*

他人事ではない介護保険料の大幅アップ!国民が大賛成する財源確保の方法とは?

公開日: : 社会問題など, 美容、健康、その他

先日、2018年4月からの『介護保険料』の見込み額が出ていましたが、

その額に驚きました・・・・・。

 

介護保険制度は2000年にスタートしました。

 



 

介護保険サービス(デイサービスやヘルパーなど)の費用は、

1割が自己負担で、残りは40歳以上の人が払う『介護保険料』と『税金』で

半分ずつまかなっています。

 

このうち65歳以上の介護保険料は、

市区町村が利用されるサービス料を予想して3年ごとに決めることになっています。

 

今回、全国の県庁所在市などにおける、

2018~2020年度の介護保険料の月額(見込み)調査の結果は、

以下のような驚くべき結果に・・・・・。

 

◎介護保険料1位は大阪市(7927円)2位は那覇市(7055円)

で初の7000円台に(しかも大阪市は8000円目前・・・)。

 

◎引き上げ額については、1位が大阪市(1169円増)2位が東京都墨田区(1080円増)3位が熊本市(1060円増)など1000円以上の大幅アップ。

 

◎介護保険料最低額は、宇都宮市(5281円)で、最高額の大阪市との差は2646円もの開き

 

◎一方、保険料を据え置く自治体もあり、

東京都千代田区については唯一の引き下げ(400円減)を実現。

 

保険料の据え置きや引き下げの要因については、

『介護予防』などへの対策による成果と見ている自治体もあるとはいえ、

全体的にみると、介護保険サービスにかかる費用は毎年どんどん増え続け、

制度が始まった2000年度の3.6兆円から、2018年度には11.1兆円と

3倍以上に達すると予想されています。

 



 

もちろん、65歳以上の保険料も2000年度と比べると、ほとんどの自治体で倍増しています。

 

そして恐ろしいことに、

「団塊の世代」がすべて75歳以上になる2025年度の保険料については、

大部分の自治体が月額8000円以上になると見込んでいます。

 

 

そこで考えるのは、

これらの(さまざまな介護予防対策を行ったとしても)どうしても避けられない費用の財源を、どうやって確保するかということ。

 

一番手っ取り早い方法は、『国会議員と地方議員を今の半分にする』こと!

 

国会議員については、毎日のように何かしらテレビで取り上げられており、

本当に必要は人材はごくわずかであることはみなさんご存じのとおり。

 

地方議員については、少し前に、富山市議会の議員が政務活動費の不正問題で、

なんと14人が辞職するという異常事態がありました・・・。

 

しかし、こんなのは『氷山の一角』であることも国民はわかっており、

すべての自治体で調査して『膿を出し切ってもらいたい』と思っています。

 

この案については、おそらく国民のほとんどが大賛成のはずです・・・。

スポンサーリンク

関連記事

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

コーヒーをよく飲む人は、 ある病気にかかりにくい というのが最近話題になっています。 ある

記事を読む

坐骨神経痛は喫煙関連疾患!過去の喫煙者でも発症リスクが増大?

『喫煙は坐骨神経痛と腰部神経根痛の発症リスクを高める可能性がある!』 これは、フィンランドの研

記事を読む

高層マンションでは3階以下に住む若い女性が助かり易い?ブルジュ・ハリファではどうなるのか?

世界一高い超高層ビルといえば、 2010年に開業したアラブ首長国連邦ドバイにある 『ブルジュ・ハ

記事を読む

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォルシュ 出演 サリー・ホ

記事を読む

統合失調症の簡易診断に頭皮の毛根細胞を活用して早期発見・早期治療が可能に!FABP4とは?

『統合失調症』という病気をご存じですか? 2002年までは、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう

記事を読む

スマホ、ゲーム機、パソコン、テレビは睡眠や概日リズムに悪影響!就寝前の電子書籍も注意!

スマホなどの携帯電子端末やゲーム機、パソコン、液晶テレビなど に用いられる波長の短い光(ブルーライ

記事を読む

正月太り解消に即効性のあるデトックスダイエット、箸置きダイエット、一日断食など

1月も半ばが過ぎましたが、「正月太り」は解消できましたか? 年末年始はどうしても食べすぎてしま

記事を読む

地中海食は心臓病の予防や認知症の抑制以外に乳がんの予防効果も?最も効果的な地中海食の特徴は?

現在、日本人の死因の第1位は「がん(悪性新生物)」。 そのがん治療については、 免疫細胞治療

記事を読む

日本人が発見!世界的に注目を集める『オレキシン』!ノーベル賞に一番近い『オプトジェネティクス』研究とは?解明が進む睡眠研究の最前線!

人生の3分の1を占めるといわれる『睡眠』。 このとても重要な睡眠に特化した研究施設

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームを克服するには自分と向き合うことから

前回、日本ではあまり聞き慣れない『ナイスガイシンドローム』についてご紹介しました。 これが長く

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑