*

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

公開日: : 最終更新日:2014/09/05 クルマ、趣味など

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業傘下のボルボ・カーズで生産)です。

ボルボ車は、「世界一安全なファミリーカー」と評され、世界中で信頼性と耐久性の高い評価を獲得しています。

ボルボ940エステート

そのボルボが今夏スウェーデンに、世界初となる安全性に関する最新鋭のテスト施設『AstaZero』を、200万平方メートルという広大な敷地面積に5億スウェーデン・クローナ(約75億円)を投じてオープンしたというニュース。

ちなみに、Astaという名称はActive Safety Test Area(アクティブ・セーフティー・テスト・エリア:アクティブ・セーフティのためのテスト施設)の頭文字を取ったものということです。

そこには、「2020年までに新しいボルボ車において交通事故による死亡者や重傷者をゼロにする」という安全目標が掲げられています。

事故を防ぐアクティブ・セーフティ・システムの開発では、すでに世界をリードしているボルボですが、同社はさらなる前進を目指しているようです。

ボルボV40

この『AstaZero』の特筆すべき点は、現実世界の複雑な交通状況で起こりうる、あらゆるシュミレーションが可能なことです。

そして、「事故を起こさない車の開発」というボルボのセーフティ・ビジョンの実現のために、大学や企業などと連携し、オープンで国際的な施設として機能していくといいます。

ボルボは世界で唯一、交通事故ゼロという目標の達成時期を定めている自動車メーカーであり、そしてスウェーデンは、世界で唯一、交通事故ゼロという目標を政府がサポートしている国家といわれるのがわかりますね。

人生で一度はボルボ車を所有したいものです。

スポンサーリンク

関連記事

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、 次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。 こ

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

日産エクストレイルは先進技術を満載した女性にやさしいクルマです!

日産の『エクストレイル』は、現在3代目ですが、2013年度のSUV販売台数で1位となりました。

記事を読む

no image

スウェーデンの名門サーブが破産!今後の提携先は?

スウェーデンの名門自動車メーカーであるサーブ(SAAB)が破産したというショッキングなニュース。

記事を読む

使い勝手のよい小型SUV対決マツダCX-3vsホンダヴェゼル

今もっとも注目しているクルマがあります。 『マツダCX-3』 です。 クリ

記事を読む

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ3

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

アルファロメオ渾身の1台4C!手が届くと思えないが最高のクルマ

アルファロメオ渾身の1台とされるミドシップ2シータースポーツカーの 『アルファロメオ 4C』。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑