*

スポーツで職場で学校でメンタルの強い人になる!習慣を変えるだけで人生が楽しく輝きはじめる!

公開日: : 美容、健康、その他

近年、スポーツ分野だけでなく職場や学校などにおいても、
『メンタル』の強さ
について耳にする機会が増えました。


特に、身の回りの環境の変化が多いこの時期は、
自分では気づかないうちに疲れやストレスが溜まり、
メンタル面でダメージを受けてしまう人も多いはず。


しかし、どんなに環境が変わっても、どんな状況になろうとも、
『いつも笑顔で元気。前向きで、エネルギーに溢れている』
タフな人がいますよね。

どうやったらいつも笑顔で楽しそうに輝いて生きられるのでしょうか?

そんな「メンタルの強い人」には、
生き方やライフスタイルの上でいくつかの特徴があるのです。


メンタルの強い人が【絶対にしない9つの習慣】

1)他人の言動や些細な出来事に感情を振り回される

真の意味でメンタルの強い人は、
他人の心無い言動や小さな不幸な出来事に
いちいち感情を振り回されることがありません。

それは、投げかけられた言葉や身に起こった事実が
腹立たしいものなのか、どうでもいいことなのか、
「どう受け止めるかは自分の心が決めること」
という真理をよく理解しているからです。


2)いちいち物事を個人的かつ否定的に捉える

他人の何気ない言動をすべて個人的に、それも否定的に捉え、
「変な人だと思われているのではないか?」
「嫌われているのではないか?」
と悶々と悩んでいませんか?

繰り返しますが、
メンタルの強い人は、
物事をどう捉えるかは自分の心次第だということを理解していて、
自分の生き方に自信を持っています。


3)責任感が強く、ひとりで抱え込んでしまう

真面目で責任感が強く、心が優しくしっかりした人ほど
不安や心配、問題を全部ひとりで抱えてしまいがちです。

これを続けていると心が折れていまします。

「メンタルが強い」と言われる人も人間ですから、
心が折れそうになることがあります。

そんな時、苦しい事やきつい事を隠さず、
家族や友人、同僚など周りの人々に悩みや問題を打ち明け、
話を聞いてもらう大切さを彼らは知っています。

ひとりではできないことも、
大人数でなら乗り越えられることはたくさんあります。

あなたには必ず協力者がいるのです。


4)自分に厳しすぎる

特に真面目で責任感の強い人は、
自分自身にとても厳しく、
つい頑張りすぎてしまい、
限界まで我慢する傾向にあります。

メンタルの強い人は、
自分自身が良くない状態になることで起こるマイナス面を理解しているので、
適切な「手の抜きどころ」を心得ています。


5)慢性的な睡眠不足

慢性的な睡眠不足は不安感を強くし、
うつ病などの原因となることもあると言われています。

どんなに忙しくても、
就寝の1時間前はパソコンやテレビ、スマホなどから離れ、
就寝前にはゆっくり入浴したり、
好きな音楽を聴いたり、
アロマなどでリラックスすることを心がけることで、
良質な睡眠をとることができます。


6)どうしようもないことにエネルギーを費やす

世の中には些細なことから大きなことまで、
どんなにエネルギーを使っても変えることができないことがたくさん存在します。

メンタルの強い人は、
「どうしようもない」状況の中でどれだけ楽しく生きられるか、
今よりもよい未来へと進むためには何をすべきか、
ということにエネルギーを使います。


7)過去の栄光にしがみつく、過去にとらわれる

過去の思い出や経験を大切にするのはいい事ですが、
過去の栄光や失敗にいつまでもとらわれていると、
前向きな気持ちにはなれず、
輝きのある人生にはなりません。

過去をどんなに悔やんでもそれを変えることはできませんし、
どんなに素晴らしい過去であってもそれだけにしがみついて生きていては、
「今」が虚しく感じるだけで良いことはありません。

メンタルの強い人が集中しているのは、
常に「今」、「この瞬間」であり、
そこに全力投球しています。


8)将来ばかりに目を向けて、「今」に集中できていない

仕事、お金、健康、生活など、私たちの人生には日々不安の種がつきません。

将来に計画性を持つことは大切ですが、
必要以上に将来のことを考えすぎて不安になっても仕方がありません。

私たちは数年先の事はおろか、
一瞬先の未来のことでさえどうなるかわかりません。

よりよい人生を送るための対策をとるにあたっては、
不安は必要な要素ではありますが、
不安に心を支配されて「今」を失ってはいけません。

メンタルの強い人は、
「不安は自分の心が生み出すもの」であり、
「自分の気持ちや考え方が行動に反映される」
ということをよく知っています。


9)「こうあるべき」と思い込む

真面目で責任感の強い人ほど、
様々な物事に対して、自分に対して、他人に対して、
「こうあるべき」という強い思い込みを抱く傾向にあります。

人生に必要な物、人、環境、考え方などは人それぞれで千差万別が当たり前。

メンタルの強い人は、
思い込みをできるだけ持たないように心がけ、
心を軽く柔軟にしています。


いかがでしたか?

自分にあてはまる習慣を改め、
メンタルの強い人になって、
一度きりの人生をより楽しく輝くものにしていきましょう!


やる気・モチベーションを引き出すコツ、脳のウォーミングアップについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/936.html


年齢別の推奨睡眠時間についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/818.html


『潜在意識』を書き換えて幸せな人生を築くための取り組みについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/519.html


『抗糖化』というアンチエイジングについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/209.html


あなたの『老化度』を知るにはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/153.html


脳卒中の原因になりうる精神的・心理的要因についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/126.html

スポンサーリンク

関連記事

受験シーズンあなたのテンパリ度をチェック!要因は生活習慣と遺伝

若い人たちがよく使う現代用語に、『テンパる』というのがありますね。 『テンパる』とは、もともと

記事を読む

あなたの『かかりつけ医』は信頼できますか?2つの判断基準とは?

あなたは『かかりつけ医』をお持ちですか? 高齢社会の日本においては、「持っている」と答える人は

記事を読む

薄毛や抜け毛など髪の悩みは深刻な問題!大切なヘアサイクルとは?頭皮の老化度チェックを

以前は中高年の男性に多かった髪の悩み(薄毛、抜け毛、ボリューム不足・・・など)が、 現在では若い世

記事を読む

座っている時間が長いと体に悪い?がん、糖尿病、心臓病のリスクが高い?デスクワークが多い人の対策は?

やはり、「座っている時間が長いと体に良くない?」というのは、 どうやら本当のようですね。 以

記事を読む

認知症に効果のある物質プラズマローゲン!臨床試験が始まり、健康食品の販売も

先日、認知症を改善させる可能性があるとされる物質、 『プラズマローゲン』 が取り上げられました。

記事を読む

no image

ナイスガイシンドロームはどんな人がなりやすいか?

『ナイスガイシンドローム』という言葉をご存知でしょうか? 心理療法医のロバート・A・グラバー氏

記事を読む

地中海食は心臓病の予防や認知症の抑制以外に乳がんの予防効果も?最も効果的な地中海食の特徴は?

現在、日本人の死因の第1位は「がん(悪性新生物)」。 そのがん治療については、 免疫細胞治療

記事を読む

日本初!厚労省が認めたまつ毛がフサフサになる薬 グラッシュビスタ!

まつ毛の本数が少ない、短いと悩んでいる人たちに朗報! 今年3月、日本初のまつ毛貧毛症治療薬が厚

記事を読む

2015年春 花粉飛散予測 東日本は大量飛散?対策は?最新治療も

春は『花粉症』の人にはキツイ季節ですよね。 花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因で起こるア

記事を読む

no image

視覚障害者の点字受験がないのは、政令指定都市では熊本市だけ!

熊本市が身体障害者を対象にした職員採用試験について、視覚障害者による点字受験を認めていないことが明る

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑