!就寝前の電子書籍も注意!

スマホなどの携帯電子端末やゲーム機、パソコン、液晶テレビなど に用いられる波長の短い光(ブルーライ

記事を読む

肥満の仕組みや中性脂肪の役割を理解して動脈硬化性疾患を予防!食事療法や運動療法のポイントは?最新の肥満治療薬やさまざまなダイエット方法、動脈硬化を防ぐ意外な食べ物とは?

最近、肥満についての見解の1つに、 「肥満でも健康なら良い」 という考えが広まる傾向にありました

記事を読む

no image

食事、運動、休養、睡眠など規則正しい生活が脳機能をよい状態にする!

少し前から、「残業代ゼロ法案」というものを耳にしますが、簡単にいうと、労働者に対する報酬を、働いた時

記事を読む

統合失調症の簡易診断に頭皮の毛根細胞を活用して早期発見・早期治療が可能に!FABP4とは?

『統合失調症』という病気をご存じですか? 2002年までは、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう

記事を読む

年齢別の推奨睡眠時間は?日本人は良質な睡眠と十分な時間の確保の努力が課題

日本人の平均睡眠時間は約7時間30分で、 特に40~50代の場合が最も短く、6時間台といわれていま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑