*

あなたの『かかりつけ医』は信頼できますか?2つの判断基準とは?

公開日: : 社会問題など, 美容、健康、その他

あなたは『かかりつけ医』をお持ちですか?

高齢社会の日本においては、「持っている」と答える人は結構多いのではないでしょうか。

 

では、そのかかりつけ医は本当に信頼できますか?

と尋ねると、自信をもって「信頼できる」と答えられる人は

あまり多くはないかもしれません・・・・・。

 

では、何をもって信頼できるか否かを判断するのか・・・・・?

私は2つの判断基準を持っています。

 

1つ目は、『患者の顔を見て診察する医師であるか』です。

 



 

これは、以前はごく当たり前のことでした。

患者の顔をしっかり見て問診し、

聴診器を胸や背中に当てて心音や肺の雑音などを確認、

最後は口を開けて舌圧子による反射の確認や喉の炎症症状を診る、

といった一連の過程がありました。

 

もちろん医学の進歩に伴い、必要なこと、不要なことなど変化していきますが、

少なくとも患者の顔を見て、問診して、

患者の体に触れるというコミュニケーションがあり、

そこには患者の安心感が生まれていました。

 

ところが近年は、電子カルテの導入で手書きのカルテは無くなりつつあり、

医師は一心不乱にパソコンに入力し続けます。

 



 

患者が診察室に入ってきても、

全く顔を見ずにパソコン上の記載や画像を観ながら問診し、

患者の返答を聴きながらその情報をひたすらパソコンに入力。

 

特に問題ないと判断すると、「前回と同様のお薬を処方しておきます」

と言って診察は終了。

いわゆる『3時間待ち、3分診療』とわれるものです。

 

このような『患者を見ずに病気(データ)を診る』医療をどのように感じますか?

そこに、医師への信頼は生まれますか?

体調の急変など何かあったときに、そのようなかかりつけ医に頼ることができますか?

 

 

2つ目は、『薬を減らせる医師であるか』です。

 

高齢者はいろんな病気を抱えているため、多くの種類の薬を飲んでいます。

そして、年齢を重ねるごとにさらに病気が増え、

その症状に対してさらに薬が追加され、薬の種類・量はとどまることがない・・・・・

といった高齢者はたくさんいます。

 



では、枠内に入りきれないほどある診断名のうち、

症状が治癒・改善したものはないのでしょうか?

治った症状に対する薬は止めてもいいのではないでしょうか?

そもそも、以前来院したときに診てもらった症状は治っているのでしょうか?

 

患者の顔すら見ない、パソコン注視の医師は、

どこまで患者のことを把握しているのでしょうか?

 

高齢者の薬の種類・量が増えていく一方で減ることがない・・・

この状況は容易に想像できます。

 

徐々に定着しつつある『かかりつけ医』制度。

本当に信頼できるのか否か、今一度、

『患者の顔を見て診察する医師であるか』

『薬を減らせる医師であるか』

という視点で再確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

ところで、薬の処方については多くの問題があります。

 

1人の患者に多くの種類の薬が同時に処方されている状況を

『多剤処方(ポリファーマシー)』と呼び、

薬の種類が増えることで副作用が出やすくなることが問題視されています。

 

東京大学の研究では、

『常用薬が6種類を超えると副作用が出やすくなる傾向がある』

『5種類以上で転倒しやすくなる、消化器への影響で低栄養状態になるリスクが高まる』

ことなどが確認されています。

 

そのため、東京大学の秋下教授は、薬の処方の目安として、

『5種類程度に抑える』

ことを提案しています。

 

そのうえで、

・処方する薬の種類を減らせばいいという単純な問題ではなく、それぞれの患者に合った適正な処方を追求すること

・薬の効果と副作用のリスクの両方を検討し、服用する薬に優先順位を付けること

などの重要性を強調しています。

 

 

多剤処方については医療制度上の問題もあります。

 

高齢者の場合、持っていない診察券は『小児科』だけといわれるほど、

複数の病院に通って重複投与を受けているケースは少なくありません。

つまり、患者はそれぞれの専門分野の診療科を自由に受診できることから、

医師同士の情報の連携が難しく、結果として多剤処方になってしまいます。

 

 

多剤処方については、患者側の問題も考える必要があります。

・薬への依存心が非常に強い

・医療保険を活用して、医療機関で比較的安価に薬を入手できる

・認知症などによる薬の飲み忘れや、「薬を飲みすぎると体に良くない」という勝手な判断による飲み残しの問題

などが挙げられます。

 

特に、残薬については最近テレビでも取り上げられ、

その額は日本全国で年間に数百億円~数千億円ともいわれ、

医療費高騰の要因の1つであり社会的問題といえます。

 

結局のところ、適切な薬の処方を含む適切な医療の提供と、良質な医療の推進には、

国・医療従事者・患者それぞれの適切な対応が不可欠のようです。

スポンサーリンク

関連記事

ウイルスの脅威と恩恵 バクテリオファージやタバコモザイク

2014年が終わろうとしていますが、今年もまたさまざまなウイルス感染のニュースがありました。

記事を読む

2015年春 花粉飛散予測 東日本は大量飛散?対策は?最新治療も

春は『花粉症』の人にはキツイ季節ですよね。 花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因で起こるア

記事を読む

認知症をよく理解するための9大法則1原則とは?パーソンセンタードケア?認知症介護の現実は?

認知症の患者数は、日本全国で2012年の約462万人から、 2025年には700万人超(65歳以上

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

認知症に効果のある物質プラズマローゲン!臨床試験が始まり、健康食品の販売も

先日、認知症を改善させる可能性があるとされる物質、 『プラズマローゲン』 が取り上げられました。

記事を読む

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は世界的死因の第3位!発症リスクを3分の1低下させる健康的な食事とは?豊富に摂取したい6成分は?

『COPD』という略語をご存じでしょうか? COPDは、『慢性閉塞性肺疾患』という肺気腫や慢性

記事を読む

新たな肥満治療薬となるか!藍藻レプトリングリアから抽出するヨシノンA

『肥満』は、心臓病や糖尿病のリスクを高め、 特に若年層においては、余命が最長で約8年、健康寿命が約

記事を読む

今、世界が注目すべき人物はこの人!車いすのエクアドル大統領レニン・モレノ氏!

最近の不穏な世界情勢において、 各国の大統領や首相らの名前が連日メディアで取りざたされています

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームを克服するには自分と向き合うことから

前回、日本ではあまり聞き慣れない『ナイスガイシンドローム』についてご紹介しました。 これが長く

記事を読む

砂糖への課税は国民の健康対策として有効か?加糖飲料を減らせば糖尿病リスクが大幅に減る!

『国民の健康対策として、たばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求める』 厚生労働省の有識者

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑