*

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 クルマ、趣味など

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

新型デミオ

現在の国内市場では、コンパクトカークラスのハイブリッド車(HV)や、燃費や安全性をレベルアップした新型軽自動車が競合している中、マツダもすべてを刷新した期待の新型車を投入してきました。

新型デミオは、上級車にも採用している「魂動(こどう)」デザインを取り入れ、コンパクトカーながらも躍動感のある外観となっており、内装の上質感も高めました。

さらに今回、特に注目なのが排気量1.5リットルの小型ディーゼルエンジンの搭載車が登場することです。

燃費は軽油1リットル当たり30km程度となり、これは最高水準といえます。

しかし、このデミオには永遠のライバル車があります。

やはりホンダのフィットとトヨタのヴィッツは購入時に必ず検討するクルマではないでしょうか。

この競合車2台について、外観のデザインや走行・燃費性能、価格などを比較してみましょう。

まず、外観ですが、
フィットは現行モデルになってデザインが大きく変わり、シャープでかなりカッコよくなりました。
フィット

ヴィッツもモデルチェンジにより、1つ上のクラスのオーリスに似たシャープな外観になりましたが、あまり個性がなく今ひとつパッとしないデザインです。
ヴィッツ

走りについては、
前モデルのデミオでは、やや硬めのサスペンションでしたが乗り心地はとても良く、新型デミオもこれと同様のセッティングかと思われます。

フィットは、静かでフラットな走りですが、エンジンの高回転域でのホンダらしさもあります。

ヴィッツは、前モデルから大幅に変化したという印象は少なく、ややもたついた走りを感じました。

燃費については、
デミオのガソリン車が24km/Lで、前モデルよりもわずかに悪化していますが、これはボディが一回り大きくなったためと思われます。

フィットのガソリン車が26km/L、ハイブリッド車が36.4km/L、ヴィッツが25km/Lとなっています。

価格については、
新型デミオが約140万~約190万円の見込みですから、フィットやヴィッツよりも若干高めになりそうですが、クリーンディーゼル車であれば、燃費と軽油の燃料代を考えるとHV車とほぼ同等になるため、価格競争力もあるといえます。

スポンサーリンク

関連記事

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。 1月12日に開

記事を読む

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。 個人的にも、燃費がよ

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

使い勝手のよい小型SUV対決マツダCX-3vsホンダヴェゼル

今もっとも注目しているクルマがあります。 『マツダCX-3』 です。 クリ

記事を読む

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

平均寿命や健康寿命は延伸!高齢者の身体機能・認知機能も向上!でもクルマの運転能力には足りない!

最近、頻発している高齢ドライバーによる悲惨な交通事故。 人間の命の大切さには年齢は関係ありませ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑