*

これまでの常識を覆す変形性股関節症の最新治療法とは?『貧乏ゆすり』で軟骨再生?最大限の効果を引き出す方法は?まずはチェックリストで早期発見!

公開日: : 美容、健康、その他

よく「老化は下半身から始まる」といわれます。

そして、下半身から始まった病気が原因で日常生活もままならず、
最悪の場合は寝たきりになってしまうことも珍しくありません。


高齢社会を迎えた日本で耳にする機会が多くなった、
ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

その原因疾患の1つである『変形性関節症』ですが、
高齢者人口の増加に伴って患者数も増えています。


その中で、変形性股関節症は、
股関節の関節軟骨がすり減って、痛みや炎症が生じる病気で、
日本国内の患者数は、200万~300万人と推定されています。

股関節には、歩行をはじめ、日常生活の動作において
最も大きな負荷がかかることに加え、
股関節の形状の異常や老化が主な原因で、
股関節が徐々に変形していきます。

股OA3


変形性股関節症には以下のような特徴があります。

・40~50代で発症しやすく、特に女性に多く見られる(女性の場合、男性に比べて寛骨臼という骨盤のくぼみが浅く、股関節に負荷がかかりやすいため)。

・原因は、中年期以降の筋力低下や、出産による骨盤の広がりで股関節に負荷がかかり、関節軟骨がすり減って発症する。

・変形性股関節症の症状は気づきにくく、初期は立ち上がったときや歩きはじめ、長く歩いた後などに痛みを感じる。

・痛みの部位は、股関節に近い脚のつけ根に感じることが多いが、太ももや腰、膝の場合もある。

・治療せずに放っておくと症状は進行し、股関節の可動範囲が狭くなり、慢性的な痛みで歩行も困難になるなど日常生活に支障が出る。



そこで、変形性股関節症を早期に発見するために、
下記のチェックリストで確認してみましょう!

該当する項目が2つ以上ある場合は、変形性股関節症の疑いがあります。

【変形性股関節症の早期発見チェックリスト10】
1)親が変形性股関節症である
2)子どもの頃、股関節に異常があるといわれたことがある
3)原因不明の腰痛やひざ痛がある
4)股関節周辺の筋肉を押すと痛む
5)上半身が左右に傾いていたり、歩くときに体が左右に揺れていたりする
6)足の長さや靴底の減り方が左右で異なる
7)ガニ股やO脚である
8)立ったときに姿勢が前のめりになる
9)歩幅が狭くなった
10)あぐらをかけなくなった



変形性股関節症の治療は3つに大別され、
患者さんの年齢や疾患の進行度に合わせて判断することになります。

①「保存療法」
・手術を行わず、痛みを抑えて進行を予防する。
・症状が進行すると、効果はあまり期待できない。


②「骨切り術」
・患者さん自身の骨を活かして関節を温存する手術。
・関節軟骨が残っている方が治療成績は良く、年齢も若い方が術後の回復も早いため、手術を決断するタイミングが重要。
骨切り術
(キアリ骨切り術)


③「人工股関節全置換術」
・金属製の人工股関節に置き換える手術
・病変部を切り取って人工関節に置き換えることで、痛みの消失が期待でき、関節機能も改善する。
・近年の人工股関節は、素材や形状の改良、手術方法の発展により、以前よりも耐久性が向上している(約20年以上)。
・手術後の合併症(感染や脱臼など)のリスクもかなり減っている。
・耐久期間(約20年)を越えて再置換術を受ける際の手術成績も向上している。
人工股関節



変形性股関節症は、
レントゲン写真で軟骨のすり減っている程度を確認し、進行度合いを判定しますが、
保存療法によって変形性股関節症が改善されたことを示すレントゲン写真は、
これまでほとんどありませんでした。

ところが、最近注目を集めているのが①保存療法です。

その治療法とは、ナント・・・・・

   『貧乏ゆすり(ジグリング)』!!


福岡県の柳川リハビリテーション病院で
保存療法の一環として導入したところ、
すり減った股関節の軟骨が再生し、
レントゲン写真上ではっきりとわかる改善例が続出。

股OA1

股OA2



この貧乏ゆすりという治療法のきっかけは、
手術後に股関節や膝関節の屈伸運動を自動的に行う
「CPM」というリハビリテーション機器とのこと。

CPMを考案したカナダの整形外科医ロバート・ソルター博士が、

『呼吸によって24時間休むことなく動き続ける胸郭の関節には変形性関節症が起こらない』

ということを発見。

動物実験を行った結果、
関節に負荷をかけない「小刻みな摩擦運動」が、
軟骨の再生を促すことを証明しました。


このことから、「貧乏ゆすり」という小刻みな摩擦運動が、
股関節の軟骨がすり減って狭くなったすき間(関節裂隙)を広げ、
長期的に変形性股関節症の症状を改善させる大きな可能性を秘めており、
今後の保存療法の中心になると期待され研究が進んでいます。


現段階でわかっていることは、
・治療方法としては、変形性股関節症の症状がある脚を貧乏ゆすりするだけ。

・足を乗せるだけで自動的に揺らしてくれる、自動貧乏ゆすり器『足ゆらマシン』が導入されている。
足ゆらマシン

・足ゆらマシンを1日2時間使用し、6か月~数年間継続すると、股関節の軟骨再生の効果が現れる。
痛みなどの症状ならば、2~3か月で消失する。

足ゆらマシン使用例

・足ゆらマシンは、過去に股関節の温存手術をし、再び悪化してきた患者さんにも有効である。

・股関節を構成する骨盤側の寛骨臼(おわん型のくぼみ)が浅かったり小さかったりする状態(臼蓋形成不全)の程度が軽い場合は、変形性股関節症の進行を食い止めることが可能。

・足ゆらマシンには、貧乏ゆすりによるマッサージ効果がある。

・「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉を伸縮させ、下半身に滞りやすい血液や水分の循環を改善し、脚の疲労回復や冷え性・むくみの改善も期待できる。

などなど。



その他、足ゆらマシンを活用した保存療法が推奨される理由として、
股関節の温存手術(骨切り術)を行う整形外科医が少なくなってきていることから、
早期に人工関節の置換手術を患者さんに勧めるケースが少なくない
という実情もあるようです。


人工関節の課題は、耐用年数が約20年のため、
早期(年齢が若いとき)に置換手術をすれば、
20年後に入れ替え手術を受ける可能性が高くなるという点です。

ですから、変形性股関節症の治療では、
自分の股関節をいかに長く維持できるかがとても重要になります。



すり減った関節軟骨を再生させるという注目の保存療法「足ゆらマシン」。

その効果をより高めるためのポイントがあります。

それは、日常生活の中で股関節にかかる負担をできるだけ減らすということです。

具体的な方法としては、

○重たいものを持たない
○体重を減らす
○歩く量を減らす
○走らない(ゆっくり歩く)
○洋式の生活(トイレなど)を取り入れる
○股関節のまわりを温める
○股関節に負荷のかからない靴を選ぶ


などがあります。


例えば、
・歩くときに杖を使うと、股関節の負担は約10~40%軽減し、変形性股関節症の進行を遅らせることができます。

・一般的な変形性股関節症の保存療法として、筋力トレーニングや水泳・水中歩行がありますが、筋力トレーニングは、股関節の周囲の筋肉を強化する運動となり、股関節に強い負荷がかかりますので注意が必要です。

では、筋トレーニングはやってはいけないのか?というと、そうではありません。

あくまでも股関節の痛みが取れてから、
起立・歩行障害や日常生活の改善のために行えばいいのです。

同様に、水泳や水中歩行は、
浮力によって股関節の負担は軽減できる効果はありますが、
進行方向に対する水の抵抗力が非常に大きくなります。
(水の密度は空気の約800倍とされていますので)

さらに、速く泳いだり歩いたりするほど水の抵抗が大きくなり、
ますます股関節に負荷がかかることになります。



【まとめ】
変形性股関節症の進行を防ぐためには、
日常生活で股関節にかかる負担を減らす工夫を取り入れながら、
足ゆらマシン(自動貧乏ゆすり器)を活用すれば、
最大限の効果が期待できるということになります。


80年とも90年ともいわれる人生の後半戦を、
快適にいきいきと充実して過ごすためには、
丈夫な下半身が必要なのです。

スポンサーリンク

関連記事

2015年春 花粉飛散予測 東日本は大量飛散?対策は?最新治療も

春は『花粉症』の人にはキツイ季節ですよね。 花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因で起こるア

記事を読む

OECDも『心の病』うつ病による経済損失に注目!発症予防が遅れる理由は?

世の中にはさまざまな病気や疾患がありますが、現在もっとも重要視されているのが、 『心の病』

記事を読む

あなたの『かかりつけ医』は信頼できますか?2つの判断基準とは?

あなたは『かかりつけ医』をお持ちですか? 高齢社会の日本においては、「持っている」と答える人は

記事を読む

大ピンチ?!介護保険制度の行き詰まり?国民は負担増大に耐えられるか?優遇政策で財政難を解消できるか?

日本で2000年に介護保険制度がスタートし、将来の恒久的な制度を目指して これまで試行錯誤を繰

記事を読む

肥満は伝染する? 同調圧力とは? これからの仲間づくりと関連が?チームアプローチとは?

『肥満は伝染する!』 ということを聞いたことがありますか? 実は、米国の研究者の調査で、

記事を読む

運動効果、認知機能改善、食事、肥満など高齢社会の間違った知識を変え、新たな情報を取り入れ、常識を更新しつづけよう!

寿命が延び、高齢化という社会現象を向かえた今、 いかにして『健康寿命』を延ばすか というのが誰も

記事を読む

スポーツで職場で学校でメンタルの強い人になる!習慣を変えるだけで人生が楽しく輝きはじめる!

近年、スポーツ分野だけでなく職場や学校などにおいても、 『メンタル』の強さ について耳にする機会

記事を読む

古代インド発祥のヨガで心臓病リスクを改善!有酸素運動と同じ効果の可能性

古代インド発祥の修行法である『ヨガ』は、 健康意識の高い人を中心に世界中に広がっていますが、 そ

記事を読む

高度肥満・超肥満の植え込み型装置の驚きべき効果!25%以上の体重減少も

「直近の33年間に肥満人口の比率を下げることに成功した国はない」 といわれるほど、世界中で肥満や体

記事を読む

男性更年期障害LOH症候群の原因は加齢やディレーラー・ストレス?症状や治療法は?

男性の更年期障害『LOH症候群』(加齢男性性腺機能低下症候群) というものをご存じでしょうか?

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑