*

ド素人のミツバチ奮闘記3 『8の字ダンス』

公開日: : 最終更新日:2015/01/31 イベント、ビジネスなど

ミツバチが『8の字ダンス』をするって知ってますか?

もちろん、養蜂とは全く縁がなく、ミツバチに興味のない私は初めて聞きました。

『8の字ダンス』とは、
朝、蜜を求めて巣を飛び立ち、様子を伺いに行く、いわゆる「偵察蜂」が戻ってくると、「蜜があった」ということを仲間に知らせるために巣の中で踊り始めるというものです。

どんな風な踊りで、何を表しているかというと、

・真上に踊る(上下方向に8の字に回る)場合、太陽の方向に飛んでいくと蜜があるということを示す(他にも飛んで行く方向次第で踊る方向も変わる)。

・回るスピードは蜜までの距離を示す(速く回れば距離は近く、ゆっくり回れば距離は遠い)。

・激しく踊る場合、蜜量の多い蜜源のことを示す。

・初めは数匹から始まり、そのうちに周りにいるたくさんの働き蜂も踊りだし、みんながその蜜源のことを知ることとなるらしいのです。

8の字ダンス

ホンマかいな?とにわかには信じがたい内容ですが、なんせこちらはド素人ですから、そんなことはないと否定する知識など皆無で、信じるしかありません。

ただ、ミツバチというのは大変賢い生き物であるということを考えると、別に不思議なことではないのかもしれません。

さらに、わかりやすい西洋ミツバチについては研究が進み、蜜源の場所が巣から100m以内と近い場合、踊りは8の字を描かず円のみを描くということです。

しかし、誰がどうやってこの8の字ダンスの意味を解釈したのか、そちらのほうが気になってきました(笑)。

スポンサーリンク

関連記事

『残業代ゼロ法案』?ただ働きか?時短労働か?

最近、「残業代ゼロ法案」なるものを耳にしますが、この正式名称は、『日本型新裁量労働制』というものです

記事を読む

本場イタリアのミッレミリアの日本版『ラ・フェスタ・ミッレミリア 2015 』芸能人も参戦!ショパールから2015年モデルも登場!

『ミッレミリア』 クルマ好きなら一度は出場してみたいと思う、 世界一美しいと称されるクラシッ

記事を読む

怪しいのはキュレーションサイトだけじゃない!メディアの情報を鵜呑みにしない!正しい認識をもって捉えよう!

DeNAが運営する「キュレーションサイト(情報まとめサイト)」が、 他のサイト記事のパクリ記事であ

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

コーヒー業界に押し寄せるサードウェーブって?

最近、コーヒー業界に新たな『サードウェーブ(第3の波)』が到来し、これまでよりもコーヒー競争が激化す

記事を読む

あなたのキャリア・アンカーはどのタイプ?セルフチェックで満足できる働き方をゲットしよう!

近年、若者のさまざまな「働き方」が話題になりますね。 私たちの人生において、仕事が占める割合を

記事を読む

2016大人のクリスマスプレゼントはコレで決まり!絶対にハズさないモノとは?

今年もクリスマスが近づいてきましたが、もうプレゼントはお決まりでしょうか? 1年に1回の一大イ

記事を読む

養蜂業を壊滅させる蜂群崩壊症候群とは?ド素人のミツバチ奮闘記

ひょんなことから養蜂に取り組むことになったものの、全くのド素人のため何から手をつけていいのか全然わか

記事を読む

オリンピックとパラリンピック、健常者と障がい者、スポーツ義足など競技ツールの国際基準やルールなど考えるべきことは?

エンブレムや国立競技場問題で何かと話題に上る東京オリンピック。 本来、話題の中心となる

記事を読む

no image

ド素人のハチミツ奮闘記1 養蜂の心構え

ひょんなことから『養蜂』をすることになりました。 これまでは全く異なる分野で仕事をしていました

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑