*

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

公開日: : クルマ、趣味など

いよいよホンダは、10年ぶりに、
高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』
の量産モデルを世界初公開しました。

新型NSX

噂どおり、独自開発のハイブリッドシステムを採用し、
550馬力超という高出力でありながら低燃費を実現している点はスゴイ!

そのため、車体は炭素繊維やアルミ、超高強度鋼など複数の素材を使い分け、軽量かつ高剛性ボディに仕上げています。

気になる価格は15万ドル(約1800万円)と、
初代NSXからは2倍近くに高騰していることにも驚きました。

初代NSXは1990年に発売された本格的スポーツカーで、2005年の生産終了までに世界累計1万8000台超を販売しています。

発売当初、日本車としては超高価格にもかかわらず高い人気を誇り、バブル期の象徴ともいえるクルマです。

初代NSXについてのエピソードはコチラ↓↓↓
http://tt-challengemind.blog.so-net.ne.jp/2014-07-24-1

今夏に米国で受注を開始し、秋にも納入予定となっていますが、
ニュルブルクリンクにおける開発段階での炎上事故などをクリアした日本の名車は、
おそらく予想を上回る受注になることでしょう。

NSXの開発段階の炎上事故についての記事はコチラ↓↓↓
http://tt-challengemind.blog.so-net.ne.jp/2014-07-26


とはいえ、強力なライバル車の存在を無視することはできません。

『BMW i8』です。

BMW i8

やはりスーパーカーを思わせる流麗なスタイリングに、
世界初のハイブリッドシステム(カーボン・ファイバー製プラグイン・ハイブリッド)の搭載、
価格(約1900万円)などかなりの面で競合すると思われます。

さらにBMW i8といえば、
トム・クルーズ主演の映画『ミッションインポッシブル4ゴーストプロトコル』で、
BMW Efficient Dynamicsという名のコンセプトカーで登場し、近未来のクルマとして一躍有名になりました。

映画『ミッションインポッシブル5』の最新クルマ事情についてはコチラ↓↓↓
http://www.j-sd.net/missionimpossible-5-bmw/


モンスターレベルの550馬力を超えるNSXと、
それよりもややソフトな131馬力の電気モーター+231馬力の1.5リッター 直列3気筒ツインパワー・ターボ・エンジンのBMW i8のどちらを選択するかは、
男女のドライバーで分かれてくるのかもしれませんね。

BMW i8で学校に娘を迎えにくるお母さんが超クールと話題に↓↓↓
http://www.j-sd.net/bmw-i8-mother/

ホンダNSXの詳細についてはコチラ↓↓↓
http://www.honda.co.jp/NSX/

BMW i8の詳細についてはコチラ↓↓↓
http://bmw-i.jp/BMW-i8/

スポンサーリンク

関連記事

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光

記事を読む

小型無人飛行機ドローン!有効活用までには脅威となる課題も?価格、性能は?

小型無人飛行機『ドローン』 が、何かと話題にのぼることが多くなりました。 登場した当初は、

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

レクサスRCは欧州車を超える国産スポーツクーペとなるか?

レクサスが、新型スポーツクーペ「RC」を発売しました! レクサスRCについて詳しくはこちら↓↓

記事を読む

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

記事を読む

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。 1月12日に開

記事を読む

no image

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。 この4代目となる「ロー

記事を読む

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

本場イタリアのミッレミリアの日本版『ラ・フェスタ・ミッレミリア 2015 』芸能人も参戦!ショパールから2015年モデルも登場!

『ミッレミリア』 クルマ好きなら一度は出場してみたいと思う、 世界一美しいと称されるクラシッ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑