*

世界で大注目の『SDGs』!達成するために必要なことは?世界を動かすためには?

今、世界中で大注目されている『SDGs』をご存知でしょうか?

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、

『持続可能な開発目標』のことです。

 

これには、すべての国連加盟国(193カ国)が2030年までに達成を目指すとしている

17分野にわたる目標が掲げられています。

 



 

その内容は、以下のとおり。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう 
 

SDGs原点は、

「このままでは2030年には次ぎの社会を考えられないかもしれない」

という危機感です。

その危機感を世界中が共有し、同じ目標のもとに活動する人が結びつく。

そして、その活動や結びつきの和が拡がることで

地球レベルの課題の解決にも近づけるというわけです。

 

 

しかし、2015年9月に国連でSDGsが採択されてから

1年半以上が経過したものの、まだまだ日本ではSDGsの認知度が低く、

実践している企業は欧米に比べてまだまだ少ないと言われています。

 

その理由として、

・SDGsが何かがよくわからないため、予算も仕組みも評価もない。

・社会課題の解決を目指すSDGsに対して、企業としてどのように取り組めばよいかわからない。

・SDGsは分野が広く、企業においてはすべての部署が関連し、かなり大がかりなものとなる。

・SDGsは国際的に重要な目標であるが、強制力のない国連の決議であるため、実行計画や規制もなく、企業にとってSDGsをやれば得なのか、やらないとリスクになるのかも分からない。

などが挙げられています。

 

つまり、まだSDGsの理解が進んでおらず、

多少は理解していても取り組み方が難しいうえに、

企業にとってのメリット・デメリットの有無も定かではないことから、

なかなか手を出せていないといった状況のようです。

 

 

実際に、SDGsについての調査結果を見てみると、

17の目標のうち、最優先課題とする目標については、

1位(前回5位)が「気候変動への対策(目標13)」

2位(前回4位)は「再生可能エネルギーの普及(目標7)」

となっており、喫緊の課題に直面しているという意識が高まっていることは確かです。

 

しかし現状はというと、

「社内の理解度が低い」と「社内での展開方法が未確定」が66%、

「社会的な認知度が高まっていない」が63%と、

依然としてどのように取り組むのか模索が続いており、

あまり進展していないといえます。

 

 

それもそのはず、専門家の意見やアドバイスなるものをみても、

・SDGsは超長期的な目標を設定しているため、その目標から逆算し、今から何をやるべきかを考え、イノベーションを起こす必要がある。

・これまでの日本では、CSR(企業の社会的責任)についてはある程度浸透し、会社の事業に併せて取り組む必要があると捉えられているが、企業にとっての利益の有無が定かではないSDGsをどのように落とし込めるかがカギになる。

・SDGsをうまく浸透させ、実践に持ち込んでいくことができれば、企業には新たな価値が生まれるし、改革をもたらすことができる。

・最近の企業における「資金調達」において、社会的価値に取り組む活動によって企業への投資を決めようという動きが出ている。

・若者が就職する際の企業選びにおいて、自分がその会社で何ができるか、自分の仕事がソーシャルアクションに結びついているかということに敏感になっていることから、SDGsに頑張って取り組む企業は、若者も引きつける可能性が高い。

・SDGsは、先進国に住む私たち一人ひとりに関係する課題であるため、企業人がまず「自分事」として捉え、消費の仕方やライフスタイルなどに対して、生活者としての視点を持ち、子どもの未来の地球環境などを考えながら行動することで、SDGsに取り組むことができる。

・短期的には、人が行動を変革するための「インセンティブ」と「ペナルティ」が必要である。

・SDGsをやらないと乗り遅れる、という空気や仕組みを作ることが大事であり、SDGs的な商品が「標準」になることが望ましい。

・多くの場合、ビジネスの現場担当者にとって優先順位が高いのは利益であるが、目の前の課題を突き抜けることが将来的な利益にもつながるということを社内に浸透させることが重要である。

などなど、抽象的なアドバイスに留まっているのもまた事実。

 

まずは、SDGsを取り入れるビジネスは、搾取する「ゼロサム」ではなく、

むしろパイを広げ、みんなで持続的に繁栄しようする「プラスサム」であり、

そこには大きな可能性を秘めていることを理解する必要があります。

そして、その一歩を踏み出すきっかけを見つけるのは、

意外にも図体が大きくフットワークの重い「企業」ではなく、

今すぐにでも走り出せる「個人」ではないでしょうか。

そう考えると、私たち1人ひとりが「高い意識を持つ」ことが

早期に世界を動かす原動力かもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

肥満の仕組みや中性脂肪の役割を理解して動脈硬化性疾患を予防!食事療法や運動療法のポイントは?最新の肥満治療薬やさまざまなダイエット方法、動脈硬化を防ぐ意外な食べ物とは?

最近、肥満についての見解の1つに、 「肥満でも健康なら良い」 という考えが広まる傾向にありました

記事を読む

高層マンションでは3階以下に住む若い女性が助かり易い?ブルジュ・ハリファではどうなるのか?

世界一高い超高層ビルといえば、 2010年に開業したアラブ首長国連邦ドバイにある 『ブルジュ・ハ

記事を読む

no image

『抗糖化』というアンチエイジングをご存知ですか?

先日、「老化度チェック」の話をしましたが、最近、『抗糖化』によるアンチエイジングが注目されていますね

記事を読む

減塩と食物繊維を意識した健康な食事マーク付きの日本食がブームに

世界的に肥満や体重過多の人の数が増加していますが、ヘルシーな日本食を食べている私たち日本人であっても

記事を読む

コーヒー業界に押し寄せるサードウェーブって?

最近、コーヒー業界に新たな『サードウェーブ(第3の波)』が到来し、これまでよりもコーヒー競争が激化す

記事を読む

日本肥満症予防協会が2015年1月に設立!40~60歳の日本人男性では30%が肥満!

世界中で増え続けている肥満や体重過多 が大きな社会問題となっていますが、 食生活が欧米化している

記事を読む

あなたの『かかりつけ医』は信頼できますか?2つの判断基準とは?

あなたは『かかりつけ医』をお持ちですか? 高齢社会の日本においては、「持っている」と答える人は

記事を読む

シワ取りやワキガ、脳卒中の後遺症にも行われるボツリヌス菌治療の最新治療法は?心房細動に効果!

みなさんは 『ボツリヌス菌』 というものをご存知ですか? 「地球最強の毒素」を産生

記事を読む

『残業代ゼロ法案』?ただ働きか?時短労働か?

最近、「残業代ゼロ法案」なるものを耳にしますが、この正式名称は、『日本型新裁量労働制』というものです

記事を読む

最近の日本茶のトレンドは若者の心をつかむ芳醇な香り!

埼玉県日高市で、8年の歳月をかけて、甘いバニラの香りがする緑茶が誕生しました! お茶の名前は、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑