*

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 クルマ、趣味など

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。

このモデルはBMW初の前輪駆動を採用し、ファミリーユースをターゲットとしているようですが、ボディの大きさや形からみると、間違いなくメルセデス・ベンツBクラスをライバル視していますよね。

BMW2

2シリーズ アクティブ ツアラーの特徴は下記のとおり。

・ボディサイズが全長4350mm×全幅1800mm×全高1550mmとコンパクトで、一般的な機械式駐車場にも収まるサイズ。

・エンジンラインアップは2機種(MINI搭載エンジンと同様)のみ。
① 1.5リッター直列3気筒ターボ(最高出力136ps)に6ATを組み合わせた“218iアクティブツアラー、燃費は16.8km/L、価格は332万円。
② 2リッター直列4気筒ターボ(最高出力231ps)に8速スポーツATを組み合わせた4WDモデルの“225i xDriveアクティブツアラー M Sport”、価格は494万円。

その他
・FFレイアウトを採用していることで、広々とした居住空間を確保したのが特徴。
・リアシートは、前後に130mmのスライドが可能で、背もたれを40:20:40に分割してアレンジでき、最大1510Lまで拡大可能なラゲッジルームを備える。
・車線逸脱を警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを全車に標準装備。

2シリーズ アクティブ ツアラーについてはコチラ↓↓↓
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/2series/active_tourer/2014/showroom/index.html


ちなみに、メルセデス・ベンツBクラスの特徴は下記のとおり。

ベンツB

「Aクラスのロングホイールベース版」として登場したBクラスの現行モデルは、2代目へと6年ぶりにフルモデルチェンジし、ダイナミックなスタイリングに広い室内空間と優れた実用性をあわせもつ多目的コンパクトカーに生まれ変わりました。

・全長4365mm×全幅1785mm×全高1540mm

・オールアルミ製1.6L直4ターボと7速ツインクラッチミッションの組み合わせ。

・独自技術のBlueDIRECTテクノロジーや、アイドリングストップ機能などを搭載。

・燃費は16.4km/L、価格は299万円~447.4万円。


永遠のライバルといわれるメルセデス・ベンツとBMW。

Bクラスと2シリーズ アクティブ ツアラーは、ボディサイズや形状はよく似ていますし、スペックにも大差ありません。

こうなると、どちらを選択するかは好みの問題ということになるかもしれませんが、やはり気になるのは「走り」。

特に、BMW初の前輪駆動がどのような走りを提供してくれるのかがカギになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

記事を読む

使い勝手のよい小型SUV対決マツダCX-3vsホンダヴェゼル

今もっとも注目しているクルマがあります。 『マツダCX-3』 です。 クリ

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。 個人的にも、燃費がよ

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

no image

スウェーデンの名門サーブが破産!今後の提携先は?

スウェーデンの名門自動車メーカーであるサーブ(SAAB)が破産したというショッキングなニュース。

記事を読む

小型無人飛行機ドローン!有効活用までには脅威となる課題も?価格、性能は?

小型無人飛行機『ドローン』 が、何かと話題にのぼることが多くなりました。 登場した当初は、

記事を読む

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑