*

日本の自動車メーカーに問われる方向性や世界をリードする基準

公開日: : クルマ、趣味など

自動車メーカーの方向性はそれで大丈夫なのか、と不安を感じさせる残念なニュース。

1月12日に開幕した北米国際自動車ショーでは、
自動車メーカー各社が景気回復や原油価格の下落、低金利などを背景に、
燃費改善を強調しながらも高級化・大型化に注力していることが鮮明になりました。

環境性能で世界をリードするトヨタ自動車などの日本勢でさえ、
そろって大型ピックアップトラックを発表するなど、
電気自動車(EV)など省エネ次世代車の存在感は薄れがちな状況。

今回、高級車ブランド「レクサス」のスポーツ仕様セダン「GS F」が初公開されました。

GSーF

総排気量5000cc、550馬力のV型8気筒自然吸気エンジンとなると、いったい燃費はどれくらいなんでしょうか・・・?

地球環境を考えたときに、今後本当に必要なクルマなんでしょうか・・・?


2008年の金融危機以降、
北米市場をはじめ世界的に中小型・低燃費志向が強まり、EVや燃料電池車(FCV)の開発が進み、
自動車業界は地球環境にとって良い方向に進んでいると思われました。

少なくとも日本の自動車メーカーだけは、長い眼で見て正しい方向に進むはずだと大きな期待をしていました。

先日、トヨタ自動車が水素自動車に関する特許をオープンにするという懐の深さを示したこともあり、
今後は環境重視路線に大きく舵をきるものと思っていました。

ところが、その勢いが弱まりつつあるのではないか、と感じさせる今回の自動車ショーを豪華で華やかな雰囲気が戻ったとはとても思えません。

確かに、クルマ好きにとっては、大きな迫力あるクルマを力強い馬力でグイグイ走らせるのは、なんとも言えない気持ちよさがあると思います。

しかし、これからの時代は、そういう類の気持ち良さに代わる新たな気持ち良さを求めるべきだと思います。

先頭を走り、世界をリードできる日本の自動車業界は、今一度、今後の方向性を再考してもらいたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

no image

スウェーデンの名門サーブが破産!今後の提携先は?

スウェーデンの名門自動車メーカーであるサーブ(SAAB)が破産したというショッキングなニュース。

記事を読む

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。 個人的にも、燃費がよ

記事を読む

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、 次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。 こ

記事を読む

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました! 今

記事を読む

小型無人飛行機ドローン!有効活用までには脅威となる課題も?価格、性能は?

小型無人飛行機『ドローン』 が、何かと話題にのぼることが多くなりました。 登場した当初は、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑