*

4代目新型ロードスターはデザインも性能も文句ナシ!

公開日: : 最終更新日:2014/11/10 クルマ、趣味など

ファン待望の新型マツダ・ロードスターが世界初公開されましたね。

ロードスター4代目

この4代目となる「ロードスター」は、最近のマツダのデザインコンセプトである「魂動(こどう)」と、世界に誇るテクノロジー「SKYACTIV技術」を盛り込んだ、魅力あふれるクルマに仕上がっているようです。

予想どおり、3代目と比較すると外観はかなりシャープでカッコよくなりました。

サイズについても、時代の潮流に乗ってダウンサイジングされ、歴代モデルの中では最も小型化されています。

新型ロードスターについてはコチラ↓↓↓
http://www.mazda.com/jp/stories/history/roadster/roadster_25th/?link_id=rsBnrArea


3代目と比較して、全長は80ミリ短い3915ミリ、全幅は10ミリ広げ1730ミリ、全高は10ミリ低い1230ミリ、ホイールベースは15ミリ短い2315ミリ。

1100キロだった重量は100キロ以上軽量化されているというから、これまでの「人馬一体の走り」にさらに磨きがかかっているにちがいありません。


初代ロードスターは、1989年に『ユーノス・ロードスター』という車名で発売。リトラクタブルライトを備えた小型の丸みのあるデザインは衝撃的でした。
初代ロードスター

当時のバブル期には、値引きゼロで毎日飛ぶように売れていたというのは有名な話。

2人乗り小型オープンスポーツカーとして世界一の販売台数記録は、ギネスブックに認定されています。


2代目は、ボディも排気量もやや大型化、中途半端なデザインとなり初代の魅力はなくなりました。
ロードスター2代目
クーペモデルを限定販売したものの、大した話題にもなりませんでした。
ロードスタークーペ


3代目になると、手動式だった従来のソフトトップに加え、電動のハードトップモデルが登場しましたが、当然、車重アップによる走りの軽快感は薄れました。
ロードスター3代目


今回の4代目に関する更なる話題は、マツダとイタリアの自動車大手フィアットが、この新型ロードスターをベースにスポーツカーを共同開発するというビッグニュース!

フィアットは独自のエンジンと車体デザインを採用して、傘下の有名ブランド『アルファロメオ』から発売する予定。

4代目ロードスターを早くナマで見たい!ところですが、発売は2015年になるようです。

また、ロードスターをアルファロメオ流にアレンジすると、どんなクルマに仕上がるのかも気になるところ。

いずれにしても、クルマ好きにとっては待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

関連記事

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

ボールウォッチと国境なき医師団の特別コラボ・ウォッチ!

この度、ボールウォッチ・ジャパン社と国境なき医師団(MSF)日本との特別コラボレーション・ウォッチが

記事を読む

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残

記事を読む

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割

記事を読む

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑