*

ラグビーW杯2015に挑むエディ・ジャパン!目指すは8強進出!

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 スポーツ関連

第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会が、2015年9月18日~10月31日に開催されます。

ラグビーの世界一を決める4年に1度の大舞台に、日本代表は8大会連続で出場します。

ラグビー日本代表

しかし、過去7度のW杯での日本の成績は、まるで悪夢のような結果に終わっています。

1勝21敗2分け。

1991年大会でジンバブエに勝利したのが唯一の勝ち星。

1995年大会のニュージーランド戦で喫した145失点は、今も大会記録となっています。

今回、「過去最強」との呼び声が高い「ジャパン」を率いるのは、国際的な名将であり親日家でもある、エディ・ジョーンズヘッドコーチ(HC)です。

エディHC

エディ・ジョーンズHCが2011年大会後に就任してからの日本の成績は、

ナント、通産23勝8敗。

2013年にはウェールズを、そして、今年に入りサモアと強豪を倒しています。

理由は、エディ・ジョーンズHCの明確な分析と戦略にあります。

・まず、賢くプレーする日本独自のラグビースタイルを構築する

・そのためには、日本選手の持ち味である「規律」、「技術」、「相手に捕まりにくい体の小ささ」、「粘り強さ」を生かす

・強い相手に勝つためには、足と頭の回転の速さで相手を上回り、ボール保持と陣地の奪い合いで優位に立つ

というもの。

そのうえで、「ジャパン」が目指すは初の8強進出。

日本にとって途方もなく高い目標設定といわれていますが、2019年に日本で開かれるW杯への機運を高めるためには、2015年大会で結果を残す必要があります。

「過去最強のジャパン」は、どのように世界に挑むのか、しっかりと見届けたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

サッカーアジア杯素人目線のスタメン!鍵は武藤、乾、清武

サッカーのアジアカップが1月9日、オーストラリアで開幕します。 2大会連続5度目の優勝を狙う日

記事を読む

奇策?愚策?巨人・阿部が捕手復帰!ベテランはケガ、イケメン若手は熱愛中?

まさに「苦肉の策」としかいいようがない。 巨人は今季から一塁手にコンバートされた阿部が「4番・

記事を読む

新生なでしこジャパン!ガーナ戦での楢本選手のゴールなるか?

アジア大会(韓国・仁川)は、9月15日から女子サッカーが他競技に先駆けて始まります。 今回は、

記事を読む

錦織の師匠松岡修造カレンダー人気の理由は熱さ?ゴン中山との違い

現在はスポーツキャスターを務める松岡修造氏(47)の日めくりカレンダー、 『まいにち、修造!』(P

記事を読む

46回全日本空手道選手権大会(新極真会)で躍動した19歳!

2014年10月25日(土)・26日(日)、第46回オープントーナメント全日本空手道選手権大会が開催

記事を読む

テニスのデジタル化で楽しみながら上達する方法があります!

先の全米オープンテニスで、日本人初の準優勝を果たした錦織圭選手の大活躍で、一気に注目度が上がったテニ

記事を読む

日本競泳のエース・萩野選手の復帰遅れは単にオーバーワークが原因ではない!アスリートがスムーズに復帰できないもっと深刻な根本的問題が?  

大変気になるニュースがあります。 日本競泳男子のエース・萩野公介(21歳、東洋大)選手が、

記事を読む

桑田真澄は連敗記録更新中の東大野球部の救世主となるか?

元読売巨人軍の投手であった桑田真澄氏は、東京6大学野球で「76連敗」という連敗記録更新中の東大野球部

記事を読む

マイケル・J・フォックスが乗りこなす宙に浮かぶ乗り物が実現?ホバーボードとは?

マイケル・J・フォックス主演の人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観たことがありますか?

記事を読む

これまでの常識を覆す長距離シューズが登場!過熱する『薄底VS厚底』論争

寒さが本格的となる冬を迎え、ウインタースポーツに加えて、 各地でマラソン大会などのイベントも多

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑