*

日本人が発見!世界的に注目を集める『オレキシン』!ノーベル賞に一番近い『オプトジェネティクス』研究とは?解明が進む睡眠研究の最前線!

公開日: : 美容、健康、その他

人生の3分の1を占めるといわれる『睡眠』

睡眠2


このとても重要な睡眠に特化した研究施設があるのをご存じでしょうか?


【筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構】!!


機構長である柳沢正史氏は、睡眠の世界的権威といわれています。

柳沢氏2

しかし、その世界的権威をもってしても、
「なぜ睡眠が必要か?」
など睡眠機構についてはブラックボックスの状況だといいます。


とは言いつつも、世界的に注目を集める発見もしています。


それは、『オレキシン』!


オレキシンは、脳内の視床下部から分泌される神経伝達物質で、
脳内の覚醒中枢を活性化する働きがあり、
逆にその作用が弱まると相対的に睡眠中枢が強くなるなど、
睡眠・覚醒に深い関わりをもつことがわかっています。

151218_2152~0002



日本人の5人に1人が不眠症といわれ、
実際、睡眠に対して悩みを抱える高齢者は少なくありません。

多くの場合、
「寝床に入っても寝付きが悪い」
「薬を飲まないと眠れない」
「夜中に何度も起きてしまう」
などの症状を訴えます。

高齢者の睡眠

そして、「早く眠らないと・・・」「8時間以上は寝ないと・・・」という先入観から、
必要以上に長く寝床にいることになり、
「眠れない」という不安から、
逆に不眠の悪化を招いていることもあります。



睡眠に関する最近の研究では、
・不眠の不安をなくして寝付きをよくするには、
決まった時間に寝床に入るのではなく、
眠くなってから寝床に入る(眠くなるまでは寝床に入らない)。

・高齢になれば眠れる時間は減っていく
(65歳の平均は約6時間、75歳では5時間半程度)。

などがわかっています。


しかし、高齢者自身は、夜の早い時間から寝床に入り、
長く眠れないのは不眠症や何らかの病気ではないか
と悩んでいることが多いようです。



不眠の症状としては以下のようなものがありますが、
昼・夜どちらにも症状があれば注意が必要で、
場合によっては原因や病状に応じた治療も必要になります。

【夜間の症状】
・寝つきが悪い
・何度も起きる
・熟睡した感じがしない
・いびきをかいたり呼吸が止まったりする


【昼間の症状】
・強い眠気
・記憶力が落ちた
・イライラする
・だるい
・やる気が起きない



例えば、『不眠症』は症状が週3日、3か月以上続く場合に疑われます。

不眠症治療の柱は、「睡眠薬」「睡眠の習慣改善」の2つ。


睡眠薬は大別して4種類あります。

1)ベンゾジアゼピン系
2)メラトニン受容体作動薬
3)非ベンゾジアゼピン系
4)オレキシン受容体拮抗薬

このうち、近年登場した3)非ベンゾジアゼピン系は、
副作用や離脱症状が少ないとされています。


また、従来の睡眠薬は、脳全体の興奮を抑える作用があったのに対し、
4)オレキシン受容体拮抗薬である新薬(スボレキサント)は、
オレキシンによる覚醒信号をブロックすることで自然な眠りが促されるといいます。


睡眠薬は、使い始めて1~2か月で症状が改善し、
場合によっては服用をやめられる人もいますが、
慢性の不眠症に対しては少量の服用を長期間続けることも選択肢の1つになります。



睡眠の習慣改善については、以下のようないくつかのポイントがあります。

【快適に眠るための生活習慣のポイント】

(定期的な運動)
・適度な有酸素運動をする

(寝室の環境)
・音対策として絨毯を敷く
・ドアをきちんと閉め、遮光カーテンを使う
・寝室を快適な温度に保つ

(規則正しい食生活)
・空腹で寝ない(眠る前に軽食を取ると、睡眠の助けになることがあるが、脂っこいものや胃もたれするものは避ける)

(寝床での考え事)
・昼間の悩みを寝床に持って行かない
・翌日の行動の計画は翌日にする

などなど。



これまで睡眠については解明されていないことが多く、
ブラックボックスとさえ言われてきましたが、
オレキシンの発見により多方面への研究が進歩しつつあります。


なかでも、ノーベル賞に一番近い研究との呼び声の高い、
名古屋大学山中章弘教授が研究している
『光遺伝学(オプトジェネティクス)』!

山中教授

光を当てることでオレキシン神経細胞の活動を制御し、
その時の睡眠覚醒状態の変化について明らかにするものです。

光遺伝学の実験

この研究によって、オレキシンをコントロールすることで
睡眠コントロールができるようになる可能性があります。


また、今後のキーワードとして、
・「眠気」
・「睡眠量」
・「睡眠の質の調節」
・「体内時計」
などが挙げられていますが、
これらをコントロールするのは「遺伝子」であることはわかっています。

遺伝子

そして、この遺伝子をさらに解明することで、
個人の適切な睡眠時間がわかるようになるかもしれません。


例えば、体内時計に関わる遺伝子として『時計遺伝子』があり、
1人ひとりの体内時計の周期を測ることができます。

そのことによって、個人の睡眠障害・リズム障害の原因を
精密に診断することができるのです。



このように、私たちにとって欠かせない睡眠について解明が進むことで、
今後は睡眠障害と関連のあるさまざまな疾患の研究に拡がっていくことが期待されます。


睡眠と薄毛・抜け毛との関連についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1004.html


睡眠障害とスマホ・ゲーム機・パソコンとの関連についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/836.html


日本人の睡眠についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/818.html


脳機能と睡眠の関連についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/324.html


慢性的な睡眠不足とメンタルの関連についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/941.html

スポンサーリンク

関連記事

若年層の肥満で余命が8年、健康寿命が19年短縮!生涯リスクを捉え直そう

『肥満』になると、 心臓病や糖尿病になるリスクが大きくなるというのは、今や一般的に認識されています

記事を読む

no image

世界中の生物の絶滅危惧種がわかるレッドリスト

近年、日本を含め、世界各国で大規模な自然災害が頻発するようになっています。 これは、私たち人間

記事を読む

no image

気になる加齢臭を撃退するには食事・運動・清潔が重要!

以前、老化度のチェックをしましたが、老化が原因とされるものに『加齢臭』があります。 加齢臭は、

記事を読む

高齢者の腰痛では早期にレントゲンやCT、MRIなどの画像検査を行っても役に立たない?

前回、日本と米国の医療費の違いから、医療の在り方や捉え方などについて少し書きました。 一般

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォルシュ 出演 サリー・ホ

記事を読む

座っている時間が長いと体に悪い?がん、糖尿病、心臓病のリスクが高い?デスクワークが多い人の対策は?

やはり、「座っている時間が長いと体に良くない?」というのは、 どうやら本当のようですね。 以

記事を読む

シワ取りやワキガ、脳卒中の後遺症にも行われるボツリヌス菌治療の最新治療法は?心房細動に効果!

みなさんは 『ボツリヌス菌』 というものをご存知ですか? 「地球最強の毒素」を産生

記事を読む

ノルディックウォーキングと普通のウォーキングとの違いは?有酸素運動、筋力アップ、ダイエット効果が気軽にできる!

少しずつ暖かさを感じる季節になり、屋外での活動が心地よくなってきました。 これまでの寒い時期に

記事を読む

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

コーヒーをよく飲む人は、 ある病気にかかりにくい というのが最近話題になっています。 ある

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑