*

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

公開日: : 美容、健康、その他

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、

男性にも『更年期障害』があることは知られています。

 

そして近年では、

男性更年期障害 = LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)

という名称が使われるようになり注目が集まっています。

 



 

男性更年期障害(LOH症候群)は、

男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因であるとされており、

身体症状、精神症状、性機能障害3大症状が現れます。

 

具体的には・・・・・、

・新陳代謝が落ちる

・脂肪が増えやすくなる

・筋肉がつきづらくなる

・やる気がなくなる

・うつ状態になりやすくなる

・性欲がなくなる

などの症状が出現してきます。

 



 

うつ病や性腺機能低下症については、以下のような研究結果もあります。

 

【テストステロンの減少と精神症状の関連についての研究】

・40~65歳の中年男性を【うつ病群】と【健康対照群】に分けて、『性腺機能低下症』の割合を調べた。

・性腺機能低下症の発症頻度は【健康対照群】よりも【うつ病群】で有意に高かった。

 

つまり、このような男性更年期障害を防ぐためには、

男性ホルモンであるテストステロンの維持 が大変重要であるということです。

 

 

そもそもテストステロンの効果には以下のようなものがあります。

①筋肉の形成を促し、男らしい体になる

②加齢の衰えを防ぎ、いつまでも若々しくいられる

③生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防

④やる気が向上する(ドーパミンを分泌する)

⑤記憶力が上昇する

⑥女性にモテる

⑦性欲増強につながる

 

これらをみると、何がなんでもテストステロンの減少を防がなければなりません!

いや、むしろテストステロンをたくさん増やしたくなります!

 

そこで、テストステロンを増やす方法として以下のようなものがあります。

1.筋トレやストレッチをする

2.十分な睡眠をとる(睡眠の質を高める)

3.食事の充実

4.栄養素の補給(ビタミンD&亜鉛を摂取する)

5.アルコールの摂取量を控える

6.チャレンジ精神を持ち、男らしく振舞う(ポジティブに生きる)

7.適度な禁欲生活



 

以下のような興味深い研究結果もあります。

【姿勢の違いとホルモン分泌量の関連についての研究】

・男性をゴリラのように【胸を張った姿勢】と【前かがみの姿勢】の2群に分けて、ホルモンの分泌量を比較する。

・テストステロンは【胸を張った姿勢】群で有意に増加し、コルチゾール(ストレスホルモン)は有意に減少していた。

 

【日本の現状について】

日本国内で承認されているテストステロン製剤は、

特効性注射剤と一般用医薬品の軟膏のみとなっており、

処方できる製剤がきわめて限られているとのこと。

 

そうなると現状では、運動や姿勢の矯正、食事や睡眠など、

『日常生活の改善』という対策が最も効果的といえるのかもしれません。



 

 

LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)、ディレーラーストレスについてはコチラ↓↓↓

http://challenge-tt.xsrv.jp/727.html

 

心の病『うつ病』による経済損失についてはこちら↓↓↓

http://challenge-tt.xsrv.jp/736.html

 

スポンサーリンク

関連記事

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は世界的死因の第3位!発症リスクを3分の1低下させる健康的な食事とは?豊富に摂取したい6成分は?

『COPD』という略語をご存じでしょうか? COPDは、『慢性閉塞性肺疾患』という肺気腫や慢性

記事を読む

日本のがん生存率は胃がんや肺がんで高く白血病で低い

日本のがん生存率の高さが明らかになりました! これは、1995年~2009年の世界67カ国のが

記事を読む

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

コーヒーをよく飲む人は、 ある病気にかかりにくい というのが最近話題になっています。 ある

記事を読む

日本人が発見!世界的に注目を集める『オレキシン』!ノーベル賞に一番近い『オプトジェネティクス』研究とは?解明が進む睡眠研究の最前線!

人生の3分の1を占めるといわれる『睡眠』。 このとても重要な睡眠に特化した研究施設

記事を読む

若年層の肥満で余命が8年、健康寿命が19年短縮!生涯リスクを捉え直そう

『肥満』になると、 心臓病や糖尿病になるリスクが大きくなるというのは、今や一般的に認識されています

記事を読む

『健康社会宣言2015関西』の 内容は? 少子高齢化の日本における医療や介護の課題や対策は?

世界に類を見ない速さで少子高齢化が進む日本は、 ・医療の地域格差 ・少子化対策 ・介護問題

記事を読む

世界で大注目の『SDGs』!達成するために必要なことは?世界を動かすためには?

今、世界中で大注目されている『SDGs』をご存知でしょうか? SDGsとは、Sustainab

記事を読む

アイスバケツチャレンジの結果は?寄付金額は?良い影響はあったのか?新薬の開発は?何より大事なALSの早期発見のポイントは?

2014年の7月末からスタートした 『アイス・バケツ・チャレンジ(IBC)』 を憶えていますか?

記事を読む

日本肥満症予防協会が2015年1月に設立!40~60歳の日本人男性では30%が肥満!

世界中で増え続けている肥満や体重過多 が大きな社会問題となっていますが、 食生活が欧米化している

記事を読む

不良姿勢でのスマホ使用では頚椎に小学生並みの負荷が・・・

前回、スマホやパソコン、ゲーム機から発生する「ブルーライト」が、成人だけでなく小児の頭痛や睡眠障害、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑