*

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 クルマ、趣味など

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。

斬新なデザインに加え、2輪でも3輪でもない異次元の乗り心地といわれると、どうしても気になってしまいます。

この『トリシティ』は、国内メーカー初の前2輪+後ろ1輪のいわゆる3輪バイクです。

トリシティ

3輪ゆえの安定性の高さはさることながら、前輪に左右独立したサスペンションを採用していることで、路面の凹凸にも安定した走行が可能となっています。

さらに、ヤマハが独自開発した Leaning Multi Wheel(LMW)機構により、コーナリングではスポーツバイクのように車体をスムーズに傾斜することができ、爽快な運転フィールを味わえるといいます。

その他にも、さまざまなこだわりが詰め込まれています。

・車体の前後重量配分は50:50とし、重量変動の大きい燃料タンクも重心近くに配置
・燃焼効率を高める燃料噴射システム
・ブレーキは前後連動の Unified Brake System(UBS)を搭載

などなど。

車体は、全長1905mm x 全幅735mm、シート高780mm、車重152kg。

エンジンは、125cc の水冷4ストローク SOHC 単気筒エンジン。最高出力は11PS。

WMTC モード燃費は38.8km/L。

価格はナント33万円(税抜き)!

注意すべき点として、『トリシティ』は3輪ですが、車両区分は原付二種となり、ヘルメット着用が義務付けられます。

当然、免許は小型限定普通二輪車免許以上が必要です。

ヤマハ『トリシティ』についてはコチラ↓↓↓
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/tricity/special/pc/index.html


ちなみに、海外メーカーの前2輪の3輪バイクでは、「ジレラ」や「ピアジオ」が有名ですが、
「ジレラ」は排気量が500ccで価格は125万円
ジレラ3輪

「ピアジオ」でも250ccで79万8000円、400ccで99万8000円
ピアジオ3輪

という大排気量で高価格。

まずは、お手軽価格で異次元の乗り心地を味わえる『トリシティ』を体験したいですね。

スポンサーリンク

関連記事

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光

記事を読む

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。 1月12日に開

記事を読む

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

記事を読む

小型SUVルノー・キャプチャーはどんなクルマ?価格は?乗り心地は?メンテ費用は?

最近、小型SUV市場が人気となっていますが、 例にもれず私も次の1台に考えていて、 先日から、競

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑