*

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

公開日: : 最終更新日:2015/01/10 クルマ、趣味など

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残念ですね。

1999年に設立されたスパイカー(Spyker)では、マシンはハンドメイドで組立てられる2シーターのスポーツカーで、価格は1000万円以上。

スパイカー

F1やル・マン24時間レースにも参戦しています。

スパイカーは2010年にスウェーデンの自動車メーカー『サーブ』を買収して一躍有名になりましたが、その後は経営不振に陥り、厳しい経営状況であることは伝えられていました。

サーブについての記事はコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/17.html


ところで、日本では、オランダの自動車メーカーといわれてもあまりピンと来ない方が多いと思いますが、もちろんスパイカー意外にもいくつかのメーカーはあります。

『ドンカーブート(Donkervoort)』
ドンカーブート
オランダのクラッシックスポーツカーメーカーで、ロータス・スーパーセブンのレプリカを製造・販売。
このクルマはオープンカーですが、衝突安全基準をクリアしており、日本でも購入できます。

『ネッドカー(NedCar)』
オランダの乗用車メーカーで、一時はボルボやダイムラークライスラーとの提携もありましたが、現在は三菱自動車の傘下でコルト等の製造、販売を行っています。

『カーヴァー(Carver)』
Carver_One
「オートバイの乗り心地とクルマの安全性を兼ね備えた3輪車」というコンセプトで開発されたカーバーワンの製造メーカーです。

『ダフ(DAF)』
DAF
オランダのトラックメーカーで、現在はアメリカーのパッカーグループ。
主に中型・大型の各種トラックの製造、販売を行っており、パリ・ダカールラリーにも参戦しています。


次に、オランダのクルマの販売状況をみると、ほとんどが他国の自動車メーカーなんです。

ちなみに、2013年12月の状況をみると、以下の5社で50%を占めています。

三菱(日本)13.3%
フォルクスワーゲン(ドイツ)11.3%
ボルボ(スウェーデン)11.0%
ルノー(フランス)7.6%
トヨタ(日本)7.3%

それに対して、高級ブランドは全く売れていません。
ポルシェ、フェラーリ、マセラティ、ジャガー、ベントレー、アストンマーチン、ランボルギーニなどは0.0%です。

オランダ人は経済的で堅実な人が多いといわれますが、クルマの購入にもその特徴が出ているようです。

他にも
・オランダでは車にかかる税金が高いため、Cセグメントといわれる1600ccクラスの販売台数がもっとも多い。(日本で人気のやや大きめのワンボックスカーは、オランダではかなり高い。)

・オートマチック車は割高なため、マニュアル車が多い。

・オランダには山がなく、積雪もあまり無いため、4WD車の販売台数は少ない。
などなど。

スパイカーの苦戦は最初から見えていたのかもしれません・・・・・。

スポンサーリンク

関連記事

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

平均寿命や健康寿命は延伸!高齢者の身体機能・認知機能も向上!でもクルマの運転能力には足りない!

最近、頻発している高齢ドライバーによる悲惨な交通事故。 人間の命の大切さには年齢は関係ありませ

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割

記事を読む

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e

記事を読む

小型SUVルノー・キャプチャーはどんなクルマ?価格は?乗り心地は?メンテ費用は?

最近、小型SUV市場が人気となっていますが、 例にもれず私も次の1台に考えていて、 先日から、競

記事を読む

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。 個人的にも、燃費がよ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑