*

これまでの常識を覆す長距離シューズが登場!過熱する『薄底VS厚底』論争

公開日: : スポーツ関連

寒さが本格的となる冬を迎え、ウインタースポーツに加えて、

各地でマラソン大会などのイベントも多くなってきます。

 

ところで、ランニングシューズの中でも、マラソンや駅伝の長距離選手たちが

どんなシューズを履いているかご存知ですか?

 

例えば、42.195kmを走るフルマラソンでは、

体への衝撃は凄まじいものがあります。

もちろん、トップアスリートのように超高速スピードになると、

さらに衝撃は高まります。

 

だから、当然ソール(靴底)が厚く、クッション性に優れ、

衝撃吸収能力が高いシューズが適していると思いきや、

実は真逆の『ソールが薄くてとにかく軽いモノ』というのが定番。

 

そこで、実際にアスリートの方に、

ソールの薄さの違いでシューズの軽さがそんなに違うのか尋ねたところ、

ごくわずかな重さの違いでも42.195kmを走破すると大きな違いが出る、

という返答でした・・・・・。

 

正直なところ、凡人の私にはあまりピンときませんでしたが、

実際に競技をやっているアスリートの答えですから、

やはりシューズのごくわずかな軽さでも重要だということです。

 

しかし、その選択は、

シューズの軽さを重視するため衝撃吸収力は犠牲にしている

ということで、本来はその両方の機能を満たしているシューズがいいのです。

 

そして、いよいよこの条件を満たすシューズがナイキから登場しました!

 

【ナイキ ズームヴェイパーフライ4%】



 

キャッチフレーズは

『キミの常識をうちやぶれ #厚さは速さだ』

となっています。

 

ナイキ ズームヴェイパーフライ4%について詳しくはコチラ↓↓↓

https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/running/fast

 

このシューズは、現在、世界の長距離界を牽引する

アフリカ出身のトップアスリート選手とともに研究開発が行われ、

日本の大学駅伝の強豪チームでも実験されており、

好タイムをたたき出しています。

 

ということで、昨年12月3日に行われた福岡国際マラソンや

今年1月2~3日の大学箱根駅伝に出場した多数の選手たちも履いていました。

 

 

福岡国際マラソン



 

大学箱根駅伝



 

もちろん、ナイキ・オレゴンプロジェクトに所属する

福岡国際マラソン3位の大迫 傑選手も履いていました。

力走する大迫 傑選手



 

ところが、箱根駅伝では、

大会新記録で4連覇を成し遂げた

青山学院大学の選手たちは『アディダスの薄底シューズ』

2位の東洋大学の選手たちは『ナイキの厚底シューズ』

ということで、結果だけでみると「やはり薄底シューズがいいのでは?」

という印象をもつ方も多いかもしれません。

 

しかし、今年の春以降、大学駅伝は、

青山学院大学、東海大学、神奈川大学の3強に加え、

1、2年生中心のチーム構成で箱根駅伝2位の東洋大学、

3位の早稲田大学、『新・山の神』の存在を漂わせる法政大学など、

まさに戦国時代の様相となると、「薄底優位」の印象もまた変わるはずです。

 

やはり、長距離選手の足部への衝撃による負担を考えると、

厚底かつ軽量という最新シューズに分があるように感じますが・・・・・。



 

いずれにしても、『薄底VS厚底』のシューズ論争はしばらく続きそうです。

 

以前、水泳界でも同様の論争がありました・・・・・。

「レーザーレーサー」という高速水着が注目を浴び、

良いタイムを出すには良い水着選びが重要

といった水着開発合戦が過熱した時期がありました。

 

これに対して、当時の北島康介選手が

「水着ではなく、選手の泳ぎに注目してほしい」

というコメントを発していたのを思い出しました。

 

あるゆる競技において、

良いパフォーマンスを発揮するためのツール選びはもちろん重要ですが、

やはり、アスリート自身に注目して競技(観戦)を楽しみたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

世界ランク1位ジョコビッチを倒して日本人初優勝へ!

日本中がテニスの話題ですごく盛り上がっていますね。 それもそのはず、全米オープンテニスで、錦織

記事を読む

GK川島選手がキャッチしたコロンビア人とのハーフ美女はこちら?

サッカー日本代表GKの川島永嗣選手が、9月10日に、自身のオフィシャルブログにて“電撃結婚”したこと

記事を読む

ブラジルW杯で贈られた時計はパルミジャーノ・フルリエのCBFモデルか?

今夏のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、 ブラジルサッカー連盟(CBF)が国際サッカ

記事を読む

奇策?愚策?巨人・阿部が捕手復帰!ベテランはケガ、イケメン若手は熱愛中?

まさに「苦肉の策」としかいいようがない。 巨人は今季から一塁手にコンバートされた阿部が「4番・

記事を読む

マイケル・J・フォックスが乗りこなす宙に浮かぶ乗り物が実現?ホバーボードとは?

マイケル・J・フォックス主演の人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観たことがありますか?

記事を読む

テニスのデジタル化で楽しみながら上達する方法があります!

先の全米オープンテニスで、日本人初の準優勝を果たした錦織圭選手の大活躍で、一気に注目度が上がったテニ

記事を読む

田中将大投手が肘の手術をしなかった最大の理由は?

右肘内側側副靭帯の部分断裂と診断され、リハビリを続けているヤンキースの田中将大投手。 本来であ

記事を読む

2014年ラグビー世界ランキングと日本代表選手一覧

現在(2014年9月)のラグビー世界ランキングは以下のとおりです。 1位 ニュージーランド

記事を読む

日本競泳のエース・萩野選手の復帰遅れは単にオーバーワークが原因ではない!アスリートがスムーズに復帰できないもっと深刻な根本的問題が?  

大変気になるニュースがあります。 日本競泳男子のエース・萩野公介(21歳、東洋大)選手が、

記事を読む

マイナー競技スポールブールで本気で日本代表を目指そう!

私たち一般人でも、明日から「日本代表」になれる可能性を持つ球技があります! それは、『スポール

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑