*

『Choosing Wisely(賢い選択)』とは?日本版『絶対に受けたくない無駄な医療』 患者側も賢くなろう!

公開日: : 美容、健康、その他

米国で医療の見直しを呼びかけるキャンペーンが広がっています。

『Choosing Wisely(賢い選択)』

日本版は『絶対に受けたくない無駄な医療』として出版。

このキャンペーンは、
医療者側が「本当に必要な医療を守りたい」という目的で、
「米国内科専門医認定機構(ABIM)財団」が中心になって行っているもので、
医師が自ら行ってきた医療が、本当に必要なものであったのか否かを検証しようという動きです。


具体的には、
約70の学会が「医療者と患者が検討するべき5つのこと」を掲げ、
それぞれの項目に、解説と根拠となる研究論文が明示しています。

これは、医師自らが「医療の質を高めよう」というプロ意識の表れといえるのではないでしょうか。


このような動きは、
現在、米国では医学生にとっても当たり前の知識になっているのに比べ、
日本では一部の総合内科医らが紹介しはじめた段階で、かなりの遅れをとっています。


一般に、米国の医療費は公定価格制ではないため高額で、
過剰な医療は「お手盛りだ」と社会的な批判にさらされやすく、
医療者側には医療費抑制と同時に、
医療の質の向上などが求められるという現状があります。


一方、日本では、
米国と違って医療費の個人負担が少ないため、
自分の健康に関することであるにもかかわらず、
自分が受ける医療に疑問を持たない人が多いのが現状。


わが国においても医療が高度化し、医療費が増大する中、
それぞれの検査や薬が本当に必要なものか、
ますます真剣に取り組まないといけない課題になっています。


しかし最も重要なことは、
「必要な医療を誰もが受けられる」制度
をしっかりと維持すること。

そのためには、医師の生涯教育の課題の1つとして学んでいくことと同時に、
患者側も受ける医療について学んでいく姿勢が必要になります。

現在、インターネットの普及により、
患者側も医療について簡単に調べることができる環境にあります。

「患者は黙って医者の言うとおりにしていればよい」
などという風潮はすでに過去のものとなっており、
聞きたいことがあれば何でも遠慮なく医者に質問してもいい時代です。

近年は、そのような患者の質問に、しっかりと耳を傾けてくれる医師が多いと信じています。


『Choosing Wisely(賢い選択)』についてはコチラ↓↓↓
http://www.choosingwisely.org/

日本版『絶対に受けたくない無駄な医療』についてはコチラ↓↓↓
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/228850.html

スポンサーリンク

関連記事

アイスバケツチャレンジの結果は?寄付金額は?良い影響はあったのか?新薬の開発は?何より大事なALSの早期発見のポイントは?

2014年の7月末からスタートした 『アイス・バケツ・チャレンジ(IBC)』 を憶えていますか?

記事を読む

今、世界が注目すべき人物はこの人!車いすのエクアドル大統領レニン・モレノ氏!

最近の不穏な世界情勢において、 各国の大統領や首相らの名前が連日メディアで取りざたされています

記事を読む

脳トレだけじゃない!認知症や軽度認知機能障害の予防にはアートな余暇活動が効果的!年をとってからのパソコンにもチャレンジしよう!

高齢社会の日本において、 「認知症」が大きな社会問題 であることは国民の誰もが知るところです。

記事を読む

運動効果、認知機能改善、食事、肥満など高齢社会の間違った知識を変え、新たな情報を取り入れ、常識を更新しつづけよう!

寿命が延び、高齢化という社会現象を向かえた今、 いかにして『健康寿命』を延ばすか というのが誰も

記事を読む

no image

世界中の生物の絶滅危惧種がわかるレッドリスト

近年、日本を含め、世界各国で大規模な自然災害が頻発するようになっています。 これは、私たち人間

記事を読む

日本人が発見!世界的に注目を集める『オレキシン』!ノーベル賞に一番近い『オプトジェネティクス』研究とは?解明が進む睡眠研究の最前線!

人生の3分の1を占めるといわれる『睡眠』。 このとても重要な睡眠に特化した研究施設

記事を読む

高度肥満・超肥満の植え込み型装置の驚きべき効果!25%以上の体重減少も

「直近の33年間に肥満人口の比率を下げることに成功した国はない」 といわれるほど、世界中で肥満や体

記事を読む

OECDも『心の病』うつ病による経済損失に注目!発症予防が遅れる理由は?

世の中にはさまざまな病気や疾患がありますが、現在もっとも重要視されているのが、 『心の病』

記事を読む

no image

『抗糖化』というアンチエイジングをご存知ですか?

先日、「老化度チェック」の話をしましたが、最近、『抗糖化』によるアンチエイジングが注目されていますね

記事を読む

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は世界的死因の第3位!発症リスクを3分の1低下させる健康的な食事とは?豊富に摂取したい6成分は?

『COPD』という略語をご存じでしょうか? COPDは、『慢性閉塞性肺疾患』という肺気腫や慢性

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑