*

倉科カナの出身校熊本信愛女学院は独特の校則が有名

公開日: : スポーツ関連, 音楽、エンタメなど

今一番注目を集めているのは、大物独身俳優の竹野内豊(43)と熱愛中である女優・倉科カナ(26)の17歳差のビッグカップル。

元人気ファッションモデルと、朝ドラのヒロインの爽やかカップルといった印象ですね。

超イケメンでモテ男としても有名な竹之内が、40歳を過ぎても結婚しないことで、一体誰と結婚するんだ?とヤキモキしていたファンも多いはず。

それが、2012年に竹野内が主演したTBS系連続ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」で、倉科と共演したことがきっかけとなり交際に発展。

これまでさまざまな熱愛が噂された竹之内も、今回はゴールインしそうな雰囲気のようなので今後も要注目でしょう。

ところで、知名度からして竹之内はともかく、お相手の倉科カナとはどんな人なのか、今ひとつ知らないという方もいるのではないでしょうか?

それに、出身校である熊本信愛女学院高等学校がかなり独特の学校なのでご紹介。

倉科
倉科カナ(くらしな かな)※本名同じ。
1987年12月23日生まれ。熊本県熊本市出身。身長158cm。女優、タレント。
ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
熊本信愛女学院高等学校3年生の2005年、「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞。
同高校卒業後、本格的にタレント活動を開始。
2006年『ミスマガジン2006』でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開。
最近は女優としても活動。

倉科カナの元カレは、お笑い芸人の濱口優で、2008年夏から2011年末まで交際していた。


熊本信愛女学院高等学校について

熊本県熊本市中央区上林町にあるカトリック系の私立高等学校(中学校、幼稚園も併設)。

【年配OGの評価】
校則は厳しいが、きちんとした大人になる為の教育を受けることができ、学生は日本人の特徴を兼ね備えた大和なでしこといった印象。
また、校則が厳しいので、ほとんど遊びに出歩かなくなるため、両親も安心して見守ることができる。

【在学生および近年の卒業生の評価】
校則がもう少しまともなら、女子校らしく落ち着いていい学校だと思う。
校則がとにかく厳しい。校則はある程度必要だと思うが必要以上に厳しい。
髪を結ぶ高さ・種類まで決まっていた。
休日も街中では制服着用が義務づけられているらしく、すぐに同校の生徒とわかる。
女子高ならではのトラブルはあるものの、全体的に穏やかな学校生活であるが、女子ばかりで全然楽しくない
他校の男子学生との交際などについてもかなり厳しい。
校則を破ったら反省文を書かされ、授業以外は反省室で過ごす。

【部活動】
バレーボール部、陸上競技部、新体操部は全国レベルの強豪。
もちろん強い部活はかなり厳しい。

【進学実績】
特進クラスなどがあるが、レベルとしては中の上くらい。
私立大学(ごく一部は上智・青学・慶応など)への進学が多く、国立大学は少ない。
医学部への進学は3浪くらいは必要。

【アクセス】
熊本市の中心部にあり交通の便はいい。
中心市街地に近いが、校則が厳しので全く楽しめない。

【施設・設備】
とても古い学校であるが、きれいに清掃されていて気持ちがよい。
特にトイレを素手で(雑巾で)床拭きする伝統があるらしく、上靴のまま入れるくらい綺麗。

【制服】
現代の華やかな制服とは真逆で、キリスト教系にみられる伝統のデザインの紺色の制服。
年配OGは「清楚な感じ」と評価するが、一般的には「古臭くてダサい」といったイメージが強い。
近年、夏服は変更された。


その他の著名な出身者としては以下のとおり。

映美くらら – 女優、元・宝塚歌劇団月組トップ娘役
華鳥礼良 – 宝塚歌劇団星組娘役
真條まから – 宝塚歌劇団雪組男役
川上優子 – 元陸上競技選手、1996年アトランタ五輪女子10000m7位入賞
白垣里紗 – バレーボール選手、NECレッドロケッツ所属(2009-)
古賀紗理那 – バレーボール選手(在学中)、全日本入り


スポンサーリンク

関連記事

NHK政治家ネタ没に爆笑問題怒り心頭!情報時代のマスコミ不安

情報時代といわれる現代においては、とても不安な気持ちになる話ですね。 お笑いコンビの爆笑問題が

記事を読む

サッカーアジア杯素人目線のスタメン!鍵は武藤、乾、清武

サッカーのアジアカップが1月9日、オーストラリアで開幕します。 2大会連続5度目の優勝を狙う日

記事を読む

日本競泳のエース・萩野選手の復帰遅れは単にオーバーワークが原因ではない!アスリートがスムーズに復帰できないもっと深刻な根本的問題が?  

大変気になるニュースがあります。 日本競泳男子のエース・萩野公介(21歳、東洋大)選手が、

記事を読む

no image

テニス世界トップ選手の契約メーカー一覧

全米オープンテニスでの錦織選手の快挙に沸き立つ日本ですが、すでに錦織選手とジョコビッチ選手の契約メー

記事を読む

『進撃の巨人』映画のロケ地は軍艦島だけじゃない!知られざるロケ地は熊本?壮大な大自然が映像に

現在上映中の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』。

記事を読む

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り上がりを見せたところですが、大

記事を読む

テニスのデジタル化で楽しみながら上達する方法があります!

先の全米オープンテニスで、日本人初の準優勝を果たした錦織圭選手の大活躍で、一気に注目度が上がったテニ

記事を読む

マイケル・J・フォックスが乗りこなす宙に浮かぶ乗り物が実現?ホバーボードとは?

マイケル・J・フォックス主演の人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観たことがありますか?

記事を読む

ラッスンゴレライ面白い?小島よしお、レギュラーなどリズムネタ芸人は一発屋が多い

YouTubeで550万回以上視聴されるほどの大人気動画となっているのが、 謎のフレーズ『ラッスン

記事を読む

no image

新生アギーレ・ジャパン!ロシアWへの道

新生アギーレ・ジャパンとなったサッカー日本代表は、9月5日、札幌ドームで南米の強豪ウルグアイ代表と対

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑