*

桑田真澄は連敗記録更新中の東大野球部の救世主となるか?

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 スポーツ関連

元読売巨人軍の投手であった桑田真澄氏は、東京6大学野球で「76連敗」という連敗記録更新中の東大野球部を、2013年から指導しています。

kuwata

同氏は、これまでの「野球界の間違った常識」を変えて、スポーツ医科学に基づく合理的な教え方をする指導者を増やし、子どもたちを大事に育てることで、日本の野球界を守っていく必要があるとしています。

その桑田氏が東大野球部の部員たちに行っている指導は、

①長い時間をかけて、気合と根性で多くの練習をこなせば強くなるという常識を疑うこと。

②自分の現状を正確に把握し、学ぶべき技術を選択し、必要な練習に気力と体力を集中させること。

だといいます。

桑田氏が現在の野球界に未だ残っている、「練習量と練習時間と気合と根性」というゆがんだ伝統を捨て去り、精神論に陥らず、自分の力量を冷静に把握し、合理的な練習に集中して取り組むことを提唱しはじめたのは、現役引退後に早稲田大学大学院で研究に取り組み始めたのがきっかけだと思っていました。

しかし驚くことに、同氏がPL学園の1年生で夏の甲子園で優勝した直後に、「1日3時間の練習」を提案し、怒った監督をも説得したというのです。

つまり、桑田氏は高校生のときから、野球界の間違った常識を鵜呑みにせず、自分の体を自分で微調整する能力や、思ったところに投げられる技術を身に付けるということに取り組んでいたわけです。

それが、体格に恵まれない同氏が、プロ野球選手として巨人軍や大リーグで活躍できたなによりの証拠です。

今後の野球界に変革をもたらすであろうこの桑田氏の指導方法は、他のスポーツ種目のみならず、学校をはじめとする教育の場面においても共通点があるのではないでしょうか。

桑田真澄
1968年、大阪府生まれ。
1986年にPL学園からドラフト1位で読売巨人軍入団。
2008年現役引退。
現在は野球解説者、野球指導者として活躍中。

スポンサーリンク

関連記事

日本男子バレー注目は『歴代NO.1の逸材』石川祐希ではなくセッター深津英臣!その理由は?

バレーボール・ワールドカップ2015が開催されていますが、 ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得し

記事を読む

往年のスニーカーが再流行!M1300、スタンスミス、カントリー、Kスイス、トレトン、パトリックなどオススメ!

最近、往年のスニーカーが再流行していますね。 スニーカーブームといえば、 1990年代にナイ

記事を読む

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。   し

記事を読む

テニスのデジタル化で楽しみながら上達する方法があります!

先の全米オープンテニスで、日本人初の準優勝を果たした錦織圭選手の大活躍で、一気に注目度が上がったテニ

記事を読む

全日本女子バレー宮下遥選手はカワイイ大型の天才セッターで大人気!気になる2つの弱点とは?

現在、ワールドカップバレー2015が開催されていますが、 全日本女子バレーボールメンバー中で、2人

記事を読む

錦織の師匠松岡修造カレンダー人気の理由は熱さ?ゴン中山との違い

現在はスポーツキャスターを務める松岡修造氏(47)の日めくりカレンダー、 『まいにち、修造!』(P

記事を読む

ブラジルW杯で贈られた時計はパルミジャーノ・フルリエのCBFモデルか?

今夏のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、 ブラジルサッカー連盟(CBF)が国際サッカ

記事を読む

GK川島選手がキャッチしたコロンビア人とのハーフ美女はこちら?

サッカー日本代表GKの川島永嗣選手が、9月10日に、自身のオフィシャルブログにて“電撃結婚”したこと

記事を読む

新生なでしこジャパン!ガーナ戦での楢本選手のゴールなるか?

アジア大会(韓国・仁川)は、9月15日から女子サッカーが他競技に先駆けて始まります。 今回は、

記事を読む

陸上100mで快挙!桐生祥秀が夢の9秒台で優勝!追風参考記録とは?

陸上短距離界で今最も注目を集める『桐生祥秀選手(東洋大)』がやりました! 3月28日、陸上のテ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑