*

レクサスRCは欧州車を超える国産スポーツクーペとなるか?

公開日: : 最終更新日:2015/01/10 クルマ、趣味など

レクサスが、新型スポーツクーペ「RC」を発売しました!

レクサスRCについて詳しくはこちら↓↓↓
http://lexus.jp/models/rc/


RCは、クーペ専用モデルというだけあって、かなり流麗なデザインが目を引きますが、ボディ剛性を高める工夫が随所に施されていることから、キビキビとしたスポーティな走りと上質な乗り心地の両立が期待できそうです。

RCフロント

エンジンについては、3.5リッターV6、2.5リッター直4ハイブリッドに加え、5リッターV8の超高性能モデルRC Fというラインラップ。

最近の特徴として、スポーツクーペといえども、ハイパワーに頼った走り重視というだけでなく、やはり燃費効率にも配慮したハイブリッドモデルを用意しているところはいいですね。

気になる価格は、RCが565万円~678万円、RC Fは953万円~1030万円となっていて、予想どおりかなりの高め設定。

外観は、クーペならではのデザインですが、決して嫌味のない洗練された雰囲気が、心地よいインパクトを与えています。

RCリア

内装も、レクサスらしく上品な室内空間となっており、ハードな走りでも快適で落ち着いたドライビングができそうな雰囲気が漂っています。

そして、レクサス車で初めて採用した「アンビエントイルミネーション」が、どんな室内演出をしてくれるのかも楽しみなところ。

スペックをみると、3.5リッターV6のRC350と5リッターV8のRC Fはともかく、一番気になるのは、2.5リッター直4にモーターを組み合わせたハイブリッドのRC300h。

スポーティな走りと23.2km/L(JC08モード)という低燃費を実現している点が素晴らしい!

レクサスRCは、走り・燃費・デザインのすべてにおいて、欧州車に優るとも劣らない国産スポーツクーペの重責を担う1台になりそうな気がします!

スポンサーリンク

関連記事

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割

記事を読む

小型無人飛行機ドローン!有効活用までには脅威となる課題も?価格、性能は?

小型無人飛行機『ドローン』 が、何かと話題にのぼることが多くなりました。 登場した当初は、

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑