*

46回全日本空手道選手権大会(新極真会)で躍動した19歳!

公開日: : 最終更新日:2015/01/10 スポーツ関連

2014年10月25日(土)・26日(日)、第46回オープントーナメント全日本空手道選手権大会が開催されました。

この大会は、第11回世界大会日本代表第1次選抜戦ということもあり、代表を狙う選手たちにとっては特別な思いがあったと思います。

この大会を主催するのは、NPO法人全世界空手道連盟 新極真会です。

格闘技ファンの方ならお気づきのはずですが、極真空手については頻繁に名称が変更されています。

というのは、極真空手の創始者、故大山倍達館長の後継者問題でこれまで幾度となく分裂を繰り返してきました。

遺言書の正当性をめぐり商標権の使用を含めて裁判にまで発展した経緯があります。

今では分裂がさらに分裂という状況で、現在は第5回全世界空手道選手権大会王者の緑健児氏が代表理事を務める『新極真会』が本流となっているようです。


今大会の結果は以下のとおりです。

46回全日本空手大会1

優勝 島本雄二 (広島支部)
準優勝 入来建武(東京城南川崎支部)
第3位 加藤大喜(愛知山本道場)
第4位 亀山真(福岡支部)
第5位 山田一仁(兵庫中央支部)
第6位 前田勝汰(和歌山支部)
第7位 楠生剛(東京城南川崎支部)
第8位 前田優輝(和歌山支部)
敢闘賞:前田勝汰
技能賞:前田優輝

結果からみると、やはり有力選手が上位入賞といった印象です。

ただし、前回覇者で「重戦車」の異名をとる落合光星選手が敗れたのは波乱といっていいでしょう。

その落合選手を破った4位の亀山 真選手の活躍は素晴らしかったと思います。
まだ若い選手ですので、亀山選手の今後に要注目です。

落合選手VS亀山選手の試合はこちら(ビデオ後半から)↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=T6lwj4zDXFs#t=985

優勝した島本雄二選手は、非常に無駄の少ない効率的な試合運びだったと思います。
攻守にわたり島本選手らしさが出ていて、観ていても安心感がありました。

準優勝 入来建武選手は、突きと下段の蹴りを中心とした地味な攻撃ながら、常に前に出る強気な姿勢と落ち着いた試合運びは、とても19歳と思えない楽しみな選手です。

3位の加藤大喜は、今回も優勝には手が届きませんでしたが、常に上位入賞を果たしているのは立派だと思います。
試合内容も、加藤選手らしいしなやかな蹴りが多く見られ、観る者を楽しませてくれました。

強烈な突きから「マシンガン」と呼ばれた山田一仁選手は、以前のような勢いは無くなったとはいえ、30歳を過ぎてからの5位入賞は素晴らしいと思いました。

6位の前田勝汰選手と8位の前田優輝選手の兄弟は、相変わらず疲れを感じさせない怒涛の攻撃スタイルで、小柄な体格ながら重量級の選手に立ち向かう姿勢に感動しました。


世界大会では、体格的に有利なブラジル勢やロシア勢が台頭していますが、今大会を見る限りでは日本勢の優勝も大いに期待できるのではないでしょうか。

この素晴らしい選手たちをしっかり応援したいと思います。



スポンサーリンク

関連記事

田中将大投手が肘の手術をしなかった最大の理由は?

右肘内側側副靭帯の部分断裂と診断され、リハビリを続けているヤンキースの田中将大投手。 本来であ

記事を読む

no image

テニス世界トップ選手の契約メーカー一覧

全米オープンテニスでの錦織選手の快挙に沸き立つ日本ですが、すでに錦織選手とジョコビッチ選手の契約メー

記事を読む

GK川島選手がキャッチしたコロンビア人とのハーフ美女はこちら?

サッカー日本代表GKの川島永嗣選手が、9月10日に、自身のオフィシャルブログにて“電撃結婚”したこと

記事を読む

no image

世界ランク1位ジョコビッチを倒して日本人初優勝へ!

日本中がテニスの話題ですごく盛り上がっていますね。 それもそのはず、全米オープンテニスで、錦織

記事を読む

これまでの常識を覆す長距離シューズが登場!過熱する『薄底VS厚底』論争

寒さが本格的となる冬を迎え、ウインタースポーツに加えて、 各地でマラソン大会などのイベントも多

記事を読む

奇策?愚策?巨人・阿部が捕手復帰!ベテランはケガ、イケメン若手は熱愛中?

まさに「苦肉の策」としかいいようがない。 巨人は今季から一塁手にコンバートされた阿部が「4番・

記事を読む

体操世界選手権2014男子団体金メダルと内村の個人5連覇の行方は?

『体操世界選手権2014』が2014年10月7日(火)19:00から放送予定です。 開催会場は

記事を読む

桑田真澄は連敗記録更新中の東大野球部の救世主となるか?

元読売巨人軍の投手であった桑田真澄氏は、東京6大学野球で「76連敗」という連敗記録更新中の東大野球部

記事を読む

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。   し

記事を読む

サッカーアジア杯素人目線のスタメン!鍵は武藤、乾、清武

サッカーのアジアカップが1月9日、オーストラリアで開幕します。 2大会連続5度目の優勝を狙う日

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑