*

1日1個のアボカドで悪玉コレステロールを減らし動脈硬化や心筋梗塞を予防

公開日: : 美容、健康、その他

最近、『アボカド』が注目されていますね。

日本人は、サラダやサンドイッチ、ハンバーガー、巻寿司、パスタなどで食べることが多いですよね。


アボカド・クリームパスタのレシピについてはコチラ↓↓↓
http://cookpad.com/recipe/2379484


実は、アボカドの人気は2005年頃から急激に伸びはじめ、
日本の輸入果実の中でバナナ、パイナップルに次いで
3番目に輸入量の多い果実となっています。

なぜ、アボカド人気が高まっているかというと、もちろん「体にいい」からです。


世界的に最も多く栽培され、日本で売られているアボカドのほとんどを占めるのは、
メキシコ産の「ハス種」といわれるもので、
豊富な脂肪分を含むため「森のバター」や「バターフルーツ」とも呼ばれ、
果実の中でも最もカロリーがあります。

しかし、この脂肪分はほとんどがHDLコレステロール(いわゆる、善玉コレステロール)と呼ばれる不飽和脂肪酸で、
余分なコレステロールを全身の組織から肝臓へ回収する働きがあり、
血中コレステロールを増加させる心配が少ないのが最大の特徴です。

その他、ビタミンEも多く含まれています。


このような特徴から心血管に好影響をもたらしうる食品としてアボカドに着目し、
米・ペンシルベニア州立大学のチームが研究を行っています。

この研究では、
21~70歳(平均年齢45歳)の健康な過体重・肥満者(BMI 25~35)の男女45例を対象として、

①アボカドを含まない低脂肪食群
②アボカドを含まない中脂肪食群
③アボカド1日1個(約136g)を含む中脂肪食群(アボカド群)

の3種類の脂肪食群に分けて、
5週間摂取した後のコレステロール値などについて検討しています。


その結果、
・LDLコレステロール(いわゆる、悪玉コレステロール)の低下度は、アボカド群で最も大きかった。

・総コレステロールの低下度は、アボカド群で最も大きかった。

・LDLコレステロールの粒子数や粒子径が、アボカド群で最も減少した。

ことがわかりました。


LDLコレステロールは、
肝臓から全身の組織に運ばれ、
その量が多いと動脈壁に蓄積し動脈硬化を促進させるため、
進行すると脳卒中や狭心症、心筋梗塞などを引き起こす危険因子となります。

つまり、1日1個のアボカドを含む中脂肪食を5週間摂取した群では、
アボカドを含まない中脂肪食や低脂肪食を摂取した群に比べて、
悪玉コレステロールなどの脂質類の改善度が有意に(通常は95%以上の確率で)大きかったということになります。


同じような効果を示す食事としては、『地中海食』が有名ですよね。

テロメアを長くする『地中海食』についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/553.html


アボカド1個半程度で成人男子のビタミンEの適正量も摂取できるといわれていますが、
適切な収穫時期に収穫していない果実には脂分が少なく質の高くないものが多いので、
美味しい時期とされる3-9月くらいのものがいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

no image

『抗糖化』というアンチエイジングをご存知ですか?

先日、「老化度チェック」の話をしましたが、最近、『抗糖化』によるアンチエイジングが注目されていますね

記事を読む

日本は発酵食品大国!うまみや健康効果に世界が注目!歴史、気候風土、食文化もわかる!

2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録され、 一汁三菜が基本の「和食」に欠かせないのが

記事を読む

砂糖への課税は国民の健康対策として有効か?加糖飲料を減らせば糖尿病リスクが大幅に減る!

『国民の健康対策として、たばこ、アルコール、砂糖などへの課税強化を求める』 厚生労働省の有識者

記事を読む

あなたの『かかりつけ医』は信頼できますか?2つの判断基準とは?

あなたは『かかりつけ医』をお持ちですか? 高齢社会の日本においては、「持っている」と答える人は

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームはどんな人がなりやすいか?

『ナイスガイシンドローム』という言葉をご存知でしょうか? 心理療法医のロバート・A・グラバー氏

記事を読む

no image

視覚障害者の点字受験がないのは、政令指定都市では熊本市だけ!

熊本市が身体障害者を対象にした職員採用試験について、視覚障害者による点字受験を認めていないことが明る

記事を読む

スポーツで職場で学校でメンタルの強い人になる!習慣を変えるだけで人生が楽しく輝きはじめる!

近年、スポーツ分野だけでなく職場や学校などにおいても、 『メンタル』の強さ について耳にする機会

記事を読む

近年注目のコーヒーの健康への影響は?有名大学の研究結果は信頼できる?

近年、コーヒーの健康への影響について、 さまざまな記事を目にすることが多くなりましたが、 実際の

記事を読む

no image

急速に高齢化が進む日本!あなたの老化度はどの程度?

日本全国の100歳以上の高齢者が、ナント過去最多の5万8820人に上ることが、厚生労働省の調査でわか

記事を読む

地中海食は心臓病の予防や認知症の抑制以外に乳がんの予防効果も?最も効果的な地中海食の特徴は?

現在、日本人の死因の第1位は「がん(悪性新生物)」。 そのがん治療については、 免疫細胞治療

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑