*

農業が変わる!これからは野菜を植物工場・養液栽培でつくる!

公開日: : 最終更新日:2015/01/31 イベント、ビジネスなど

今、農業のあり方が大きく変化してきています。

それは、野菜づくりを工場生産しようというものです。

ご存知のとおり、植物の成長に必須なものとして、光、二酸化炭素、水、無機養分、土があります。

植物は、光と二酸化炭素を用いて光合成を行い、糖類を生産します。

糖類や窒素など無機養分から有機化合物であるセルロースなどが合成されます。

水はそれらの働きを支える成長の原動力となります。

しかしこれらに対して、土は植物体を支えてはいるものの、土自体が吸収されることはなく、成長そのものには使われていません。

逆に、土壌に問題があったりすると植物生産に悪影響が出ることさえあります。

そこで、土を使わずに、作物を育てる方法が『養液栽培』といわれるものです。

養液栽培は、土の替わりに肥料を水に溶かした培養液を使いますので、施設(建物)内でも可能となります。

つまり、根の部分には適正な量の水と養分を、地上に出ている部には温度や湿度を調節し、光合成に好適な環境を提供できる「植物工場」が誕生することになります。

溶液栽培

そのメリットは、土壌病害や連作障害がなく、土づくりなどの作業も必要とせず、効率よく肥料や水の利用ができます。

さらに、天候や災害の影響に左右されにくく、農業事業の自動化や大規模化も比較的簡単にできるということがあります。


このような施設園芸(農業)の最も発達している国がオランダです。

あまり知られていませんが、九州と同じくらいの国土面積のオランダは、アメリカに次いで世界第2位の農業生産額を誇ります。

ナント、オランダのキュウリやトマトの単位面積あたりの収量は、日本の2~3倍にも達しています。

オランダがここ30~40年で飛躍的に収量を伸ばした要因は、土から脱却し、植物工場での農業を推進したことにあるわけです。

ちなみに、オランダのトマト、キュウリ、パプリカなどは、ほぼ100%が養液栽培による生産です。

日本では、ミツバの大部分が養液栽培であり、その他にもトマトやイチゴなどには養液栽培産のものがあります。

今後は、わが国でも土づくりから離れて養液栽培・植物工場が発展すれば、作物栽培に必要な要素を効率的に利用して、安全でおいしい野菜がたくさん供給されることになり、農業そのものの大きな発展にも繋がると期待されます。

スポンサーリンク

関連記事

no image

ド素人のハチミツ奮闘記1 養蜂の心構え

ひょんなことから『養蜂』をすることになりました。 これまでは全く異なる分野で仕事をしていました

記事を読む

日本の政治家はウルグアイ・ムヒカ大統領の感動スピーチを聞け!

税金を600~700億円も使うとされる第47回衆院選が公示されました。 与党は多数を利用して、

記事を読む

コーヒー業界に押し寄せるサードウェーブって?

最近、コーヒー業界に新たな『サードウェーブ(第3の波)』が到来し、これまでよりもコーヒー競争が激化す

記事を読む

ブルートゥースと歴史上の人物ハーラル1世との関係は?

『Bluetooth(ブルートゥース)』って何のことかわかりますか? パソコンなどのデジタルツ

記事を読む

no image

『長崎がんばらんば国体』の正式競技と公開競技の競技会場

スポーツの秋、10月12日(日)~22日(水)に、第69回国民体育大会『長崎がんばらんば国体』が開催

記事を読む

no image

ド素人のミツバチ奮闘記3 『8の字ダンス』

ミツバチが『8の字ダンス』をするって知ってますか? もちろん、養蜂とは全く縁がなく、ミツバチに

記事を読む

no image

大幅性能アップに驚愕!iPhone6と6プラスの注目ポイントは?

今、世間を騒がせているアップル製スマートフォンiPhoneの最新モデル「6」と「6プラス」。

記事を読む

世界文化遺産 富士山の登山は安全で快適になった!

昨年、富士山が世界文化遺産に登録されてから、富士山への登山者が急増したのはもちろんですが、全般的に登

記事を読む

世界のもっとも住みやすい都市ランキング 日本の3都市がTOP10入り!ほどよい福岡に注目!

2014年版『世界でもっとも住みやすい25都市ランキング』 (英・情報誌モノクル発表)によると、

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑