*

大ピンチ?!介護保険制度の行き詰まり?国民は負担増大に耐えられるか?優遇政策で財政難を解消できるか?

公開日: : 最終更新日:2017/06/28 社会問題など, 美容、健康、その他

日本で2000年に介護保険制度がスタートし、将来の恒久的な制度を目指して

これまで試行錯誤を繰り返しながら現在17年目を迎えていますが、

ここにきて行き詰まりが見えてきました・・・・・。

 

それはもちろん『財政難』です!

 

介護保険制度が始まった2000年度の介護保険費用は約3兆6千億円。

それが現在は、すでに10兆円を超え約3倍となっています。

 



 

さらに、団塊の世代がすべて75歳となる2025年度には

約20兆円を超す見通しとなっています・・・・・。

 

40歳以上の人が負担する保険料の額をみても、

現在の平均額5514円から8000円超に膨らむと見込まれています。

 

考えることが嫌になるくらい、とても恐ろしいことになりそうです・・・・・。

 

 

そこで、2018年度からある『優遇策』が始まります。

 

それは、

「高齢者の介護予防や状態の改善に取り組み、その成果があった自治体の交付金を増やす」

というもの。

 

そして、その手段として注目されるのが、

介護保険を使う際に必要なケアプラン(介護計画)をチェックする

『地域ケア会議』

といわれるもので、すでに設置している自治体もあり、実際に成果が出ているようです。

 

この優遇策については、今年5月に成立した介護保険法の改正法で決定し、

自立支援や重度化の予防に取り組む自治体には来年(2018年)度から

国からの交付金が優遇されることになりました。

 

その重要なポイントは、

「介護計画が高齢者の自立や重度化の予防につながっている」

という一定の効果が出ることが条件となっており、

この地域ケア会議の取り組みが広がることも期待されています。

 



 

ちなみに、今回の介護保険法などの主な改正ポイントは以下のとおりです。

1)現役世代並み所得の人の利用料の自己負担が2割から3割になる(2018年8月から)。

2)40~64歳の介護保険料が収入に応じた金額になる(2017年8月から)。

3)療養病床を『介護医療院』に転換する(2018年4月から)。

 

 

今回の国の最大の狙いは、『介護保険の財政難を解消する』ことにあります。

つまり、優遇策を導入することで自治体の取り組みを後押しし、

結果的に介護費用の抑制につなげるのが目的です。

 

 

【大分県の例】

・2012~2014年度の介護保険の給付費は、直近の3年間から17.2%拡大。

・地域ケア会議の設置により17.2% ⇒ 13%に縮小(104億円の給付費用の抑制効果)。

 

 

ただし、この優遇策については以下のようなさまざまな問題点も挙げられています。

・単に自治体間の要介護認定率の引き下げ競争となり、介護サービスの提供にあたり、本人不在の事態に陥る可能性がある。

・自治体や事業者が数値目標を追いかけるあまり、高齢者が意に反して自立支援のためのリハビリなどを強制されるなど、不適切なサービス提供につながるのではないか。

・事業者やケアマネージャーに競争を求めることになり、改善が見込めないケースに対してサービス提供を拒否したりする事案が出てくるのではないか。

などなど、決してあってはならないことが予測されます。

 



 

しかしながら、本来、介護保険の大きな目的の1つが『自立支援』であることから、

介護予防や重度化予防に努力し、できる限りの成果を上げることは

自治体や事業者の責務です。

 

ところが、現状はどうでしょうか・・・・・?

 

単なる規制緩和に乗じてさまざまな(全く関連のない)分野から『介護ビジネス』へと参入し、

しっかりとした理念や展望などを持たないまま利潤追求に走り、

介護保険を食いモノにしている事業者が多いのも事実です。

 

このような現状に対し、優遇策の導入は必然的な政策と受け止めざるを得ないのかもしれません。

 

 

なにはともあれ、今後、日本人が最も取り組まなければならないことは、

「介護保険にかじりつきたい」「介護保険料を支払っているのだから使わないと損」

という意識の変革ではないでしょうか・・・・・。

 

高齢社会の間違った知識、常識の更新についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/1308.html

スポンサーリンク

関連記事

薄毛や抜け毛など髪の悩みは深刻な問題!大切なヘアサイクルとは?頭皮の老化度チェックを

以前は中高年の男性に多かった髪の悩み(薄毛、抜け毛、ボリューム不足・・・など)が、 現在では若い世

記事を読む

超ヘルシーなイスラム・中東の伝統料理フムス

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、 イスラムの戒律で認められたものであることを

記事を読む

新たな肥満治療薬となるか!藍藻レプトリングリアから抽出するヨシノンA

『肥満』は、心臓病や糖尿病のリスクを高め、 特に若年層においては、余命が最長で約8年、健康寿命が約

記事を読む

ノルディックウォーキングと普通のウォーキングとの違いは?有酸素運動、筋力アップ、ダイエット効果が気軽にできる!

少しずつ暖かさを感じる季節になり、屋外での活動が心地よくなってきました。 これまでの寒い時期に

記事を読む

糖尿病の方に朗報!『食べる順番ダイエット』の驚くべき効果!最初に何を食べるかで食後高血糖が改善する?

「『食べる順番ダイエット』が2型糖尿病患者の食後の高血糖を改善する!」 2010年にこれを発表

記事を読む

no image

気になる加齢臭を撃退するには食事・運動・清潔が重要!

以前、老化度のチェックをしましたが、老化が原因とされるものに『加齢臭』があります。 加齢臭は、

記事を読む

乳がん患者の生活の質(QOL)を向上させる『サバイバーシップ』とは?日本での普及に期待!

『サバイバーシップ』 というものを耳にしたことがありますか? 米国ではよく使われる用語ですが

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

他人事ではない介護保険料の大幅アップ!国民が大賛成する財源確保の方法とは?

先日、2018年4月からの『介護保険料』の見込み額が出ていましたが、 その額に驚きました・・・

記事を読む

地中海食は心臓病の予防や認知症の抑制以外に乳がんの予防効果も?最も効果的な地中海食の特徴は?

現在、日本人の死因の第1位は「がん(悪性新生物)」。 そのがん治療については、 免疫細胞治療

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑