*

認知症をよく理解するための9大法則1原則とは?パーソンセンタードケア?認知症介護の現実は?

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 美容、健康、その他

認知症の患者数は、日本全国で2012年の約462万人から、
2025年には700万人超(65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症)
という推計が出されています。




現在、医療分野においては、
認知症への対応は、薬物療法だけでは不十分であり、
リハビリテーションを含めた非薬物療法や
介護を的確に行うことも極めて重要であるとされています。


それは、認知症のほとんどが進行性疾患であり、
完治する可能性がきわめて低く、
単一の治療法では対応できない難知性疾患であるからでしょう。


なぜ治らないのか・・・・・?


認知症の1つである「アルツハイマー病」では、症状が現れるずっと前から、
原因となる「アミロイドβ」の蓄積が始まっているといわれています。

一般に、アルツハイマー病の症状発現は60歳以降とされていますが、
具体的には50歳ごろからアミロイドβの蓄積が認められると考えられています。




つまり、認知症の症状が現れたときには病状はかなり進行していて、
治療に取り組むには手遅れだということです。


では、どうすれば治る可能性があるのか・・・・・?


症状が出現する前の段階、いわゆる「未病」のアルツハイマー病をいかに見つけ出せるか、
そしてその段階で、開発中の薬物を用いていかにして発症を阻止できるか、
ということにかかっています。


要するに、「超早期発見・超早期治療」が今後の大きな課題といえます。


ちなみに、現在のアルツハイマー病の治療薬物は、
コリンエステラーゼ阻害薬など4種類ほどが「症状改善薬」
として有用性が認められていますが、根本的な治療薬ではありません。


さらに、それらの治療薬の効果についても、
患者や家族の満足度は決して高くはありません。


そんな根本的な治療薬の開発が期待される一方で、抗精神病薬を多用せず、
診療やケアのスキル向上を図り、対応していくことも重要とされています。


それでは、リハビリテーションや介護(ケア)などはどのようなレベルにあるのでしょうか?


考え方の基本は、 『パーソンセンタードケア』

つまり、認知症の患者本人を中心としたサポートで、
本人が見えている世界をその視点に立って理解してあげる必要があるということです。



【認知症の症状をよく理解するための9大法則1原則】

【第1法則】
記銘力低下、全体記憶の障害、記憶の逆行性喪失が認められるという記憶障害の法則。

【第2法則】
より身近な者に対して症状がより強く出るという、症状の出現強度に関する法則。

【第3法則】
自分にとって不利なことは認めないという自己有利の法則。

【第4法則】
正常の部分と認知症として理解すべき部分が混在するというまだら症状の法則。

【第5法則】
自分の言動や聞いたことはすぐ忘れるが、感情は残るという感情残存の法則。

【第6法則】
1つのことにこだわりつづけるというこだわりの法則。

【第7法則】
強く対応すると強い反応が返ってくるという作用・反作用の法則。

【第8法則】
全ての認知症の症状は老年期の知的機能低下の特性から理解・説明できるという法則。

【第9法則】
認知症の人の老化速度は非常に早く、
認知症高齢者の4年後死亡率は83%に及ぶという衰弱の進行に関する法則。

『1原則』
認知症の人が形成している世界を理解し、大切にし、
その世界と現実とのギャップを感じさせないようにするという介護の原則。



このように、認知症の症状は、記銘力低下や全体記憶の障害をはじめ、上記の9大法則などがあり、
それらに症状の重症度を加えると、驚くほど多彩な症状を呈します。


それに対し、『1原則』に示したような介護の原則というものを守り、
しっかりと対応できるかというと、かなりの無理があります!!


例えば、
「モノ盗られ妄想(誰かに自分の所有物を盗まれたという妄想)」の症状が出現すると、
倉庫を施錠するために錠前を購入してきます。

⇒そのうちに錠前を紛失します(どこに置いたのかわからなくなります)。

⇒そしてすぐに新しい錠前を購入してきます。

⇒「この前買ってきたばかりだから」と言っても、
「そんなもの買ったことはない!」と言い張り、怒り出します。

⇒この繰り返しですぐに数千円くらいの出費になります。


認知症においては、このようなことがさまざまなことについて発生しますので、
経済的な損失もかなり大きいことを理解しておく必要があります。


このような状況の中で、果たして
「認知症の人が形成している世界を理解し、大切にし、
その世界と現実とのギャップを感じさせないようにするという介護の原則」
をどれだけの人が実践できるでしょうか・・・・・?


医療従事者は、認知症患者と一緒に生活しているわけではありませんし、
仕事として接していますので、理想論のもとに優しく親切に対応することができますが、
毎日毎日とんでもないことの連続に付き合わされ、振り回される家族においては、
「いい加減にしろ!」という気持ちが強いといいます。


「治そうとするのではなく、本人と家族が穏やかに在宅生活を継続できるよう、
チームで支えていくのが認知症の医療である」


という素晴らしい理念が掲げられていますが、
日本全国で本当に実践される日がくるのを期待したいと思います。


高齢者の身体機能・認知機能の向上についてはコチラ↓↓↓

平均寿命や健康寿命は延伸!高齢者の身体機能・認知機能も向上!でもクルマの運転能力には足りない!



高齢社会の新常識(運動効果、認知機能の改善、食事、肥満など)についてはコチラ↓↓↓

運動効果、認知機能改善、食事、肥満など高齢社会の間違った知識を変え、新たな情報を取り入れ、常識を更新しつづけよう!



高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援についてはコチラ↓↓↓

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?


スポンサーリンク

関連記事

日本肥満症予防協会が2015年1月に設立!40~60歳の日本人男性では30%が肥満!

世界中で増え続けている肥満や体重過多 が大きな社会問題となっていますが、 食生活が欧米化している

記事を読む

新たな肥満治療薬となるか!藍藻レプトリングリアから抽出するヨシノンA

『肥満』は、心臓病や糖尿病のリスクを高め、 特に若年層においては、余命が最長で約8年、健康寿命が約

記事を読む

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォルシュ 出演 サリー・ホ

記事を読む

高層マンションでは3階以下に住む若い女性が助かり易い?ブルジュ・ハリファではどうなるのか?

世界一高い超高層ビルといえば、 2010年に開業したアラブ首長国連邦ドバイにある 『ブルジュ・ハ

記事を読む

no image

視覚障害者の点字受験がないのは、政令指定都市では熊本市だけ!

熊本市が身体障害者を対象にした職員採用試験について、視覚障害者による点字受験を認めていないことが明る

記事を読む

無動力の歩行支援機『アクシブ』!ロボットスーツと比べて実用性あり?その価格は?

噂の『アクシブ』を体験してきました! アクシブとは、 名古屋工業大学の佐野明人教授と今仙技術

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームを克服するには自分と向き合うことから

前回、日本ではあまり聞き慣れない『ナイスガイシンドローム』についてご紹介しました。 これが長く

記事を読む

統合失調症の簡易診断に頭皮の毛根細胞を活用して早期発見・早期治療が可能に!FABP4とは?

『統合失調症』という病気をご存じですか? 2002年までは、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう

記事を読む

高齢者の腰痛では早期にレントゲンやCT、MRIなどの画像検査を行っても役に立たない?

前回、日本と米国の医療費の違いから、医療の在り方や捉え方などについて少し書きました。 一般

記事を読む

no image

気になる加齢臭を撃退するには食事・運動・清潔が重要!

以前、老化度のチェックをしましたが、老化が原因とされるものに『加齢臭』があります。 加齢臭は、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑