*

ナイスガイシンドロームはどんな人がなりやすいか?

公開日: : 最終更新日:2014/11/06 美容、健康、その他

『ナイスガイシンドローム』という言葉をご存知でしょうか?

心理療法医のロバート・A・グラバー氏によって提唱され、アメリカではもう何年も前から「ナイスガイシンドローム」という言葉が認知され、その治療療法も確立されているといいます。

日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、実は日本でも「ナイスガイシンドローム」の人は結構いるのではないでしょうか?


ナイスガイシンドローム(良い人症候群)とは、
簡単にいうと、他人を意識して、認められることに腐心する心理状態のことです。

つまり、自分の本当の心を抑え込み、「良い人を演じなければ愛されない」と思い込んでしまうことです。

一般的には、大人でもこどもでも男性に起きることが多く、このような心理状態が長くつづけば、人間関係が壊れたり、無気力やうつ状態へとつながるといわれています。

今まで「無理していた」ために、ある年齢になると突然無気力になったり、パニックを起こしたりするというわけです。


それでは、どんな人が「ナイスガイシンドローム」なのでしょうか?

特徴としては以下のようなものがあります。
1.自分の本当の気持ちを言わない。人との対立を避ける。相手のご機嫌ばかりを取る。
2.周囲から認められたいという気持ちが強いため、マズイことは隠してしまう秘密主義。
3.何か問題が起きても、いつか考えれば良いと思い、問題から逃げてしまう。
4.自分の要求をとおすのは悪いことだと考え、人にものを頼むことが出来ず何でも自分でやってしまう。
5.理想どおりに事が運ばないと、普段は良い人なのに家族などに対して突然機嫌が悪くなる時がある。
6.人の為に尽くしたりするのが好きな反面、自分も同じだけそうしてもらいたいと思っているので、人から見返りがないと不満に思う。
7.時々不満があまりにも積もると、それらを遠まわしに陰湿なやり方で発散してしまう。
8.いつもニコニコしているが、本気で怒るとすごく怖い。めったに怒らないのに、切れると止まらない。
9.隠れて何かにはまっている。どうしても辞められないものがある。
10.人とうまく付き合いができない。人から何か頼まれると断れずに引き受けるが、内心は嫌だと思っている。
11.問題を抱えた人と関わりたがる。人によく思われたいという気持ちが強いため、困ってる人に全力を尽くす。しかし家族に対してはそうでもない。
12.親しい人(家族、親戚)などとの間に問題がある。
13.性的に問題がある。

これらのうち、かなりの部分で思い当たるようであれば、「ナイスガイシンドローム」の可能性があります。

その他の特徴として、才能もあり、頭もよく、そこそこ成功している人たちの中に多く見られる傾向があるようです。

次回は、ナイスガイシンドロームの治療法についてご紹介します。



スポンサーリンク

関連記事

ウイルスの脅威と恩恵 バクテリオファージやタバコモザイク

2014年が終わろうとしていますが、今年もまたさまざまなウイルス感染のニュースがありました。

記事を読む

認知症をよく理解するための9大法則1原則とは?パーソンセンタードケア?認知症介護の現実は?

認知症の患者数は、日本全国で2012年の約462万人から、 2025年には700万人超(65歳以上

記事を読む

高度肥満・超肥満の植え込み型装置の驚きべき効果!25%以上の体重減少も

「直近の33年間に肥満人口の比率を下げることに成功した国はない」 といわれるほど、世界中で肥満や体

記事を読む

運動効果、認知機能改善、食事、肥満など高齢社会の間違った知識を変え、新たな情報を取り入れ、常識を更新しつづけよう!

寿命が延び、高齢化という社会現象を向かえた今、 いかにして『健康寿命』を延ばすか というのが誰も

記事を読む

古代インド発祥のヨガで心臓病リスクを改善!有酸素運動と同じ効果の可能性

古代インド発祥の修行法である『ヨガ』は、 健康意識の高い人を中心に世界中に広がっていますが、 そ

記事を読む

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は世界的死因の第3位!発症リスクを3分の1低下させる健康的な食事とは?豊富に摂取したい6成分は?

『COPD』という略語をご存じでしょうか? COPDは、『慢性閉塞性肺疾患』という肺気腫や慢性

記事を読む

減塩と食物繊維を意識した健康な食事マーク付きの日本食がブームに

世界的に肥満や体重過多の人の数が増加していますが、ヘルシーな日本食を食べている私たち日本人であっても

記事を読む

砂糖への課税は国民の健康対策として有効か?加糖飲料を減らせば糖尿病リスクが大幅に減る!

『国民の健康対策として、たばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求める』 厚生労働省の有識者

記事を読む

他人事ではない介護保険料の大幅アップ!国民が大賛成する財源確保の方法とは?

先日、2018年4月からの『介護保険料』の見込み額が出ていましたが、 その額に驚きました・・・

記事を読む

OECDも『心の病』うつ病による経済損失に注目!発症予防が遅れる理由は?

世の中にはさまざまな病気や疾患がありますが、現在もっとも重要視されているのが、 『心の病』

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑