*

往年のスニーカーが再流行!M1300、スタンスミス、カントリー、Kスイス、トレトン、パトリックなどオススメ!

公開日: : スポーツ関連

最近、往年のスニーカーが再流行していますね。

スニーカーブームといえば、
1990年代にナイキ「エア・マックス」が爆発的な人気となり、
一時は中古品が10万円以上で取引されたり、
エア・マックスを履いている人が集団に襲われるような時代もありました。
エアマックス


今回のスニーカーブームに乗り遅れまいと、各メーカーが「復刻版」を市場に投入しています。

「復刻版」は当時のデザインを基調としたうえで、現代風にアレンジされたものですが、これがまた新鮮な感じでいいですね。


今回最も注目を集めているスニーカーは、
ニューバランス『M1300』
です。
M1300
このスニーカーはとにかく人気が高く、
その履き心地は「スニーカーのロールスロイス」と称されるほどです。

ちなみに、価格も3万4560円(税込)とロールスロイス並みの超高額なんです。

しかしながら、
1995年から5年おきに復刻されていて今回が5回目の復刻となると、
やはりその人気は本物と言わざるをえません。


ここで、『M1300』について少しだけ説明。

・1985年にM1300のオリジナルが発売。

・ニューバランスの最上級モデルに与えられる1000シリーズの初代モデル。

・色は都会のアスファルトをイメージした「STEEL BLUE」と呼ばれるグレー。これがニューバランスを象徴する色となっています。

・衝撃吸収性に優れた「ENCAP(エンキャップ)」をソール部分に初採用。

・あまりの履き心地の良さから「雲の上を歩いているようだ」とファッション業界人の間で評判になりました。

・発売当時、日本で39000円という高価格でも有名に。

・今回の特徴は、シュータン(甲の部分)のラベルが、オリジナルモデルを忠実に再現しています。

・初めてレディース(23.0cm~、価格3万4560円)とキッズ向け(17.0~21.5cm、価格8424円)が販売されます。


ところで、今年のスニーカーブームのもう1つの特徴は、
「白」スニーカーが人気という点です。

いわゆる「定番」というヤツですね。

白スニーカーの王道といえば、やはり
アディダス「スタン・スミス」でしょう。
スタンスミス


アディダスの「カントリー」もカッコイイと思います。
カントリー


他にも,
「K-SWISS(ケースイス)」
Kスイス


「トレトン」
トレトン


「パトリック」

パトリック
パトリック2

などオススメです。

スポンサーリンク

関連記事

オリンピックとパラリンピック、健常者と障がい者、スポーツ義足など競技ツールの国際基準やルールなど考えるべきことは?

エンブレムや国立競技場問題で何かと話題に上る東京オリンピック。 本来、話題の中心となる

記事を読む

大胆予想!『平成の怪物』松坂大輔投手は中日ドラゴンズでかつての輝きを取り戻せるか?

平成30年1月23日、 松坂大輔投手(前ソフトバンク)が中日の入団テストを受けたナゴヤ球場は、

記事を読む

日本男子バレー注目は『歴代NO.1の逸材』石川祐希ではなくセッター深津英臣!その理由は?

バレーボール・ワールドカップ2015が開催されていますが、 ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得し

記事を読む

角界を担うのはモンゴルの怪物逸ノ城と日本のホープ遠藤

両国国技館で開かれている大相撲秋場所で、注目を集める力士がいます! 身長192cm、体重199

記事を読む

no image

第46回全日本大学駅伝に京都大学が42大会ぶりに出場!

11月2日、第46回全日本大学駅伝が開かれます。 コースは、愛知の熱田神宮~三重の伊勢神宮まで

記事を読む

全日本女子バレー宮下遥選手はカワイイ大型の天才セッターで大人気!気になる2つの弱点とは?

現在、ワールドカップバレー2015が開催されていますが、 全日本女子バレーボールメンバー中で、2人

記事を読む

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り上がりを見せたところですが、大

記事を読む

巨人のイケメン捕手はフジ女子アナと交際!正捕手争いの強敵は相川亮二捕手か?

今シーズンのプロ野球がいよいよ開幕します。 昨年は「カープ女子」のおかげで広島はかなり盛り上が

記事を読む

ラグビーW杯2015に挑むエディ・ジャパン!目指すは8強進出!

第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会が、2015年9月18日~10月31日に開催されます。

記事を読む

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。   し

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑