*

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 クルマ、趣味など

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、
マツダ『デミオ』
が選ばれました。

新型デミオ

JCOTYでは38台のノミネート車の中から、一次選考で上位10台に絞り、最終選考にて今年最も優秀なクルマが決定します。

当初から、マツダ デミオ、メルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『i3』の三つ巴の闘いになると予想されましたが、最後はデミオが逃げ切り、見事に栄冠を手にしました。

マツダの受賞は今回が5回目となります。

最多はホンダ11回、次にトヨタ9回、日産・三菱4回、スバル・フォルクスワーゲン1回となっています。

しかし、日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたクルマは、
「販売台数が伸び悩むことが多い」
というジンクスがあるともいわれています。

果たして、デミオの行方は・・・・・?

デミオについて詳細はコチラ↓↓↓
http://www.demio.mazda.co.jp/


ちなみに、過去の受賞車は以下のとおりです。

第1回(1980年-1981年)ファミリア(マツダ)
第2回(1981年-1982年)ソアラ(トヨタ)
第3回(1982年-1983年)カペラ/テルスター(マツダ/フォード)
第4回(1983年-1984年)シビック(ホンダ)
第5回(1984年-1985年)MR2(トヨタ)
第6回(1985年-1986年)アコード/ビガー(ホンダ)
第7回(1986年-1987年)パルサー/エクサ/ラングレー/リベルタビラ(日産)
第8回(1987年-1988年)ギャラン(三菱)
第9回(1988年-1989年)シルビア(日産)
第10回(1989年-1990年)セルシオ(トヨタ)
第11回(1990年-1991年)ディアマンテ(三菱)
第12回(1991年-1992年)シビック、シビックフェリオ(ホンダ)
第13回(1992年-1993年)マーチ(日産)
第14回(1993年-1994年)アコード(ホンダ)
第15回(1994年-1995年)FTO(三菱)
第16回:1995年-1996年)シビック、シビックフェリオ(ホンダ)
第17回(1996年-1997年)ギャラン/レグナム(三菱)
第18回(1997年-1998年)プリウス(トヨタ)
第19回(1998年-1999年)アルテッツァ(トヨタ)
第20回(1999年-2000年)ヴィッツ/プラッツ/ファンカーゴ(トヨタ)
第21回(2000年-2001年)シビック/シビックフェリオ/ストリーム(ホンダ)
第22回(2001年-2002年)フィット(ホンダ)
第23回(2002年-2003年)アコード/アコードワゴン(ホンダ)
第24回(2003年-2004年)レガシィ(スバル)
第25回(2004年-2005年)レジェンド(ホンダ)
第26回(2005年-2006年)ロードスター(マツダ)
第27回(2006年-2007年)レクサス・LS460(トヨタ)
第28回(2007年-2008年)フィット(ホンダ)
第29回(2008年-2009年)iQ(トヨタ)
第30回(2009年-2010年)プリウス(トヨタ)
第31回(2010年-2011年)CR-Z(ホンダ)
第32回(2011年-2012年)リーフ(日産)
第33回(2012年-2013年)CX-5(マツダ)
第34回(2013年-2014年)ゴルフ(フォルクスワーゲン)

スポンサーリンク

関連記事

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。 1月12日に開

記事を読む

本場イタリアのミッレミリアの日本版『ラ・フェスタ・ミッレミリア 2015 』芸能人も参戦!ショパールから2015年モデルも登場!

『ミッレミリア』 クルマ好きなら一度は出場してみたいと思う、 世界一美しいと称されるクラシッ

記事を読む

アルファロメオ渾身の1台4C!手が届くと思えないが最高のクルマ

アルファロメオ渾身の1台とされるミドシップ2シータースポーツカーの 『アルファロメオ 4C』。

記事を読む

小型無人飛行機ドローン!有効活用までには脅威となる課題も?価格、性能は?

小型無人飛行機『ドローン』 が、何かと話題にのぼることが多くなりました。 登場した当初は、

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

no image

スウェーデンの名門サーブが破産!今後の提携先は?

スウェーデンの名門自動車メーカーであるサーブ(SAAB)が破産したというショッキングなニュース。

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑