*

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

公開日: : 最終更新日:2019/11/29 スポーツ関連


2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り上がりを見せたところですが、大盛況の2019ラグビーワールドカップ日本大会のように、世界中の人々を巻き込んで更なる盛り上がりを期待したいものです。




ところで、今後のオリンピックについては、商業化して本来の目的が見失われつつあることや、莫大な費用がかかることから開催地を希望する国が減ったことなどネガティブな要素があることはご存知のとおり。




とはいえ、これまでも様々な問題を乗り越え変遷を遂げてきたオリンピックに関する豆知識を少しまとめておきたいと思います。




問題1.近代オリンピックの競技で実際にあったものは?




1)チェス          2)綱引き          3)ブーメラン







答えは、2)綱引き。




1900年パリ大会から1920年アントワープ(ベルギー)大会までの5大会での正式競技(男子8人ずつの団体戦のみ)。 しかし、参加国が少なく、国ごとのルールの違いなど問題が多くその後は姿を消しました。




ちなみに、アントワープ大会の参加国は、ベルギー、イギリス、イタリア、オランダ、アメリカのわずか5か国で、結果は金メダルはイギリス、銀メダルはオランダ、銅メダルはベルギー。











問題2.1回のオリンピックで、最も多く金メダルを獲った選手は?




1)カール・ルイス     2)イアン・ソープ     3)マイケル・フェルプス







答えは、3)マイケル・フェルプス。




2008年北京大会で、競泳のマイケル・フェルプス選手(アメリカ)は個人5種目、リレー3種目に出場。全種目で金メダルを獲得し、オリンピック史上最多の8冠を達成した『水の怪物』。しかも8冠中7種目が世界新記録でした。











イアン・ソープ(オーストラリア)は、2000年シドニーオリンピックで5個のメダルを獲得した『水の超人』。











カール・ルイス(アメリカ)は、1984年ロサンゼルスオリンピックで4個の金メダルを獲得。















問題3.1964年東京オリンピックで、陸上男子100mでは9秒台で走った選手がいた?




1)はい      2)いいえ







答えは、1)はい。




陸上男子100m決勝で金メダルを獲得したボブ・ヘイズ選手(アメリカ)の優勝タイムは、世界タイ記録の『10秒0』(当時は10分の1表示)。 しかし、準決勝では、人類で初めて『10秒の壁』を破る『9秒9』をマーク(追い風5.3mの参考記録)。 国立競技場の電光掲示板に人類初の9秒台の数字が表示され、7万人の観客を熱狂させました。











問題4.最初にプロ選手が出場した大会は?




1)ソウル      2)バルセロナ      3)アトランタ







答えは、1)ソウル。




かつてはアマチュア選手に限定されていたオリンピック憲章から、1974年に「アマチュア」の文字が削除されました。 そして、最初にプロが参加したのは1998年ソウル大会の女子テニスで、シュテフィ・グラフ選手(当時、西ドイツ)が金メダルを獲得。




シュテフィ・グラフ選手といえば、1996年ウィンブルドン選手権の準決勝(対戦相手は日本の伊達公子)で、観客席から『結婚して!』という声援に対して『お金はいくら持ってるの?』と大声で返答し、会場を爆笑させたエピソードは有名。











問題5.2020東京大会の次の開催地は?




1)シカゴ      2)ナイロビ      3)パリ







答えは、3)パリ。




パリ大会は、1900年、1924年以来、100年ぶりの2024で3度目




ロサンゼルスも1932年、1984年につづき、2028年大会で3度目になります。




ちなみに、世界5大陸の中でまだ行われていないのはアフリカだけ。







以上、オリンピックについての豆知識はいかがでしたか?




今後もさまざまな問題や笑える・泣ける・感動のエピソードが生まれることでしょう。 2020東京オリンピックに期待しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりました。 (女子は3次リーグ

記事を読む

ラグビーW杯2015に挑むエディ・ジャパン!目指すは8強進出!

第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会が、2015年9月18日~10月31日に開催されます。

記事を読む

サッカーアジア杯素人目線のスタメン!鍵は武藤、乾、清武

サッカーのアジアカップが1月9日、オーストラリアで開幕します。 2大会連続5度目の優勝を狙う日

記事を読む

往年のスニーカーが再流行!M1300、スタンスミス、カントリー、Kスイス、トレトン、パトリックなどオススメ!

最近、往年のスニーカーが再流行していますね。 スニーカーブームといえば、 1990年代にナイ

記事を読む

46回全日本空手道選手権大会(新極真会)で躍動した19歳!

2014年10月25日(土)・26日(日)、第46回オープントーナメント全日本空手道選手権大会が開催

記事を読む

GK川島選手がキャッチしたコロンビア人とのハーフ美女はこちら?

サッカー日本代表GKの川島永嗣選手が、9月10日に、自身のオフィシャルブログにて“電撃結婚”したこと

記事を読む

田中将大投手が肘の手術をしなかった最大の理由は?

右肘内側側副靭帯の部分断裂と診断され、リハビリを続けているヤンキースの田中将大投手。 本来であ

記事を読む

これまでの常識を覆す長距離シューズが登場!過熱する『薄底VS厚底』論争

寒さが本格的となる冬を迎え、ウインタースポーツに加えて、 各地でマラソン大会などのイベントも多

記事を読む

角界を担うのはモンゴルの怪物逸ノ城と日本のホープ遠藤

両国国技館で開かれている大相撲秋場所で、注目を集める力士がいます! 身長192cm、体重199

記事を読む

陸上100mで快挙!桐生祥秀が夢の9秒台で優勝!追風参考記録とは?

陸上短距離界で今最も注目を集める『桐生祥秀選手(東洋大)』がやりました! 3月28日、陸上のテ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑