*

うつ病代替療法ホメオパシーやヨーガの課題は長期効果、再発予防効果、単独効果など

公開日: : 美容、健康、その他

現代のストレス社会では、世界の5人に1人が心の不調を抱えていて、
その代表的な心の病である『うつ病』については、
日本人の13人に1人が生涯のうちに経験するといわれています。

うつ病の治療は大変難しく、「薬物療法」が中心ですが、
薬の用量や種類の増加、治療の長期化などが問題となっているのが現状です。


そこで最近は、薬に頼らない『精神生理学的ストレスケア』が注目されつつあります。

例えば、
「認知行動療法」
「栄養療法」
「臨床アロマセラピー」
「ホメオパシー」
「ヨガ療法」

などがそれに当たります。

ホメオパシーについては、
世界で最も多く(現在、80カ国以上で)用いられている相補・代替療法の1つで、
ほとんどの国では医薬品として認可され、従来の医療と統合的に用いられています。

ホメオパシーの作用については、
ホメオパシー薬の働きで、うつ病の回復に重要とされる「自己治癒力」を引き出す効果があります。

ホメオパシーによる治療過程の例としては、
①従来の治療薬はそのままでQOLが改善
②従来の治療薬の投薬量の軽減と終了
③ホメオパシー薬の終了
の3段階を経て回復し、治癒に至る過程が示されています。


また、ヨガ療法の可能性については、
ヨガにはストレス反応抑制作用があるとされ、
がん患者の抑うつ、不安などを改善することが明らかになっています。

特に、軽度~中等度のうつ病に関しては、
ヨガは有効であるとみられていますが、
一方で、長期的効果、再発予防効果、ヨガ単独での効果などについては不明な点も多く、今後さらなる検討が必要です。

ただし、ヨガを実践したうつ病患者からは、
・リラックスできる
・気持ちが前向きになる
などの感想が得られているのも事実なので、
ヨガは投薬などによりうつ病のコントロールをしながら、
補助療法として用いるのが効果的だと考えられます。


ストレス関連疾患に対するヨーガ利用ガイドについてはコチラ↓↓↓
(患者用)http://okat.web.fc2.com/yoga_client.pdf

(医療従事者用)http://okat.web.fc2.com/yoga_doctor.pdf


心の病「うつ病」の経済損失についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/736.html


うつ病のセルフチェックで早期発見・早期治療↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/451.html

スポンサーリンク

関連記事

ウイルスの脅威と恩恵 バクテリオファージやタバコモザイク

2014年が終わろうとしていますが、今年もまたさまざまなウイルス感染のニュースがありました。

記事を読む

糖尿病は認知症と関連あり!記憶を司る海馬への影響は?最近注目の筋膜リリースは糖尿病にも効果がある?

現代社会において、『糖尿病』と『認知症』という疾患名 を耳にする機会は大変多くなっています。

記事を読む

今、世界が注目すべき人物はこの人!車いすのエクアドル大統領レニン・モレノ氏!

最近の不穏な世界情勢において、 各国の大統領や首相らの名前が連日メディアで取りざたされています

記事を読む

1日3~4杯のコーヒーでがんや糖尿病を予防!妊婦の目安は? コピ・ルアクとは?

コーヒーをよく飲む人は、 ある病気にかかりにくい というのが最近話題になっています。 ある

記事を読む

『Choosing Wisely(賢い選択)』とは?日本版『絶対に受けたくない無駄な医療』 患者側も賢くなろう!

米国で医療の見直しを呼びかけるキャンペーンが広がっています。 『Choosing Wisely

記事を読む

脳トレだけじゃない!認知症や軽度認知機能障害の予防にはアートな余暇活動が効果的!年をとってからのパソコンにもチャレンジしよう!

高齢社会の日本において、 「認知症」が大きな社会問題 であることは国民の誰もが知るところです。

記事を読む

日本人が発見!世界的に注目を集める『オレキシン』!ノーベル賞に一番近い『オプトジェネティクス』研究とは?解明が進む睡眠研究の最前線!

人生の3分の1を占めるといわれる『睡眠』。 このとても重要な睡眠に特化した研究施設

記事を読む

新たな肥満治療薬となるか!藍藻レプトリングリアから抽出するヨシノンA

『肥満』は、心臓病や糖尿病のリスクを高め、 特に若年層においては、余命が最長で約8年、健康寿命が約

記事を読む

no image

世界中の生物の絶滅危惧種がわかるレッドリスト

近年、日本を含め、世界各国で大規模な自然災害が頻発するようになっています。 これは、私たち人間

記事を読む

高度肥満・超肥満の植え込み型装置の驚きべき効果!25%以上の体重減少も

「直近の33年間に肥満人口の比率を下げることに成功した国はない」 といわれるほど、世界中で肥満や体

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑