*

女性が注目!今年のパンは『ブラン』ブーム!?

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 美容、健康、その他

最近、『ブラン』を素材に使ったパンが、ダイエットをしたいと考えている女性たちから注目されているようです。

そもそも『ブラン』とは何かというと、「小麦ふすま」といわれるもので、小麦粒の表皮部分のことです。

ですから、小麦粉を作るときには取りのぞかれるものなので、私たちが口にすることは大変少ないわけです。

しかし、今まで捨てられていたこの小麦ふすまには食物繊維と栄養がたっぷり含まれていることがわかりました。

小麦ふすまの成分についてみてみると、食物繊維の塊といえるほど豊富に含まれており、この食物繊維はセルロースとヘミセルロースという種類のもので、便秘予防や大腸ガン予防の効果があるといわれています。

さらにこれ以外にも、日本人に不足しがちな鉄分、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

また、小麦ふすまの特徴として、水分を吸収すると膨張するため、満腹感が得られ、ダイエット効果も期待できるといわれています。

食べ方については、小麦ふすまはそのままでも香ばしくて美味しいようですが、ヨーグルトに混ぜたり、小麦粉の代用として料理に加えたり、パンやお菓子に混ぜたりして、さりげなく摂取することができます。

というわけで、各製パンメーカーがこぞって「ブラン」を使用した新製品を投入し、糖質制限によるダイエッターを囲いこもうと意気込んでいます。

ちなみに、昨年の流行は、”高級食パン”でした。
セブン-イレブンの「金の食パン」、山崎製パンの「ユアクイーンゴールド」、ローソンの「ウチカフェブレッド」などなど。

そして今年は、健康を意識した「ブラン」シリーズがブームとなりそうです。

すでに2012年にブラン素材のパンを発売しているローソンにやや分があるかもしれませんが、各社ともダイエット効果があり、なおかつ、見た目も味も美味しいパンを出してくるにちがいありません。

「食欲の秋」を目前にして、消費者としては大変うれしい競争になりそうですね。

スポンサーリンク

関連記事

高度肥満・超肥満の植え込み型装置の驚きべき効果!25%以上の体重減少も

「直近の33年間に肥満人口の比率を下げることに成功した国はない」 といわれるほど、世界中で肥満や体

記事を読む

肥満の仕組みや中性脂肪の役割を理解して動脈硬化性疾患を予防!食事療法や運動療法のポイントは?最新の肥満治療薬やさまざまなダイエット方法、動脈硬化を防ぐ意外な食べ物とは?

最近、肥満についての見解の1つに、 「肥満でも健康なら良い」 という考えが広まる傾向にありました

記事を読む

地中海食でテロメアを長くして健康増進や長寿も

近年、『地中海食』が注目されていますね。 理由は、地中海沿岸諸国では、イギリスやドイツ、北欧な

記事を読む

正月太り解消に即効性のあるデトックスダイエット、箸置きダイエット、一日断食など

1月も半ばが過ぎましたが、「正月太り」は解消できましたか? 年末年始はどうしても食べすぎてしま

記事を読む

統合失調症の簡易診断に頭皮の毛根細胞を活用して早期発見・早期治療が可能に!FABP4とは?

『統合失調症』という病気をご存じですか? 2002年までは、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームはどんな人がなりやすいか?

『ナイスガイシンドローム』という言葉をご存知でしょうか? 心理療法医のロバート・A・グラバー氏

記事を読む

認知症をよく理解するための9大法則1原則とは?パーソンセンタードケア?認知症介護の現実は?

認知症の患者数は、日本全国で2012年の約462万人から、 2025年には700万人超(65歳以上

記事を読む

薄毛や抜け毛など髪の悩みは深刻な問題!大切なヘアサイクルとは?頭皮の老化度チェックを

以前は中高年の男性に多かった髪の悩み(薄毛、抜け毛、ボリューム不足・・・など)が、 現在では若い世

記事を読む

シワ取りやワキガ、脳卒中の後遺症にも行われるボツリヌス菌治療の最新治療法は?心房細動に効果!

みなさんは 『ボツリヌス菌』 というものをご存知ですか? 「地球最強の毒素」を産生

記事を読む

日本肥満症予防協会が2015年1月に設立!40~60歳の日本人男性では30%が肥満!

世界中で増え続けている肥満や体重過多 が大きな社会問題となっていますが、 食生活が欧米化している

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑