*

陸上100mで快挙!桐生祥秀が夢の9秒台で優勝!追風参考記録とは?

公開日: : スポーツ関連

陸上短距離界で今最も注目を集める『桐生祥秀選手(東洋大)』がやりました!

3月28日、陸上のテキサス・リレーが米テキサス州オースティンで行われ、
男子100メートル決勝で、追い風3・3メートルの参考記録ながら、
9秒87(速報タイム)
の好記録をマークして優勝しました!

ちなみに、追い風により加速とトップスピードが向上し、
一般に追い風1.0メートル毎秒で0.05秒から0.06秒の短縮が可能と言われるため、
追い風2.0メートル毎秒を超える場合は公式記録とはならず
「追い風参考記録」となります。

桐生選手は、2013年4月の織田記念陸上で、
高校生ながら日本歴代2位となる10秒01の記録をマークして以来、
日本人初の9秒台アスリートとして期待されるようになりました。

桐生1

ところが、昨年9月に左太もも裏の肉離れを起こし、
韓国・仁川(インチョン)アジア大会を欠場し、
復帰が待たれていました。

その復帰初戦で今回の快挙!

今後がますます楽しみな選手ですね。


そもそも陸上競技男子100メートル競走において、
『10秒の壁』といわれる9秒台に対する記録の壁があり、
その壁を越えることが偉大な短距離選手の証とされています。

これまでは達成困難と考えられていた9秒台の記録も、
トレーニング方法の改良に加え、用具や環境の変化によって、
1990年代以降は9秒台の自己記録を持った選手が増加しました。

例えば、全天候トラックの導入やシューズの改良、
選手のプロ化で陸上に専念できる環境が整うようになったことなど、
記録更新に大きく影響しています。


歴史的にみると、
1976年までに8人の選手が10秒の壁を破っていますが、すべて手動計時によるもの。

1968年にジム・ハインズ(アメリカ合衆国)が、
メキシコシティオリンピック100m決勝で9秒95(電動計時)を記録しましたが、
標高2240mで記録された「高地記録」。

ちなみに、高所の方が気圧が低いため空気抵抗が少なく、短距離競技には好記録が出るとされています。ただし、明確な基準はないため「高所記録」と記載されますが公式記録となります。


1983年にカール・ルイス(アメリカ合衆国)が
カリフォルニア州モデストの競技会で9秒97(電動計時)を記録し、
平地ではじめて10秒の壁を破りました。

カールルイス

カール・ルイスといえば、1984年のロサンゼルスオリンピックで、
100m、200m、走幅跳、男子4×100メートルリレーの4種目にエントリーし、
全種目で優勝、4個の金メダルを獲得したことで有名です。

また、その独特のランニングフォームでも注目されました。


歴代の記録は下記のとおり。
100m歴代記録

スポンサーリンク

関連記事

田中将大投手が肘の手術をしなかった最大の理由は?

右肘内側側副靭帯の部分断裂と診断され、リハビリを続けているヤンキースの田中将大投手。 本来であ

記事を読む

no image

新生アギーレ・ジャパン!ロシアWへの道

新生アギーレ・ジャパンとなったサッカー日本代表は、9月5日、札幌ドームで南米の強豪ウルグアイ代表と対

記事を読む

46回全日本空手道選手権大会(新極真会)で躍動した19歳!

2014年10月25日(土)・26日(日)、第46回オープントーナメント全日本空手道選手権大会が開催

記事を読む

大胆予想!『平成の怪物』松坂大輔投手は中日ドラゴンズでかつての輝きを取り戻せるか?

平成30年1月23日、 松坂大輔投手(前ソフトバンク)が中日の入団テストを受けたナゴヤ球場は、

記事を読む

日本競泳のエース・萩野選手の復帰遅れは単にオーバーワークが原因ではない!アスリートがスムーズに復帰できないもっと深刻な根本的問題が?  

大変気になるニュースがあります。 日本競泳男子のエース・萩野公介(21歳、東洋大)選手が、

記事を読む

バレーボール全日本の監督で予想できる2020年東京オリンピックの結果?!

東京オリンピック(五輪)の会場問題で最後まで揺れたバレーボール。 しかし、全日本男子と全日本女

記事を読む

no image

倉科カナの出身校熊本信愛女学院は独特の校則が有名

今一番注目を集めているのは、大物独身俳優の竹野内豊(43)と熱愛中である女優・倉科カナ(26)の17

記事を読む

キメット世界新記録2時間2分台でベルリンマラソン優勝!

9月28日、第41回ベルリン・マラソンがドイツ・ベルリンで開催され、ケニアのデニス・キメット選手(3

記事を読む

奇策?愚策?巨人・阿部が捕手復帰!ベテランはケガ、イケメン若手は熱愛中?

まさに「苦肉の策」としかいいようがない。 巨人は今季から一塁手にコンバートされた阿部が「4番・

記事を読む

これまでの常識を覆す長距離シューズが登場!過熱する『薄底VS厚底』論争

寒さが本格的となる冬を迎え、ウインタースポーツに加えて、 各地でマラソン大会などのイベントも多

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑