*

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 クルマ、趣味など

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ38』5両が、8月から東南アジアのミャンマーの国鉄で“第二の人生”をスタートさせていたことが判明しました。

ミャンマーの国鉄では、初のエアコン・自動扉付き車両として、現地紙の1面を飾る大ニュースになっているようです。

「キハ38形」といえば、市民の足として久留里線で頑張っていた旧型車両ですが、新型車両を導入するにあたり、JR東日本の路線から姿を消すことになりました。

この昭和の香り漂うキハ38形車両は、JR千葉支社が引退記念イベントを開催するほど人気があり、すでに「複数の私鉄から引き合いがあり、譲渡を検討している」というコメントを発表していました。

よって、鉄道ファンからは、近々日本のどこかの路線で、再び見られるようになる日がくると期待する声が上がっていました。

しかし、その姿を現した場所は、ナント、日本から遠く離れたミャンマーだったのです。

これにはJR千葉支社の担当者も、「まさかミャンマーで余生を送っているとは・・・」と意外なところでの活躍に驚いている様子。

ミャンマーでの雄姿は、白い車体に青と緑のライン、その下の青の3本ストライプという外観はそのままの状態。

キハ38

車内はというと、「優先席」「禁煙」などの表示や車両番号も残っていて、日本で走っていたころと変わらない姿で頑張っているようです。

ミャンマー市民の反応は、同国鉄初のエアコンと自動扉が付いた車両に、通常よりも約3倍も高い切符となっているにもかかわらず、車内は家族連れなどで満員のことも多いらしい。

というのも、同国では、扉は初めからついてないか、あったとしても手動式。また、車内の強い冷房は、暑さの厳しい国では極上のおもてなしだといいいます。

それに、日本語の表示をあえて消さずに残しているのは、高品質の日本製に価値を認めている証というから、私たち日本人としては嬉しい限りですね。

この車両は、ヤンゴン市中心部のヤンゴン中央駅を起点に運行されている「ヤンゴン環状線」で、今ではミャンマー市民の足となって元気に頑張っています。

スポンサーリンク

関連記事

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。 個人的にも、燃費がよ

記事を読む

海外ドラマ『刑事ジョー』に出てくるクルマも楽しみ!

9月17日(水)23:00~、海外ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』の第2話があります。 今

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e

記事を読む

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑