*

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

公開日: : クルマ、趣味など

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割を占めています。

その軽自動車の中でも、特に注目を集めているのがスズキ「ハスラー」。

ハスラー

まず、見た目がカワイイ!という意見はかなり多いはず。

9色のボディカラーにルーフ色を組み合わせたツートンカラーなど、
全部で11ものパターンから自由に色を選ぶことができ、
自分独自のクルマ感があるのは大きいポイント。

数々の賞を受賞するのもうなづけます。

ライフスタイルを前面に押し出す販売手法により、2014年1月の発売から予想を上回る売れ行きで、
軽自動車販売でスズキが8年ぶりに首位に返咲いた原動力となりました。


しかし、打倒ハスラーで各社が渾身の1台を投入してきています。

やはり今回も強力なライバル車の筆頭は、ダイハツ「ムーヴ・カスタム」。

ムーブカスタム

まず見た目が、ハスラーのカワイイに対して、かなりカッコイイ外観に仕上がっています。

価格はハスラーよりもやや高めの設定ですが、高機能を満載しており軽自動車の枠を超える高級路線の様相です。

女性好みのハスラーと、
男性好み・クルマ好きのムーヴ・カスタム
という棲み分けとなることも感じられます。

いずれにしても、小型普通自動車クラスの存在意義を脅かすことになるのではないでしょうか。

スズキ・ハスラーについての詳細はコチラ↓↓↓
http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ダイハツ・ムーヴカスタムについての詳細はコチラ↓↓↓
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/index.htm

スポンサーリンク

関連記事

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

平均寿命や健康寿命は延伸!高齢者の身体機能・認知機能も向上!でもクルマの運転能力には足りない!

最近、頻発している高齢ドライバーによる悲惨な交通事故。 人間の命の大切さには年齢は関係ありませ

記事を読む

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を

記事を読む

海外ドラマ『刑事ジョー』に出てくるクルマも楽しみ!

9月17日(水)23:00~、海外ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』の第2話があります。 今

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、 次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。 こ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑